天然石でストラップ作り

最近、また機会があって、
ストラップを作って、お友達にプレゼントしました~。

やっぱり、細かい作業だけど、
ビーズやパーツ、
天然石をいじくるのは好きだな~。

ワイヤーや糸を通すときの、あの感じが、好きなのです。


ストラップ
こちらは、Aさんのために作った、
ストラップ。
ちょっと、いつもよりスペシャルな感じで、
ワイヤーで丸く輪になるよう、作りました。

いつもは、Tピンや丸ピンを使って、ストラップはまっすぐのを作ることが多いのだけど、
今回は、輪のような感じにしたかったんだよね~。なんとなく。

うるるん、ぷるるんとした、
女性的で、キュート、爽やかな、かわいらしい感じにしました。


ストラップ2
そして、こちらが、
大雄山ツアーに参加してくれたRさんとYちゃんをイメージして、
作ったストラップ。

右が、Yちゃん。
とてもユニークで、個性が際立つ、カラフル、パワフルYちゃんの、
イメージで、いろんな色が入ってます。
普段なら、同系色できれいにまとめ、差し色もそれほど外さないところですが、
あえて、外した色(ブルー)が入ってます。
そして、なんとなく、選んだのが、
アジアンチックな、花の蕾の、パーツ。

左のRさんのは、
シンプルに、石を一粒ずつ、大切に並べました。
特に、翼のモチーフと、ハートのモチーフが、
どうしても使いたかった。
翼って、Rさんっぽいかな~って。


ちなみに、最近手に入れた、
この「LOVE」と刻まれた、ハートのパーツが、
お気に入りなんです~\(^o^)/。

プチっとかわゆいのです。

わざとらしくないし、でもLOVEだし。

ゴールドと、シルバーがあって、
合わせ方によって、雰囲気も変わります~。

LOVEのハートのパーツをつかう時、
いろんな気持ちが、浮かびます。

自分を愛すること、
誰かを愛すること、
なにかを愛すること、
愛を原動力に動く、愛を体現する。
ハートで生きる。
ハートを大切にする。
すでにそうかもしれないし、
これからも、そうだよね~ってことも。

大きな愛ではなく、
気づいたら、プチっとそこに、ある・・・ってかんじの、
かわいい、軽やかな、プチっと感が好き。

珈琲喫茶が気になって。~馬車道十番館で、オリジナルブレンド~

最近、ちょこっと、はまっているものがある。

それは、
珈琲。

おされカフェで、出てくるような・・・ではない。

できれば、
ちょっと古臭い、なつかしい感じの昭和の喫茶店か、
こだわりある店長が出してくれる、珈琲喫茶とか。

そういうのを、めぐってみようかな~って思い始めた。

ことのきっかけは、
リリーフランキーが宣伝していた、『ちょっと贅沢な珈琲店』が気になり、
ドリップタイプを買ってみたところ・・・
この手軽なドリップタイプの美味しいこと!

毎朝、自宅でも、粉コーヒーで、
メーカーでおとして飲んでいたけど、
「なんだか、違う~」と感じた。

自分でお湯を、小分けにして、フィルターに入れていくのも楽しい。

それと前後して、
のんさんからフェアトレードのドリップコーヒーをいただき、
「これは・・・」
と思った。

ドトールに行って、
本日のコーヒーで、
いろんなコーヒーを飲めるのがおもしろくて、仕方なくなり。
味も香りも全然ちがうんだよな~、ブレンドによって。

地元にも、面白そうな喫茶店はあるのだが、
なかなか一歩が踏み出せず。

なにしろ、喫茶店は、
赤ちゃん連れは入りにくい感じがして。

それが、カウンセラー講習の日、
たまたま散歩中にみつけた名店に入れた。

『馬車道十番館』

建物が素敵で、最初から気になっていた。

jyuu2
jyu3

まさに、古き良き横濱のたたずまい。

一階が喫茶で、二階がバー(英国風居酒屋)、三階がレストラン。

喫茶では、軽食もあるとのこと。

入ってみると、なかなか盛況で、年配の紳士淑女がご歓談中でした。

ケーキやデザートが美味しそうだったけど、
私は、サンドイッチを頼みました。

coffee

「ローストビーフサンド」

ボリュームはちょっと足りない?
お上品な量で、まあ値段も喫茶店的なかんじで、そこそこ。

お味は、う~ん、懐かしいかんじ。

トーストされたパンは、サクサクで、
マスタードとマヨネーズ(おそらく)で味付け、
レタスとローストビーフ。

コーヒーは、
「十番館オリジナルブレンドコーヒー」。

coffee2

ちょっと酸味より、軽めの、芳ばしい珈琲。

さらっと飲める系。

カップやお皿、コースターの、
青いランプの絵が、かわいかった。

座面に赤いクッションがついた、木の椅子と、
木の小さなテーブル。

木の天井が高くて、
原色のステンドグラスが、また可愛い。



ぼうっと座って、
サンドイッチ食べて、コーヒーを飲んでいたら、
とても気分がゆったりした。

ほかのお客さんのざわざわした雑談の声も、
年季の入った店員さんの、きびきび動くさまも。

そういう渦みたいな空気が、喫茶なんだな~。

ここなら、落ち着いて、
妄想にふけれそうですわ~。

なんて思いつつ、
自分の好きなものを、また再確認。

どうも、アンティークなものも、好きみたい。

人の気配や手触りが感じられる、
大量生産ではないもの。

その場所や建物も、
ずっと長いこと、生きてきたみたいなかんじ。

jyuubann 1

場所のエネルギー、
空気って、あると思う。

今度は、お友達かだれかと一緒に来て、
話し込むのもいいな~。

今度は、ケーキをたのんでみよ。

小さなガーデニング ~多肉植物の世界~

今日は、待ちに待った、小包が届いた。

それは・・・これ。

taniku1

数日前、ヤフオクをなんとなく見ていたら、多肉植物の苗が売りに出されていた。

一目ぼれだった。

一度みたら忘れられず、妙に可愛らしく思え、寄せ植えが作りたくなった。


でも、ヤフオクで、一度も競り落としたことがない、わたし。

すでに20件以上入札されていたので、人気みたいだし、
倍率的に無理か?って思っていた。


・・・それが、なんとなく、一回だけ入札してみたら、
なんと時間内ギリギリで落札できてしまった!!。



落札できただけで嬉しかったし、やってみるもんだな~って思った。


後から調べて分かったけど、
カット苗といって、自分で発根させるタイプの苗だった。

早速、発根の仕方を調べてから、
発根のための土を買ってきて、並べてみた。


taniku5

ただ、土の上に並べるだけでも、面白い。

小さくても、全然形も色も違うから。

ひとつひとつのカット苗が、存在感を持ち始めた。

taniku2
taniku3

こんな小さな苗なのに、
土の上に並べたら・・・まるで、小宇宙みたい。

小さなガーデニング。

眺めていると、ふしぎな喜びが、胸の内側から、ふつふつ湧いてきた。

どうやら、やっぱり、
わたしは根っから植物好きみたいだ。

土や植物を触っているだけで、元気になるし、
こころがほっこりしてくる。

これまで、サボテンや金のなる木も育てたことがあったけど、
あらためて、多肉植物の魅力に気づいた。

小さくても、
一つ一つの表情がこんなに豊かで、愛らしく、
ユニークな植物って、なかなかない。

苗の一つ一つを、じーっとくまなく見つめていても、飽きない。

育っていくのが、楽しみだ!!!

新しいボランティアの感想

今日は、新しいボランティアに見学に行ってきました。

ひさしぶりのボランティアだったので、いろいろなことを感じました。

動物にかかわるボランティアをしたかったのですが、
行ってみたら、
どうやら人間にかかわる役割のほうがずんと大きいことに気づき…(^_^;)。
「またか~」と思いつつ。

人や場所に呼ばれるってことも、往々にしてある気がしているので、
三回は、関わってみようと思います。

面白いのは、
ボランティアの種類によっても、集まっている人たちの空気も違うってこと。

初めての場所で、ひさしぶりに緊張した。

空気を読む感じの方が多かった気もします。
ボランティアの内容にも重なり、さすがって気がしました。

振り返ってみれば、
初めてのボランティアも、ある意味で、超難易度が高いところへ行っていたので、
それを思い返せば、
なにも怖いことはない気もしてきました。

F1032045.jpg

世の中には、たくさん、善意にあふれた人もいるんだよな~としみじみ。

自分個人には、なんの利害も目的も期待もなく、
ただ楽しみや喜びを、誰かと共有するために、参加する人たち。

ボランティアに来る人は、基本、やさしいひとなんだろうなと思う。

いまどき、不景気ななか、時間とお金ってこともあるし、
なによりも自分の身を使って、その場所へ行くこと自体が、エネルギーだもの。

わたしは以前より、ボランティアに構えがなくなっていたから、
今日は、初めてってこともあり、不意に構えを思い出しそうになった。

つまり「奉仕活動」だから、
嫌なことあっても、遠慮したり、気を遣わなきゃいけないかなみたいな。

実際、ボランティアで来る外部者に対して、厳しい場所もあったりする。
やたらルールが多かったり、精神論を求めたり、自己責任とかいって。

でも、それってどうだろう?。

そもそも、それでは、
対等で平等な関係を、ケアする側とされる側に、もたらさない気がする。

だんだん場所の雰囲気、そこにいる人たちの空気に敏感になってきているので、
何を始めるにしろ、
そこにいる人たちをまずは直接観察してから、判断することにしている。

誰と接しても、あまり動じない自分みたいなものに、気づきつつ。

むしろ動じたり、気を遣うのは、
いわゆる「ふつうの人」相手の時が多い。

障害を持っている人だったり、
認知症の老人や、自閉症の子供とか、
動物とか、植物とか、
相手でもあまり動じない。

かえってそういう人のほうが、どこかでオープンだからかもしれない。

ありのままというか。

変に自分を取り繕ったりしないから、こちらも気楽なのかも。

F1032046.jpg
F1032048.jpg

ボランティア先の場所の近くに、大きな木。
そこ一帯が公園になっているので、予想より、大きな木が沢山。

ハワイや沖縄で、巨木を見てきたわたしは、
あんな大きな木は、横浜になんてないと思っていたけど、
ありました!!!。

なんとなく、ちょっと嬉しかった。

今日はフラ教室へ

今日で2回目。

フラを踊るのも2回目。

今日は通しでふりをやったんだけど、
初めて、曲の、最初から最後までふりをしたら、とっても楽しかった。

まだまだ下手なんだけど、
曲に合わせて、みんなで踊っているだけで、楽しい。

なんともいえない、満ち足りた、幸せな気持ちがあふれた。

今日は先生のお誕生日で、
6月生まれの人が、みんな一緒にお祝いした。

髪の毛に、生花のコサージュを付けて、ダンスを踊って、プレゼント。

さらに、先生に、生花のレイをプレゼント。

どちらも、生徒さんの一人の、手作りだ。

心がこもっていて、クラスに、愛があふれているな~って思った。



似た者同士がぎっしりとそろっている感じはしない。

みんな、それぞれ、かなりキャラクターが違うのに、
ふしぎに、みんな、親しみでまとまっている。

どことなく、私が参加した回のハワイ島ツアーのメンバーの雰囲気に似ている。

先生に「ふり、よく追いついてるね!すごい、早く吸収しているよ」と褒められて、
ちょっとうれしかった。

変に、びくびくしながらやるより、
間違ってもいいから、
なんとなく、みんなに合わせて踊っているほうが、うまくいくようだ。

そのほうが踊っていても楽しい。

初めて、ただそれだけで満ち足りた楽しさを感じた。

なんだか新鮮!

なにも、なくても、楽しい感じ。





そして、帰宅したら、色んな人にメールを打った。心を込めて。

ここのところ、全力で生きてるな~って思う。

とっさの、直感的な、判断もありつつ。

今していることが、どこに繋がっていくか、大して予想はしていない。

どこに繋がっていようが、良いかな~と思っている。

今、たのしい。それだけ。

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top