ママにとっての「自然」。公園苦手症候群・・・それは、ディスコミュニケーション。

今日は、啓蟄。

どおりで、屋外でも、ひなたが温かかったわけですね。
娘と母と、三人で、
近所の公園に行ってきました。

2歳になった娘、
この頃、自己主張がはげしく、プチイヤイヤ期。

ご飯を食べるときも、べちゃっと投げたり、ギャーギャー騒いだり、
あくびしていたかと思えば、
お昼寝の寝かしつけをしようとしても、いやだいやだと、寝なかったり。

最近、わたしも、
「ブチッ」
と、堪忍袋の緒が切れて、大きな声で、怒鳴ってしまうときが何回か出てきました。

怒鳴ったとき、
自分から、こんな大きな声がでるのかとも驚きつつ、
ちょっと嫌な気持ちもしつつ、
でも、ブチッを我慢するのも不自然かなって気がします。

「怒鳴っても、わからないので、云い聞かせて」
と専門家がよく書いているし、
その通りなんだろうし、
その通りにしているママたちもいるんだろう。

たまに、お母さんだって、人間だから、
「ブチッ」となるときがあっても、自然だと、私は思う。

その「ブチッ」も、ないと、
にこやか仮面(´◉◞౪◟◉)
みたいな、
いびつさや、不自然さが、
自分に発生する気がしてます。

人として、不自然な気がする。

child

「ほめて、のばす」って思想があるから、
ほめて、ほめて、
ほめるだけ、って心がけているかのような、
お母さんも時々みかける。

いつもいつも、猫なで声で、結局はまるめこむように、
ただしいほうに導く態度っていうか。

よく見ていると、
色んな理屈を使って、それをさせないように、
うまいこと方向修正、コントロールしている。

たとえば、
私が先日、偶然みて、違和感をおぼえた風景。

小さな子どもたち(2~3歳くらい)が、
たくさん公園の広場にいて、
ママ友たちが立ち話をし、こどもたちは遊んでいた。

その中の男の子(3歳くらい)が、小さな雑草を抜こうとしていたら、

一緒にいた、女の子が(やはり3歳くらい)、

「あ~!葉っぱは抜いちゃいけないんだよ~!
かわいそうだから~」
と、制止。

男の子も、いけないことと思ったのか、
草を抜かないで、別の場所にまた走っていった。

3歳児くらいにしては、
あまりに、できすぎた一言に、驚いた。

たぶん、ママにいつもそう云われてたから、そういったんだろうね。

この女の子は、雑草も抜いたことないし、葉っぱもちぎったことないんだな。

きっと、ママがそうされると、いやだから、そうやって教え込んだんだろうな。

雑草を抜いたり、葉っぱちぎったり、泥を触ったり、
汚いこと、よごれることも、たくさんしたほうが、自然だけどな。

まあ、本当に、
ママは植物が大好きで、
草の命も、虫の命も大切にしたいから、
子どもにそういったのかもしれないけど。



人それぞれなんだけど、

私にとっては、なんとなく、
不自然だなって、おもうときがある。

子どもは子どもだから、「わからない」って思うのかもしれない。
そういう、支配やコントロールが。

「教える」って、そういうことじゃない、と思う。

大人からみて、喜ばしいことはほめて、仕込み、
大人からみて、嫌なことは、させないように仕向ける。
・・・なんだか、これって、支配とコントロールに過ぎない気がするのだ。

危険なこと、他人や自分を傷つけることなど、ダメなことはダメとして、教えるとして。

だけど、わたしは、
子どもだって、じつは、かなり「わかる」と思うし、
その「個」に、向き合っている感覚でありたい。

なにがダメで、なにがいいか、
経験して、学んだほうがいい。





娘が、本を読みたいと主張し続け、ぜんぜん昼寝しないので、
母に頼んでおいて、
私だけ、ベッドで昼寝して、30分ほど仮眠した。

起きた後、ふと思ったのは、
ああ、わたしも疲れるんだな~ってこと。

子どものイヤイヤ期というか、
素直な、純粋な自己主張、感情表現、動きに、
むきあっているのって、けっこう、エネルギーがいるし、
心身ともに疲れるんですね。

だから、お母さん自身も、
自分をよくいたわったり、メンテナンスしたり、チャージしないと、
ゆとりがなくなるのは、当然のことだよなって、再確認。

あと、なんとなく、最近、
公園に行って、よそのお子さん、ママさん、パパさんに接触すると、
そのあとに、疲れている自分を感じることが多い。

「公園が苦手なのかな~(;^ω^)
あ、これが、ママの公園苦手症候群ですか」
って、最初は思った。

だけど、他の子供連れの方と、円滑にできたときでも、疲れるときもあるし、
コミュニケーションするにしろ、しないにしろ、
気疲れする部分があるみたい。

観察してみたら、それは公園だけではなく、
小児科の待合室や、調剤薬局の待合、
スーパーの子供の集まる場所、
保育園の朝と夕方などの保護者との関わりなどでも、
同じ現象がおこる。

benti

先日も書いたけど、
ディスコミュニケーションのひとが、ほんと増えている。

たとえば、
足元に、他人の落とし物が転がってきても、
親子で、気づかないふりをする。

昔、ふつうだったら、手に取って、渡すようなそぶりをするよね。

狭い空間で、だれかの何かが転がってきて、靴にくっつくまでになったらさ。

親も、なんだか、幼児化しているのかもしれない。
子どもとおなじ態度、視線、しぐさで座っている時があって、驚く場合もある。


おかげで、私は、対処法を学び、境界線を引く練習になりました。

まず、対処法。

自分から、どこかの「場」へ、子供連れで入るときは、
予防?する意味で、
挨拶や、声掛けなど、なるべく自発的にする。

自分から、「こんにちは」と挨拶する、
相手の子供のしぐさをみて、「○○ね~」などと、声をかけてしまう、
つまり、空気を作ってしまう・・・。

これは、とても効果的。

オーラドームを作っているようなイメージ。

だけど、ま、前述したように、
それでも、効果がない人もいるわけで。

挨拶するような距離感でもないし、
どうしても、違和感を感じる人や、出来事と遭遇したら、以下の手順。

一瞬いや~な違和感をキャッチ。

その違和感をまず観察し、「いやだな」の気持ちを感じきる。
(否定、見ないふりは×NG。ちゃんと感じること)

そして、その出来事&人を、「手放す」イメージで、忘れる。⇒「消去」。


あと、思ったのは、
もしかして、ほんとに、そういう人にとって、
私という存在が見えない、感じないくらいに、
パラレルワールド化(二極化)が進んでるかもしれない!?

・・・という、都市伝説なみの、おもしろい仮説。

同じ場所にいるのに、
私と、私の子供や家族は、
その人たちの視界には、見えていないという・・・( ゚Д゚)。

いやいや、ほんと、冗談じゃなく、
それくらいに、
無感動、無反応、無表情の人が、いますよ、マジで。最近は。


その人たちの世界でも、
泣けること、笑えること、
うれしいこと、ありがたいこと、
色んな事がおこってるんだろうけど、
あまりにも分厚い表皮が、角質がかたく固まった表皮みたいなものができていて、
もはや、着ぐるみ化しているので、
人間らしさに触れることができないのかもしれない。

観察しつつ、切り離しつつ。

今朝は今朝とて、
NHKの番組「きわめびと」で、
IKKOさんが出てて、
とても感動することを言っていて、この人、やはり、素晴らしいと思ってしまった。

きれいなものに、触れるって、いいよね。


体調に出やすい2月の雑感。

娘が、今月で、2歳になりました~。

うさ

誕生日祝いをしたのが、先々週の11日の祝日。

大きくなったな~って感じるのって、
節目の時ってのもあるけど、
むしろ、日々の生活の中で、
子どもの反応や態度や、言葉や、表情が変わっていく様子をみて、
しみじみ感じることが多い気がする。

娘の2歳になるのを、
もうちょっと、しみじみ味わいたかったのだが、

私自身の体調不良とあいまって、
一週間が、あっという間に過ぎつつ、
ここ十日間ほどの、記憶があいまいです( ゚Д゚)。

しばらく、夜、9時には寝て、朝7時に起きる日々を過ごしていました。
日中も昼寝して。
それでも、
眠気が強くて、睡眠が足りなかった。

風邪薬の眠気を呼ぶ効果ってのも、すごいだな~と実感。

いまは、風邪薬飲んでいないのに、
やっぱり眠い。

こうなってくると、
この、季節の変わり目の陽気のせいでしょうか。

今朝は、娘もめずらしく、
平熱なのに、
元気がなく、だら~っとしていて、
床にゴロゴロと寝転がり、様子がおかしい。

いつもだったら、
教育テレビの子供番組がはじまると、ぴょんぴょんはねて踊ったり、
おもちゃをいじくったり、せわしなく動き回っているのに、
今日はじーっとしていて、
ゴロゴロ床に寝たり、様子が変です。

なので、
保育園をお休みして、
小児科へ朝一番で連れていきました。

お医者さんの見立てでは、
インフルエンザかもしれないけど、
もっと症状が出てこないと、断定できないとのこと。
(症状が弱いと、検査をしても、結果がでてこないらしい)。

なので、とりあえず、自宅でおとなしくすごして、様子見して、
また高熱など症状が出てきたら、病院にきてくださいとのことでした。


実は、今日は、
とあるパートの面接を受けに行く日だったりします。

こういう日に限って、
子どもの様子や体調がおかしくなるって、
ほんとだねって、話。


でも、まあ、
今日は母がいるので、
母に娘をみててもらって、
パートの面接にはいこうと思っています。



そうそう、
今月は、いろいろなニュースの合間に、えっと驚くニュースもあったりして、
変化の時期だな~。

一番ショックだったのは、

作家の津島佑子さんが亡くなったってニュースでした。

超、個人的に、ショックだったニュース。

デビット・ボウイの死と同じくらいに、ショックですわ。

死んじゃうと、
その人はもう表現できないし
その人の発言、言葉が聞けないとおもうと、
さびしいな~。

亡くなる前に、
なにか、言葉を残しておいてくれたら・・・・と思ったりする。

一歳九か月の発育状況。おしゃべりと、性格。

数日前、保育園へお迎えに行ったら、

娘の口から、

「ママが きたよ~」

ってフレーズが、すらーっと出た。

めちゃ驚いた。

「助詞、使ってる!」
「単語じゃなくて、文節になってる!!!」

と、一人騒いでいた。

いままでは、

「ママ」「きた~」

どまりだったのに。

最近、語彙に「が」が加わり、
さらに、「ない」、「いない」「きた」「あった」といった単語も加わったことで、
ときどき、
意味のあるフレーズを云うようになってきた。

大人にとっては、当たり前のことが、
子どもの発育過程では、
一大エポック。

niwa

娘が1才6か月を過ぎたあたりから、
おまるを使った、トイレトレーニングも、すごいのんびりと、やっている。

ついに、昨日、
おまるにて、う●ちをすることに、成功した。

・・・といっても、
娘がいきみだした時に、
わたしが、気づいて、おまるに座らせただけなんだけど(笑)。

娘は、立って、いきむのが楽らしく、
座っていきむのが、なかなかむずかしくて、
まだ、おまるでは、したことなかったのです。

じぶんでした、う●ちを観て、
「ワー!ワー!」
と、驚いたときの声をだしてました。

娘も、驚いたみたいだった(笑)。

記念すべき、前進。



子どもの性格、気質というのも、
こんな小さくても、すでに出始めているのも、おもしろい。

うちの娘は、人見知りではないけど、
すこし用心深くて、
初めての場所、初めての人たちだと、
遠巻きに観察しながら、少しずつ近づき、
やがて、一緒に遊びだしたりしている。

他人や、初めての場所への興味、関心は強くて、
かまいたそうな顔して、ずーっとみている。

でも、すぐに近づいたり、手を出したりしない。

とにかく、じーっと見てから、やがて少しずつ、近づく。

そんな様子を見てると、
どこか、親に似ている気もして、やっぱり面白い。


最近、寝る前に、
薄暗くなった部屋で、ベッドで一緒に横たわっていると、
娘が、ひとりで、
言葉にならない、ことばで、
ぶつぶつ、ぶちぶち、おしゃべり、するときがある。

ちょっと怒ってるような、
じぶんのことを、自己主張しているような、声音で。

それが、
なんだか、日中、わたしが叱ったときの声音に似ている気もして、
子どもも、親の真似をするのかもな、と思い、
そう、大きな声で云ったり、叱ったりするのも、考えものかも?と思ったりする。

親も親で、
忙しかったり、自分の状況に手いっぱいだと、
心に余裕がなくて、
ついつい子どもにも、きつくなってしまう時もある。

私も、最近、考え事が多すぎて、
頭も心も余裕がなくて、
子どもに対して、普段のわたしより、カリカリしがちだったかも、と思った。

親自身も、自分のケアが大切だよね。

身体のメンテ、心のメンテをして、
調子を良い状態に整えておかないと、
理性的に、柔軟に、愛情でもって、
こどもを受け止めてあげられない。

まずは、そこだよな~って思った。


子どもは放っておいても、
どんどん育っていくけれども、
子どもにとっての「今」というのは、今しかない。

通り過ぎてしまって、後悔しても、
時間を戻そうと思っても、戻せない。

小さい時も、あっという間に終わってしまうという。

一緒に居られる、このときを、大切にしたな~とおもう。

10月がスタート。死ぬまで、ずっと、成長の過程。

「10月からは~・・・!!」なんて思っていた、
10月が、いよいよ、スタート。

うちの子も、
今月から、通常保育がスタートし、
昨日今日と、連続で、9時~17時の保育が始まりました。

新しいことが始まるって、
それが、たとえ、「楽」「便利」になることだとしても、
最初は、慣れてないから、
なんとな~く、ドキドキしちゃいますね。

子どもの様子も、ドキドキしながらみてるけど、
案外、適応しているみたいだし、
楽しそうで、良かった・・・。ホッ。

なにより変化するのは、
母親である、私自身の心境や物事のとらえ方、
時間の使い方。

時間が、こんなにゆとりできたの、久しぶり~。

かといって、完全に自由というわけでもないので、
めりはり&リズムが、出来てくる。

要領よく、効率よく、時間とダンスする???ってかんじ。

これまで続けてきた、大学の通信教育の講師としての、レポート添削&採点の仕事を、
ゆとりをもって、できる。

あと、ずっと集中して取り組めてなかった、
教員免許更新講習のeラーニングを、受講する時間を、
やっと、計画的に、ゆとりをもって、作ることができる。

気持ちがとても前向きになって、
色々なことを、
同時並行でやっていても、スッキリ。

ごちゃごちゃしていない。

通常保育が決まって、幸運にもかかわらず、
今度は今度で、
ちょこっとだけ、「子どもを預けること」への「罪悪感」を、
うっすら感じそうだった、わたし。

子どもは、なるべく、母親がみるべき…論。

どんなに自由そうな人でも、どこか、これが根付いている。

でも、この罪悪感って不必要だし、手放すものだな~って思って、
受けとったものの幸運に感謝しつつ、
じぶんのできることを、
明るく、元気に、生き生きと、楽しく、実行するで、
いいやん、って思えた。


kodomo
スタイをつけるのを嫌がる癖に、
急に、自分でつけたいと云いだし、
7枚くらい、重ねつけし始めた。
子どもっておもしろい。


筋が通ってないようで、
よくよく観察すると、
子どもなりの理由や気持ちがあって、
行動や態度、反応があるんだな~って、感じる。

それが、また、興味深い。

子どもの視点で、
物事をみると、
新しい世界が、また開けていく。

慌ただしい変化のなかで、
見落としていたことを、
もう一度、大切に掬いなおすような。

今日は、発達心理学、臨床教育学者の人の講義を聴いたのだけど、
教育学と、心理学的アプローチと、
人間理解の立場が重なるようで、
微妙に違いつつ、姿勢は似てて、
とても面白いな~と思いながら、聴いていた。

人が成長していく過程というものは、
子どもでも、大人でも、
どこか共通するものがある、と感じている。

人は、生まれてから、死ぬまで、
ずっと成長、進化、向上、発展していくものなんだな~。

そう思うと、
人生に対する理解も、変わっていくよね。

失敗は失敗じゃないし、
もっと、ポジティブに、
性善説的な信念をあらためて、抱きたくなる。

いろんなエッセンスが、
わたしのなかで混ざってきて、
ひそかな、ワクワク感のある、秋ですな~。

村上春樹の新刊も、気になって仕方ないし!!!!

過去との再会&手放す。これでいいのだ~。

今日は、午前中は居間の片づけをして、
午後は、また区役所へ行き、
子どもの氏姓の変更届(戸籍の変更)と、
保険証、医療証の氏名の変更など、ざざっとしてきた。

居間の片づけをしていたら、
院生のころから所属している、ある文学学会の、
学会誌や会報が、どどっと出てきた。

そして、昔なじみの名前が、
役職のところに並んでいるのを読み、
懐かしいような、遠いような気分がした。

これもホオポノポノのクリーニングの機会だって、
すぐ、感じ、クリーニングした。

私が、かつて、憧れていた、
研究者の道、大学教員の道。
いまだに、学術の世界で生きている知り合いも多く、
大学で教えてたり、専任講師になった人もいる。

一方、私はいま、現実には、それらと縁遠い世界にいる。

「あのまま進んでたら、私も、この人みたいに、なれた?」
「こうなった?」

って、他人を見ながら、思いが浮かんできた。

でも、それって、過去の記憶の再生なんだな~って気づいた。

わたしは、今の自分を、みて、
「これでよかった」って、
少なからず、思える。

ずっと研究の世界、大学の世界から
「ドロップアウトした」
「挫折した」
「失敗した」
という思いが強すぎて、それが私には、悪影響してたんだって、気づけた。

私は今、実質、無職で、
最近、離婚して、シングルマザーになりたての、
超不安定な立場・・・ともいえる。

本人は、案外、不安定とか、思ってないんだよね。

状況は、複雑だけど、
この、小さな子供が成長していく、奇跡みたいな貴い日々を、
子どもと共に過ごせること、味わえること、体験できることが、嬉しいし、
感謝の気持ち。

それを、大切に味わいたいと思う。

状況に踊らされるのではなく、
じぶんにとっての、大切な「いま」を、ちゃんと味わいたい。

だって、「ぎゃー、大変だ、どうしよう、わたし」とか、
パニックになったり、
悲劇のどん底と落ち込んだり、慌てふためいたり・・・

・・・なーんてやってたら、
子どもの一番かわいい、三歳までの時期なんて、
あっという間に、過ぎ去ってしまうだろう。

もっとも、豊かで、宝物みたいな経験。

お金でも、地位や名誉でも、代えられない、経験。

子どもの一生にとって、かけがえのない日々に、
親である私が、余裕なくて、イッパイイッパイな感じで、
ちゃんと受け止められず、
すぐ終わってしまうのって、一番嫌だな~って思った。

ちゃんと、子どものことも、みつめたいのだ。


大学の教員、キャリアウーマンで、独り身だったかもしれない、私。

バツイチ、シングルマザー、現在ほぼ無職の私。

なんだか、両極端にも見えるけど、
私は、今の私で、一番よかったと思う。

おまけに…面白いのは、
わたし自身は、今から、どんな職につくか、
どんな仕事を作っていくか、活動するか、とか、
希望に燃えてて、楽しくて、ワクワクしているっていう・・・。

何をしてても、「これでいいんだ~」という、
自分を信じる気持ちが、一番大切だと感じる、この頃。


区役所で、氏姓の変更してもらって、
子どもの保険証も、私の旧姓と同じ名前になったのをみて、
また一つ、社会に向けて、固まった気がした。

責任を感じつつ、
その責任は、自由とそのまま直結しているのを、感じ、
とても自由になった気がして、安心感もある。

なんとなくで、生きてきたことが、
あらためて、こうやってみると、
ひとつひとつの選択、行動に、
意思表示や、意思、義務や責任、権利があることを実感。

以前と同じようで、
ぜんぶ、自分の意志で、
一から選んで、再構築していく感じ。

この作業が、自分を作る、のだな。





google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top