影の現象学。ダークヒーローという存在~清原氏の話~

yinyan

先日、河合隼雄さんの『影の現象学』を読みました。

ユング心理学でも、
とくに、「影(シャドウ)」について書かれた本で、
とても奥が深かったです。


私は、数年前から、気になっていたテーマがあります。

それが、

人間の「闇」、
この世の「闇」みたいなもの。

わたしは、それをじーっと観察し、考察するようになりました。

そんな作業をしながら、
私の中では、
「闇」と「影」って、漫然としていたのです。



今回、河合隼雄さんの本を読み直すことで、
両者の違いが、分かった気がします。

影(シャドウ)は、人間により近いもの

「影」のほうが、
より、人間に近いものなんだな~って気づきが、まず一つ。

たとえば、
有名な児童文学、ル・グインの『ゲド戦記』でも、
影との対決が、
第一作目のテーマになっています。

主人公の少年が、ある禁忌をおかすことで、
少年の影が独立して、逃げていってしまう。
少年は、影を追いかけて、対峙するストーリーですよね。(たしか)。


『影の現象学』でも、
実際の、精神疾患などの症例としてみえてくる、シャドウのことや、
物語の中にみられる、シャドウなど、
いろんな事例をみせて、
人とシャドウとの関係性について、分析しています。

バランスをとるために、
そして、より成長するために、
シャドウとのかかわり、関係性、対話ってものが、人には必要なのですね。

影のない人間というものが、
そもそも、いないわけだし。

影はつねに、本体と一緒に存在していて、
本来は、
切っても切り離せないもの。

影って、もう一人の、その人自身だったりする。

先住民族の伝説の中では、
影が、その人の魂として、扱われている文化もあるのだとか。

「影=魂」っていう。

ここまでくると、
影って、こわいもののようで、
本来、ひとりの人間の中に必要な側面、
その人の一部ってことが、わかってきます。

本人にとって、
その影というものが、
意識の外だから、
きわめて、わかりにくい、恐ろしい、拒絶したいものになるけれども。

でも、一部なんだよね。

光がさすから、
影ができるわけで。

光と影は、一心同体なわけです。


一方で、
私が思ったのは、
「闇」っていうのは、独立しうる存在で、
もっと、普遍的な性質のものなのかもしれないな~ってこと。

「闇」だけの「闇」って、ありうるから。



ダークヒーローという存在

そんな風に読書していたら、
ちょうど、
清原氏の逮捕のニュースが、繰り返し繰り返し報道されていて、
いろんな人が、コメントするたびに、
多種多様な意見、価値観、立場ってものを、考えさせられました。


私が思うに、
清原氏は、ダークヒーロータイプだったのでは?と。

いま、報道されている、色んな言説&文脈をじーっと観察していると、
彼の「悲劇」というものが、
とても立体的になってきて、
わたしは、
ホオポノポノのクリーニングしながら、見たりしています。


最近、ニュースやちまたで、話題になって、
スキャンダルで騒がれる有名人って、
どこか、
今の日本(人)の、シャドウを投影、投げかけられているのでは???と思ったりします。

そのうえで、
清原氏の顛末は、みていて、
「痛々しい」の一言につきるなと思いました。


そもそも、
巨人に入れなかった時点で、彼のダークヒーローの道が始まっている気もします。

色んな人の発言の中で、
桑田真澄が話していた言葉の中に、
とても印象に残った言葉がありました。


こんな言葉でした。


野球というのは、
ピンチになると、
代打やピンチヒッターというのがいて、
交代してくれる。

でも、それは、野球の中での話。

人生において、
代打は、いないんですよね。

誰も、彼の代わりはできない、
代わってあげられないんですよね。

彼は、これまでも逆転満塁ホームランを沢山打ってきた男だから、
きれいな弧を描いて、飛んでいく、
逆転満塁ホームランを、
打ってほしいですよね、彼の人生でね。


私の脳裏には、
観客の熱気でごった返すスタジアムで、
バッターボックスに立つ野球選手のイメージが、浮かびました。

ベンチには、たくさんの仲間たち。

自分のチームのファン、
自分のファンが、みんな声援を、送ってくれている。

わ~~っと沸いている、試合中のスタジアムの熱気と、集中と。

ああ、野球って、
選手がいて、チームがいて、
野球ファンがいて、
そういう、とっても熱いスポーツだったんだよな~って。

正直、あんまり野球は好きじゃなかったのですが(笑)、
初めて、リアルに感じた。

人生も、野球に似てるのかもしれない。

スムーズに圧勝、勝てるときもあれば、
ピンチで、もう巻き返せないような、ひどい点数差の時もあったり。

でも、
みんなの声援、期待、応援があって、
試合にとにかく、のぞむ。

そして、勝っても、負けても、
それでいい、
受け止めてもらうのだ。次の試合のために。


バッターボックスに入るのは、
一人だけだけど、
沢山の人に、支えられているんだよね。


そんな野球をしていたろうに、
どうして、清原氏は、ずれていってしまったんだろう。

みんなの気持ちを裏切った、
裏切らざるを得なかったと思うと、切ない。

彼の人生において、
彼を応援してくれただろう、人たちの声が、聞こえなくなった、
感じられなくなってしまったのだろうか。


ピンチの時、
逆境の時ほど、
その人本来の、人間性や、人間力が試されるもの。

ちょっとブレれば、
いくらでも、転げ落ち、転落できそうな、
瀬戸際な時期ってのも、長い人生では、ある。

その、つらい気持ち、弱い気持ち、暗さに逃げる気持ち、
闇のほうを覗く気持ちが、
わからないでもないから、
清原氏をみていると、
「痛々しい」と感じるのでしょう。


「番長、番長」と呼ばれ、
ちょい悪的なキャラクターが、人気だった、清原氏。

でも、人々は、
あくまで、「ちょい悪的なキャラクター」を好むだけで、
本当の、「ダーク」は求めていないんだよね。

それは、境界線を越えちゃっているのです。

そこらへんも、本人が、わかってなかったんじゃないかな~。



心屋仁之助さんの講演会で聞いた、「がんばらない教」十か条

先日、たまたま、
メモ帳の走り書きを、ぺらぺらめくりなおしていたら、
昨年11月に、習志野で開催された、
心屋仁之助さんの講演会に行った際の、メモ書きが出てきた。

それを読み直して、

目から鱗!!!

私が忘れないためにも、ブログにアップしておきます。

asi

「がんばらない教」のための大切な十か条

①嫌なことをやめて、好きなことだけやる。人に迷惑をかける。

②損しそうなことばかり、やる。
⇒そうすると、得ばかりになる。

③大阪のおばさんになる

④仕事と家庭を比べて、家庭を優先する。
自分の身内、心の中を優先する。
⇒そうすると、逆に結果が出る。

⑤問題が起きたときは、問題を放置する。


⑥ネガティブになる。
すぐ泣く、落ち込む、怒ってみる。

⑦ダメ人間になる。
真面目に働かない。
ちゃんとしない。だらだらする。

⑧人に甘える。人に迷惑かける。

「人に迷惑かけるな~」と思ったら、GOのサイン。
それをやってみる。

⑨引き算をする。
溜めてきたこと、身につけたこと、資格など、
全部、捨てる。

⑩ショッカーになる。

「イー!イー!」

すべて、「いい!!」
あれもこれも、していい。

⑪人を助けない、人にやさしくしない、助けようとしない。役立とうとしない。

⇒「可哀想な人」は、本来、いない。

⇒助けようとするのではなく、
楽しそうにしている姿を見せること。遊ぶ、遊んでる姿を見せることが、いい。



十か条だと思ったら、
11個あった!!!

会場では10個と、言ってた気もするが。

そういうアバウトで、ゆる~いところも、
心屋流ですな(笑)。

でも、上に書いた、
十個のことって、
心屋さんが、本でもよく書いている、エッセンスが凝縮されている。

最近、判断に迷ったり、選択に迷ったりすることも多い。

というのも、
ほんと、真逆に意見や価値観、立場の話を、
いろいろ聞くことも多いから。


みんな、それぞれ、自分の判断と選択で、動いていくわけだけど、
やっぱり、
心が揺れ動いたり、
むずかしい選択だな~って思うことも多い。

そんな時、
自分にフィットする考えを持つ人の、基準を一つの参考にすると、
とても楽になる。



昨日は、産業カウンセラー協会の受講者大会&新春講演会に参加してきて、
いろんな話を聞き、
365度、全方位的に、いろんな刺激を受けた。

久しぶりに仲間たちとも会え、ゆっくりお話しできたことも、大きかったな~。

で、帰宅して、メールチェックしたら、
グーグルアドセンスからメールが来ていて、
アフィリエイトの審査が通過してた!!!
とっても嬉しかった。

グーグルアドセンスの審査はちょっと難しいとも聞いていたので、
審査を通過したこと自体が、
一番最初のステップを、
まずクリアしたような、達成感!!

もっと、こういうのが得意な人から見たら、
たいしたことない一歩かもしれないけど、
私にとっては、
とっても、とっても、大きな一歩なのです('◇')ゞ。

ウキウキワクワク、
新しいことに挑戦すること、大好き(*'ω'*)。

この道が、
どの道に繋がっているかわからない。

でも、
とりあえず、
自分が「イー!」(ショッカー風)と思う道を、
ワクワク、進んで行ってみようと思います('ω')ノ。









『心屋仁之助講演会in習志野』に参加してみた(^^)/。「なーんだ、幸せになってもいーんだ」

昨日は、姉と二人で、
習志野文化センターで開催された、
『心屋仁之助 講演会』に参加してきました~!

dinsan
正直、
半信半疑(笑)。

ブログを読み始めて、
「この人、画期的で、新しい手法だし、なんか、「ある」んだよね~。
でも、
なんか、まわりにいる、
「心屋教」みたいな人が、なんか、恥ずかしい。
それが好きな人が、そうやって楽しそうにして群れてるの、
別にいーんじゃない、自由だからって思うけど、
わたしは、ちょっと・・・入れない。
いやだな~、群れるの・・・」って思ってて。


「心屋教には、入らないぞ!!!
心屋さんが、
実際は、どんな人なのか。
また、心屋さんに惹かれてやってくる人、
ファンの人たちの空気感を、
観察してこよう」

みたいな、軽い、
ちょっと引き気味の感じで、当日は会場へ・・・。

江原紀之さんの講演会やコンサート、
美輪明宏さんのコンサート、演劇、
スピリチュアル系で、アメリカ人サイキックの大物さんのイベント、ワークショップ、
それから、日本人のサイキックさんのイベント、
あ、そうそう、小悪魔流の蝶々さんのイベントだって、3回は参加している。

最近じゃ、ビジネス系では、月刊『致知』の、講演会に参加したな~。


本当、講演会や出演者によって、
集まる人の、ファンのカラーがちがうんだよね~。

正直、心屋さんのファンの人は、
ごくごく、普通の一般人で、
普段着でそのまま来たって感じだし(わたしも、超普段着(笑))、
年齢層さまざまで、結構年齢層高め、
で、女性は多いけど、
男性もちゃんといた(シニアも、若い男も)。

テレビに出演していたってこともあり、
本屋さんに沢山本が売られているってのもあり、
集まる人たちも、雑多で、十人十色で、
庶民派だよね。
大衆向けで、とっても間口が広い。

そういうところからして、なんとなく、
ホッとして、
私としては、逆に信頼感が増した。

これに比べると、
私がよく行っていたイベントは、
ちょっと小金をもってて、ちょっとこぎれいで、
おしゃれしてくる女性の多い、女子向けな場所だった気もする(笑)。



わたしは「だまされないぞ~だまされないぞ~」って、
心では半分面白がりながら、
物販観たり、
会場雰囲気を観察していたのです。


でも、心屋さんのトークが始まった途端、
どんどん、どんどん、
そういう、「だまされないぞ~」的なのは、消えて行った。

dinsan2

いや、なんつーか、
自己啓発や、心理や、スピなどにありがちな、飛んでること、
難解な言葉、
高尚で抽象的なこととか、出てこない。

いたって、わかりやすい、
日常で使っている言葉、
日常で使われている概念で、
「どうして、こうなるのか?」なことを、解きほぐしていく。

その点、スピではないんだよね。

カウンセリング、
心理療法ってのは、そういうことなのかなって思った。

言葉や、手法が、
とてもオリジナルで独特だから、
なぜか拒絶感、拒否感が無意識にでてくるのだけど、
実際、ちゃんと話を聞いてみたら、
心屋さんは怖い人じゃないし、
(なんか、怖そうに思っていた)、
逆に、目からちょ~鱗だった。

ユング的にいくと、
抑圧されたもの、
シャドウとの和解、みたいな、感じなのかな。


たぶん本のタイトルも、
笑っちゃうくらいに、
「その本、買うの、どうよ」って思うくらいに、
ど真ん中なタイトルが多い。

それを、認めるのが怖い人は、
すごく気になるのに、
開くのすら怖い、と思うだろう。


でも、その拒否感の強さ、反応の強さは、
イコール、
「どんぴしゃ」なので、
ぜひ、読んでみるといいと思う。

これとか、


これとか、


これとか!!


タイトルが、秀逸すぎる!!

わたしなんて、物販コーナーで、
これ系の本が並んでて、
もう、爆笑しながら、眺めてて、
姉が、上の本を買っているを、笑ってた。

で、わたしも笑いながら、
これ買うわって、
もろ、これ買ってたし。





いやあ~、
どれだけ、悩んでるんですか?って話ですよね、マジで(笑)。



いやあ~、でも、講演会のお話も、
ほんっと、目から鱗でした。


「がんばり教」
そして、「仮面ライダー」てきな、正義の味方の、
努力しても努力しても、
報われない、つらい、楽しくない、
満たされない、うまくいかない、
鬱屈、落ち込み・・・的なもの。

どんぴしゃだった。

二人ほど、会場で、質問&相談タイムがあって、
その時の人たちの話を聞いても思ったのだけど、

「幸せになっちゃいけない病」みたいなのが、あるんだなって、わかった。

「幸せじゃ、いけない病」。

楽しかったり、嬉しかったり、ハッピーで、るんるん、ウハウハ、してるより、

辛そうで、大変そうで、なにかに必死で、ギリギリ感があって、
「わたし、がんばってて、大変なんです~、は~(溜息)」
って、やってるほうが、
「あらあら大変ね」と、同情されて、人から攻撃されない、
波立たずに済む、みたいな、保身術というか。

鬱屈した、ねじくれた、保身術だよね。
それって、誰のためにやっているのすら、
もう、わからなくなってしまっている、ねじくれた、無意識の生き方。

苦労しないと、幸せにはなれないとか、
努力しないと、良いものは作れないし、報われないとか、
ぜーんぶ、ただの思い込みなんだなって、わかった。

もうね、
「人からどう思われようが、いーや。
自分のやりたいように、自由にやっていいんだ」
って、ストンと思えた。

わたしも、悪者・ショッカー軍団、ダメ人間会へ、入会することにした。

その素質は、わたしも十分もっていることにも、気づいた!!

でも、ずっと、逆に、
「それは、わたしのダメなところだ!!
もっともっと、ちゃんとしないと、いけないんだ!!」
と、自分を責めていたのだ。

人に迷惑かけたり、人から尽くしてもらう事。
楽をして、何もしなくても、
好かれたり、慕われたり、愛されたりすること。
私が何かしたことで、褒められること。

嫌だなって思うことを、しないこと。

したいな、好きだなって思うことを、正直に表現したり、行動すること。

心屋さんのブログや本で、
すこしずつ知っていた、心屋さんの考え方、メソッドが、
実際、講演会に行って、ご本人の話を聞くことによって、
リアルに、腑に落ちて、感じられた日でした。

これから、ちょこちょこと、また本を読んだり、
気が向けば、イベントに参加したりして、
日々のこれからに、生かしていく。


講演会の帰り道、
思い浮かんだ、一つのフレーズがある。

「なーんだ、
わたしも幸せになっていーんだ」


心屋さんが、講演会で披露してくれた、
たくさんの「魔法の言葉」を聴くことで、
出てきた、フレーズだったんだと思う。

「なーんだ、
お金持ちになったって、いーんだ」

「なーんだ、
なにもしなくても、幸せに暮らしてもいーんだ」


まだ信じられなくても、思い込むためにいう・・・というより、
けっこう、肩から力が抜けて、ストンと、
「そう思っても、いいんだ!」
みたいな、発見としてのつぶやきだった。

致知出版社の、『20代30代のための 人間力養成講座』に参加しました。

今日は、
月刊雑誌『致知』の主催する、

『20代30代のための人間力養成講座 in 東京』

に参加してきました。

会場は1400人の参加者たちであふれ、
熱気がすごかった。

スーツ着用の方が多くて、
ちょっとした、合同就職説明会のような、ビジネス研修会みたいな雰囲気。

若いサラリーマンや、
大学生みたいな人も多かった。

フォーマル寄りだけど、私服だったわたしは、
「場違いかしらん?」と思いながらも、
勇気、やる気をふりしぼって、
講演を聞いてきましたよ。

行って、良かった~。

今までと、また違う断面がみえてきた~。

スピリチュアルで学んだことを、
実学的に、
人生哲学、人間学として、
わかりやすく、もっともシンプルに説いているから、
『致知』に惹かれるんだな~と気づいた。

稲盛和夫さんの話や、
イエローハットの社長、鍵山秀太郎さんの話なども、
『致知』名物編集長で社長の、藤尾秀昭さんの口から直接聞けたのが、良かった。

その口ぶりや、熱いトークから、
情熱が、感動が、
エネルギーが送り込まれているように感じた。

人口密度が高すぎて、会場では、少々酸欠気味で、
お話しに聞き入って、集中するのが精いっぱいだったが、。
帰り道に、
一人になってから、
どんどん、
注入された、ポジティブエネルギー、情熱、志が、
自分の中でふつふつと煮えたぎって、活性化しているのを感じた。


運命って、
ないんだな~って思ったよ。

うん、運命はあるんだけど、
乗り越えられない運命は、ないって、こと。

逆境の時、
それが十年続くように、落胆したりするけど、
逆境というのは、せいぜい三年だって。

じたばたせず、わきめをふらず、自分の信念を信じて、
すすみなさいと、
藤尾社長も、若いころ、
尊敬する人に云われたそうな。

ぎゃくに、順境で恵まれていることには、
感謝すればいいんだって、今日、あらためて、思い至った。

恵まれていることに、感謝して、
受けとったものを糧に、
二倍三倍、ポジティブエネルギーで、
世のため、人のため、自分の幸せのために、
はたらけばいいんだ!って思った。

もう、いい話づくめでね~、
なんつーか、
とにかく、全体が良い。

本も二冊ほど買ってきたけど、
ひさしぶりに、感動している。

藤尾社長のサイン本をさりげなく、
手に取って、さささと、即売所で買って、
帰り道の電車の中でめくってみたら、
その言葉に感動した。

chiti
chiti2

「夢 祈り 実行」

とあった。


本当のことを書くと、
今日の講演会は、
前日になって、だんだん行くのが面倒臭くなり、
今朝まで、モヤモヤ、悶々として、
行くの辞めようか、いくかで、
迷っていた。

でも、クリーニングをたくさんして、
途中から、「よし、行ってみよう」って気持ちになったから、
行ってみたのだった。

今日、あの場所に、
今の状況の私が、行ったということ、
参加したという事だけでも、
「十分、やったよ!」
「よくやったね!」
と、自分を褒めてもいいぞ~と、思った。

周囲は、20代の就職したての子や、
大学生のグループっぽい人も多く、
「こんな若くて、先生か、親か、誰かに勧められて、来たんだろうな~」
って思う人も多かった。

若いサラリーマンで、「研修で来てる?」って感じの人も多かった。

そんな風に、
誰か、目上の、先見の明のある人に、
いろいろ教えられたり、良いものを勧められる若者が、
すこし羨ましくも思った。

手取り、足取り、教えてもらって。

なぜなら、
わたしは、まるきり、そういう存在がいなかったから。

私は、ぜんぶ、自分で探して、
自分でみつけて、
自分でピンと来るもの、良いと思うものは、
どんどん参加し、吸収してきた…。

そして、体当たりで経験して、学んできた。

だから、そんな導いてくれる「先輩」「師」は、
いても、いなくても、大丈夫なのかもしれないって思った。

私の親も、『致知』が説くような、
立派な精神論を教えてくれるような親でもなかったし、
ごくごく平凡な、
無神論者の、
「他人に迷惑をかけなければ、何しても、それでいい」という、
小市民的家庭で育った。

親は、私が求め、感動するような哲学や、
思想、知識や教養、精神世界を、
ぜんぜん教えてくれなかった。

勉強すら、習った記憶がない。

振り返れば、
わたしは、全部、
自分で本を読んだり、人から聴いたり、
「これだ!」と思う人に会うことで、学んできたのだった。

これまでも、これからも、
きっと、そうだろうけど、
私は、これでいいんだな~って思った。

そういう自分を認めよう、
もっと、認めていいだって思った。

自分で自分を、磨いていく、
高めていく。

本の中にも、出会う人々の中にも、
人生から学ぶこと、教えられることは多々あり、
すべての出会いが「師」、
とも、いえる。

そう考えると、
何も学ぶことがなかったような親にも、
学んだり、教えられること、
尊敬に値することはあり、
自分の家族観や、
子どもと自分の関係なども、あらためて、とらえなおせた。


うまく、まとめられないけど、
また大きな気づき&節目になりそうな、
今日でした。








google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

CREDIT

top