遠い空から落ちてきた、流れ星のやうな人生。

ふしぎなご縁のすてきな方と、
大井町線の九品仏にて、
超異次元会談。

驚くほどに、シンクロ&セレンティピティ。

「あなたのお話を聴いていると、わたしのことみたい」…なことばかり。
お互いに。

linch

ニコニコ笑って、
明るくて、エネルギーいっぱいで、与えるばかりで、
キャパシティーが大きすぎて、
やりすぎ人生。

笑って、ごまかしごまかし。

「わたし、大したことないですよ」ってやりながら、
じつは、どっこいどっこい、
ひとりふたりくらいなら、
ずーんと重い人だって、抱えられる。

あははのは~。

それでも、それが「気兼ねライフ」だってことは、どこかで感じている。

もっと楽しい、明るい、ワクワクライフが、
ウキウキな世界があることも、知っている。

リミッターはめてるのは、自分自身だったりする。

狭い狭い、小さな箱に、
自分から入っていって、「ここから出られない」とか、云ってる。

「自分のエネルギー、コントロールできなくなったら、どうしよう」
「周りを巻き込んじゃう!!パニック!!!」
…みたいな。


ね、自分でも、ほんとはわかってる。


どうして、この星に生まれ落ちてきたんでしょうね。

思い出してみたいですね。

きっと、おぼえているはず。

心の奥の奥の、魂の底みたいなところで。



Tさんに捧げる、今日の歌↑。

いつもこの曲を聴いてると、
自分のテーマソングのように思ってるのですが、
Tさんにもぴったり。

「いまの自分を信じてみなよ
流れ星のやうな人生」


仏に逢うては仏を殺せ。
祖に逢うては祖を殺せ。
羅漢に逢うては羅漢を殺せ。
父母に逢うては父母を殺せ。
親眷に逢うては親眷殺せ。
始めて解脱を得ん。


…禅の言葉。

常識を、枠を、まずぶち壊そう。

自分ができないと思いこんでいること、
全部、端から、やってみる。

一番、自分を制限しているのは、
自分自身だったりする。




なにはともあれ、映画『悪人』観まーす(^^)/。

関連記事

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top