根っからの

大学生のころ、
ドストエフスキーの代表作を読んでいた。

その中でも、

『カラマーゾフの兄弟』のアリョーシャが、

とても心に入ってくるキャラクターで、

献身的に人に尽くし、子どもらに囲まれている場面などが、妙にリアルに心に残り続けている。

周囲に時代遅れとばかにされながらも、
若い修道僧として、真理を問い続け、
なおかつ、目の前の人たちの生に、寄り添い続ける。

そんなアリョーシャの人物。

遠藤周作がよく描く、
人の善い、ばかにされやすい、純粋な若者たちのような。


今日は偶然、
BSをつけていたら、映画『パッチアダムス』がやっているのをみて、

また何か心のなかで響き渡るような感覚を覚えた。


映画『ブラザーサン・シスタームーン』を見たときにおぼえた、感覚に似ていた。


わたしがやりたいことは、こりずに、
理想主義だな~と思う。

でも、自分とかけ離れた、夢の自分になりたくてそう思っているのではなく、

ただ、こころから感動したいから、
そう本心でおもって、動いているだけなので、
偽善ではないのだ。

もう根っからの、
生まれた後の生育過程で、だれになにか刷り込まれた価値でもなく、

もう生き癖としか言いようのない、
生まれながらにインプットされている何か、みたいな。



人間的である。

人間らしさ。

そういったものと、かけ離れた生き方はできない。

いつでも、自分は、人間らしく、人とかかわりたいと思う。



技術的な面での向上もあるが、

人間として、がないと。


求められる範囲ということもあるけれども、

別の軸で、
自分が満足できるものを、求めてしまう。

別のものが、見えかけている。

すこし、おもしろい、
そして、すこしまた本気をだしていこうという感じの。



関連記事

欲情する対象は?。ガラパゴス。お祓い。

新年度スタートで、
今週はいろいろと新しい環境で、新しいことが始まる週でした。

私自身も、職場では配置換えで、
仕事内容はほぼ同じでも、任される業務量や質も変わり、
一番大きかったのが、
机の移動。

大所帯のお部屋から、こじんまり少数精鋭?のんびりとした棟のお部屋へ。

机が変わるだけで、こんな気分が変わるんだな~と、驚いた。

両隣の人や、前の机の人も変わるし、そもそもメンバーが変わるから、
それで気持ちの感じ方も変わるわけだな。

ちょっと離れたから、見えてくるものもあり。

人を観察しながら、
自分はどうしたいのか、
自分の価値観、信条は、どんなものなのか、
どんなエネルギーを拡げていきたいのか、を、思う今日この頃。

特別になにもしなくても、
存在だけで、拡がっていくなにか、というものもあるのかな、と感じた。

ただ、自分がしたいように正直に、素で在れば、
行動したり、じっとしていても、
おのずから、他人にも、それが伝わっていくようです。

それは、また、こんなふうにもいえる。

いくら表面上、「良い人」「好感をもたせよう」としても、

その人が、どんな人であるかは、はしばしににじみ出てしまう。

神は細部に宿るというが、
ほんとうに、
ちょっとしたことに出ているのを、気づかない、気づけない。

もしくは、
細部じゃなくても、もう、本音が見え見えって感じの人もいて、驚いている。

たぶん、まあ、隠さなくても、自分はもう「王様」くらいの気持ちなのかもしれない。

呆れてしまう。

そういう系統の人たちを観察していると、
こんなフレーズが降ってきた。

「権力・権威に、欲情する」

「○○さんは、○○主任、
××さんは、▽▽課長、
すごいですよね~。
私も、□□主任になっちゃおうかな~。」

そういう言い回しが聞こえてきて、
薄気味の悪い食べ物をみたときみたいな、
生理的に合わない何かを感じた。

なんだろう、この感じって、考察していたら、

こういう人たちは、

「権力」「権威」が好きで、それにこびへつらったり、

自分がそれを手に入れたい、パワー志向が、強い人たちなんだろうなと。

上昇志向は、悪いものではないと思う。
誰しも成長したい、さらに上にあがりたいとおもうし、向上心があるということだから。

なのに、なぜ、わたしはある種の人に、違和感を抱くのかといえば、

ヒエラルキーの頂点で、
上下関係で人間関係をとらえ、
自分も上に上がって、権力を行使したい、権威を行使したい、という、欲望だからだろう。

ただ、自分自身が向上する、成長するという内的動機ではなく、

そのコミュニティ内の権力、権威や、世間的な肩書や名声、
物質的にも月給があがるという、形や力がほしいだけなんだろう。
って感じがするからかもしれない。

そこに品性、品位、人格が感じられないのだ、
上にあがるひととしての。


そして、上がれば上がるほど、
ペーペーでもできていなかった、
人としての基本的な、謙虚さや、尊重、慎み深さ、思いやり、礼節は、失われ、
なんだか、よくわからない、
「キャラ」としかいえないものに、なっていくように、感じられた。

cyara

この場所でしか生息できない、獣って、感じだ。

そういう生き物として、今後は、観察していこうと思っている。

黒革の手帳ならぬ、
こころの妖怪手帳をひろげて、新たな一項目を付け加えた。


権威、権力に欲情するって、あるいみ、ゴリゴリな物質的価値観、
本能的、動物的動機なのだが、

これは、一般的な人間関係だけではなく、
恋愛の場面でも、云えることなのか、と思った。

女性は、場合によって、
パートナーに、社会的地位や名声、経済力の良さ、権威や権力を求めて、
そういうものに惹かれて、寄っていく場合もある。

結婚相手を選ぶときなど、特に、そうだ・・・という話だ
(うちの母親談。※注意・私の価値観ではない)。

私はそういうのって、ゴリゴリすぎて、気もち悪いと思ってしまうのだけど、どうでしょう。

「君は、ぼくの何に惹かれたの?」って尋ねて、

妻の女性が、

「あなたの地位と名誉、金と権力」

って言ったら、うれしいだろうか。

その逆もしかり。

恋人の男性が、

「貴女の名声、金と権力、セッ●スに惹かれた」って言ったら。

うーむ。。。。。

男の場合は、絶対最後の一つは、わかりやすい欲望の一つと思うんだよね。

こういう風にいわれて、
喜ぶのは、うぬぼれの強い人かもな~。

私も学歴や家柄には、どこか引っかかるところがあるのは確かで、
それは、自分に微妙な劣等感やコンプレックスがあるからだとおもう。
本来的な理由ではなく、エゴ的なものだと。




人間は、肉体をもっていて、肉体に伴う性別をもっているし、
生理もあるから、
どうしても、性的な反応、違いというのは、出てしまうのはしかたないのかも。
周囲を観察していて、最近そう思うようになった。

好みの異性には親切になってしまうのは、仕方ない、みたいな。

私の場合は、どこの場所へいっても、
すべての人に平等に、性別や年齢は関係なく、敬意をはらって、
互いにとって心地よくふるまうのが、当たり前と思っていた。
・・・・自分の個人的好き嫌いは、ともかく、おいておいてね。

が、

案外、人は、
自分の好き嫌いで、人に対する態度を変えてる人も、多いんだな~と、
知った次第。

いや、むしろ、ほとんど、
個人的感情の好き嫌い、もしくは利害損得で、
態度を決めてる人が、こんなに多いとは、知らなかった。

だからといって、
それで幻滅とか、ひどい!とか、最低!最悪!とか、
ジャッジにはならない・・・ってところが、私の成長なんだろうな~。

もはや「別の生き物」「そういう謎のキャラクター」としてしか、感じられないんだよね~。

進化の過程で取り残された、前時代のなぞの生物が、まだ生きていた!!!!みたいな。

ガラパゴス諸島にだけ生息する、獣!!!
という風な感じかな~。

garapa



そんな風にやりすごしながらも、

わたしのファン?は、着実に、草の根運動的に増えてくれているようなので、

わたしという謎の生命体の影響も、この場所で、おもしろおかしく、広げていこうと思う。

たぶん、今の環境だと、わたしのほうこそ、謎の生命体と思われていても、しかたないので(笑)。



それにしても、ちなさんもブログに書いてらしたけど、
「邪気」をどう排出するかってのは、
あるな~と。

最近、お酒が好きだったり(お酒売り場にいくと、気分が上がる)、
家庭菜園をけっこう本格的にやったりして、土いじりしていたのは、
邪気払いによかったのかもな~と、あらためておもった。

自分でお祓いする方法を、いろいろ編み出すのは、大切かも。

あと、自分の目指す方向性、
自分の心地よく感じるほうの感覚を、きちんと、リセットして思い出すこと。

自分の内側にその心地よい感覚を、流していくこと。
関連記事

デトックス。客観性と、フォースの使い方。

姉夫婦が帰省し、

職場&私的友人との外出からの、

家族サービス的な流れで、引き続いてます。



ダイナミックな流れも感じつつ、

3月末の数日、およそ2日間は、自分のなかの「腑に落ちなさ」が噴出する数日だった。

肉体的、心理的、霊的に、
3月末でデトックスだったのかな~と、4月1日の今朝は、思った。

噴出しながら、最終的に思ったのは、

「所詮、他人事なんだよな~」ってフレーズ。

もやもやしてたり、
腑に落ちないことや、違和感を感じたこと。

私の場合、観察していると、
その多くは、

「他人事」で、自分に直結したり、直接的に関係するわけではないことが、とても多かった。

「他人事」って見切ったら、

「あ、自分のことに、集中集中」と、切り返して、整理された。


最近、とても調子が良いところがある一方で、

「どうして、そんなもやもや?」
と思う、モヤみたいなものが、私のなかに、あって、

観察してみたら、

体もすこしずつ、不調を告げていたんだよね。

新しいことに取り組むとき、
やはり、古いものを手放したり、
変化しようとしてがんばってる部分で、心身のメンテナンスも必要になる。

普段は見て見ぬふりしている部分(エゴや、体の健康習慣など)を、受け止めて、
手放す&浄化するステップも必要だったのかな、と。


sea

およそ6年前、
大病をして、それまで勢いよく進んでいたことが、
すべてが一時停止し、

価値観や考え方、生き方を、すべて一から再構築しなくてはいけないと、

理屈なく感じさせられる時期があった。


その時から、スピリチュアルに本格的に目覚めていったわけだが、

一番最初のころ、あるサイキックの人に、指摘されたことが、

感情移入と客観性、境界線というテーマだった。

自分自身も、それが苦手であり、
感情移入が多く、
客観的に観察するのが苦手で、
境界線もあいまいになりがち、と、自覚し、

いつになったら、わたしは、客観性を実現できるかな~と思っていた。

たいして努力もした気もしないが、

ここ最近、

以前と異なる、自分を感じる瞬間があった。

「良い悪い」「正しい・正しくない」

の議論は、どこへ行っても、なにかしら出てくるのだが、

以前だったら、感情的に反応していたはずが、

ふしぎなくらいに、冷静に、距離を置いて、別の軸で観察できている自分に気づいた。


「あ、客観性って、こういうことなのかな」と。


ジャッジ、と、よく言うけど、

ジャッジの有無って、こういうことなんだな~と。


たしかに、「人としてどう?」って思う判断基準があり、

道徳、倫理的に、絶対許せないこともある。

悪い人は、よく、そんな悪いことできるのねと、驚くこともある。

一方で、
では、そんな悪に対して、「闘争か、逃亡か」みたいな、二極的な選択しかないってのは、

もう、ひと昔前の次元ではないか、と思ったのだ。

「闘争か、逃亡か」ってのは、動物の生存本能と同じ。

案外、世の中の人が、陰の人も、陽の人も、そういうパターンで動いていることって、あるんだな、と。

あと、「敵と、味方」「あちら側の人間、こちら側の人間」
と、分けてしまうとか。

そうやって、単純な構造で対処すると、結局は相手と同じ、低次元になってしまうのでは。


スターウオーズで、
マスターが、

「ジェダイの騎士は、フォースを、争いのために使うのではない。

ジェダイの騎士は、
フォースを、平和のために、使うのだ」


って言ってる場面を、思い出した。





関連記事

ミラクルで、異次元楽しい。

The Magic 

そう呼びたいくらいに、

ミラクルで、異次元楽しい、数日間を過ごしてました。

母が、友達とマレーシアへ海外旅行へ行き、

本来ならば、留守番組は、つまらない、大変・・・となりそなところ、

かえって、特別なひとときになりました。

本来の、親子水いらず、
本当に、娘と私、二人きりの時間が戻ってきて、

娘とふたりだけのひとときを、たっぷりと、過ごしていました。


昨日は、
娘を連れて、職場関係の人々と食事をしたり、

今日は、娘同伴で、高校時代の友達と、新国立美術館の草間彌生展を見に行ったり、

アクティブな数日間でした。



春分の日から、
流れが止まらない。


昨年の3月ごろ、やはり、
クリスタルボウルの演奏会&山川亜希子のお話会に、参加して、
流れがすごかったけれども、

あの時と同じような、流れの変化を感じる。

なんてことはないけれども、
確実に変化していってるのを、感じる。

内側から変わっているから、
外の現象や、外界のいろいろも変わっていく、といった、アレ。



それでいて、
わたしは、わたしなんだな~の確認を、しみじみする経験ばかり。


忙しすぎて、
バランスをとりたいと思いながら、
するする滑っていって、流れていってる感じ。


今日も新月。

新たな気持ちを、書き留めておこう。

関連記事

のんさん主催『自分が大好き❤︎セルフヒーリングプロジェクト』に参加してきました

のんさんの、

『自分が大好き❤︎セルフヒーリングプロジェクト』

の春分の日の会に、

参加してきました~。

gohan

ひさしぶりに、いただいた、の
んさんの手作りご飯がやっぱり激美味しくて( ゚Д゚)、

これまた、この日のために厳選してくださったワインが美味しすぎて、
するする入ってしまう!!

その結果、
最近の日常生活の行動範囲では、抑え気味だったトーンが、
素のまんま、すっかり陽気で、
あけっぴろげな私に、早くも、元通り。

すみません、
初対面に近いから、ゆっくりと、近づいていくべきかも?!なところを、

なんだか、まどろっこしいことは、省いちゃって、
どんどん、聞きたい事、話したい事、はなしちゃった感がありました・・・。テヘ。

そして、それを共に面白がりながら、
自分の心の内や、思い、経験を、
正直に、率直に、語ってくれた方たちだったことに、
感謝です。

それも、とても大きかったです。



くわえて、
ヒーリングのワークも、とても奥が深くて、

自分をあらためて、掘り下げる、

自分の気持ちや習慣、パターンを見つめ直すことが、自然とできるひとときで、

「あ~、参加してよかったな~」と。


あんまり深く考えないで、ただ、

「このタイミングなら、参加できる!」と、即決していたため、

参加してから、その意義を、じわじわと感じてました。


他の項目はさっさとかけるのに、

ルーティーンを書き出す項目で、手が止まった自分がいました。

毎日なにげなく、無意識にやっていることでも、
ルーティーンとして意識しているか、していないかで、
感じ方、過ごし方が違うんだろな~とあらためて。

自分の行動、習慣を見つめ直すのは、とても有効と、感じました。


絵にまとめる作業もあって、
久しぶりに、
言葉から絵にしていく作業をしてみて、
子どものころの感覚を思い出したのも、意外。


子どものころ、
絵が大好きだった。

未だに、その小学生の頃の生き生きした感覚は覚えているのだけど、
それを久しぶりに思い出しました。



大人になってからは、
言葉のほうが、巧みなタイプと、自分自身ではおもってて、

イメージより、ロゴスが優位なタイプかもしれないと、思っていたフシがある。

案外、それは思い込みで、

言葉からイメージ化する方向性ならば、楽しいし、苦じゃないな~と、今回、再認識。

たぶん、いきなりイメージから入るより(いきなり絵をかきだすより)

言葉があって、そこからイメージを描き出す方が、
私にとっては、自然で、やりやすいんだな~と。

言葉に関するイメージなら、たくさん持っているからかも。



他の方たちと話していた時、
自分で自然に言っていたことで、不思議だったのが、

「もう、次のステージに入ってきている気がする」

「痛みや、傷の共有とか、癒してほしい~とかいう段階もあるけど、

それは、もう終わって、

いまは、ただ楽しいって感じ。ただ楽しみたいっておもう」

とか、ぺろっと言っている自分がいて、

云いながら、へえ~、そうかもって思っている自分がいて。


自分が思っているより、
実は、私の現状は、ずっと、調子が上向いているのかもしれないって、思った。

基本、自分への認識が、
他人に対してよりも、厳しくて、
いつでも、「足りない」「自分なんか」って思う、思い癖があり、
ダメ出ししているから、よくわかっていなかったんだろな~。

でも、心のどこか実感としては、
なんだか最近、調子よいかも、
イイ感じに楽しいな~、
自然に楽しいな~って思っている気分があって、

それを自分に結び付けていなかったんだろな~。

「そんな感情、ただの思い過ごしだよ」みたいな、自分への冷たい批評。


最近、
パウロ・コエーリョの『ヴァルキリーズ』って小説を、これまた読んでいたのですが、

今思うと、
あ、そういうことかと。

自分に対する、すごい厳しい突っ込み、批評、否定する声ってのは、

ヴァルキリーズでは「第二の心」って表現されていて、

あと、『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』でも、「わたしのなかの他人」みたいな言葉で、表現されていた。

ようは、エゴの声のことなんだよね、って、気づき。


自分が調子よくなってきても、
ポジティブな良いことがあっても、
なにか心おどる希望を思い描いても、

失敗を恐れたり、不安、自己否定がベースになって、

エゴが巧みに、否定の言葉を、ささやいてくる。

自分の声のように思ってしまうけど、それは、エゴの声なんだよね~。

エゴからみた自分ではなくって、

本心、直観、ピュアな感覚も、もっと信じていいのではないか。

その自然な発露を、流れるままに、流していってあげてもいいのではないか。

エゴを消そうとすると、余計に暴走するから、
それは注意深く、そのまま、そこに置いておいて、

でも、喜びや楽しい気持ち、好きって気持ちを大切に育てればいいのかも。




小説のヴァルキリーズでは、エンジェルに会うことがテーマになっていたけど、

今回ののんさんのご飯会で出会った方たちも、

どこか、『ヴァルキリーズ』に出てくる、ヴァルキリーズをほうふつとさせる、

自由で、自分の本心に率直で、

そしてパワフルでワイルドな魂を持っているように、いま、ふと感じた。


魂に従った、フリースタイルの生き方。

フリースタイルの関係。

そんなビジョンが見えてくる。



いろいろ、盛りだくさん過ぎて、
まだ、まとまりきれない、この感覚。

もうちょっと咀嚼したら、また、落ち着いてまとめてみたい。

それにしても、
ワインが美味しすぎて、酔っぱらっていたのか、
いつもみたいに、お料理の写真が、ぜんぜん残せていない!!!

どんだけ、楽しかったんだい!!




関連記事

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top