佐野洋子と、プレデターな日

数日前、たまたま早朝に教育テレビをつけていたら、
アニメ童話みたいな番組がやっていた。

絵本らしいタッチの画面で、
その絵や色使い、ゆったりとした間合いが、なんともよくて、
なんという童話か、じーっと最後までチェックした。

タイトルは『おじさんのかさ』だった。


あとで、調べてみたら、
佐野洋子の絵本で、
原作をそのままアニメーションに仕立てたものだった。

だから、イラストも佐野洋子のものだった。


おじさんのかさ (講談社の創作絵本)おじさんのかさ (講談社の創作絵本)
(1992/05/22)
佐野 洋子

商品詳細を見る



以前から、佐野洋子の絵が、好きだった。

本の表紙に書かれていると、思わず手に取ってしまう、独特の絵。

女性も、子供も、猫も。
なんともいえない、味わいがある。

シズコさん (新潮文庫)シズコさん (新潮文庫)
(2010/09/29)
佐野 洋子

商品詳細を見る


ただ、ちゃんと本は読んだことはなかった。

『百万回生きたねこ』も、一度簡単に読んだだけ。


数か月前に、彼女の対談本を初めて読んで、
この人の気質が、ユニークで、
辛口で、筋が通っていて、
でも、温かみがあるような、人間として魅力的な女性だな~と思った。

まだ生きてるのかと思ったら、2010年に亡くなっていたのね。
それにも、驚いた。


佐野洋子の絵や色づかいの、どこにじぶんが惹かれるのか。

もっと知りたくて、
今日も図書館で、本を数冊借りてきてみた。



帰り道に、電車を待っている間にも、早速一冊読んでみた。

『ふつうのくま』

ふつうのくまふつうのくま
(1994/11/16)
佐野 洋子

商品詳細を見る


なかよしの、くまと、ネズミがでてくる。

ネズミはチーズを食べれれば、いつでも、いまが幸せなんだけど、

くまは、そうではない・・・空を飛んで勇気あるくまになりたい・・・という話。

シンプルなんだけど、

読んでいくうちに、妙に共感してしまった。

ネズミの気持ちも、くまの気持ちも、よくわかる。



牛嶋浩美さんの絵本ワークショップに行ったとき、

わたしが絵本を作っていると、
「マリリンコさんは、いっぱい言葉をかきこむね~」って、
牛嶋さんにさりげなくいわれ、
じぶんでは、それが普通のつもりだったから、「え?」と驚いた。

牛嶋さんは、言葉はなるべくシンプルにしてるって、言っていた気がする。



それから、ふと、気づいたのは、
絵本ってのは、言葉よりも、
絵で、世界を想像させるものであって、絵の力がかなり大きいのだなと。


言葉がまだよくわからない子どもたちにも、
絵と、シンプルな言葉で、
十分伝わるようになっているものなのだ。


佐野洋子の絵本を、数冊ばーっと読んでみて思ったのは、
絶妙なストーリーテラーだな~ということ。

シンプルなストーリー、筋道、言葉で、
伝えたいことが、ガツンとこもっている。


それに、佐野洋子独特の世界観、人間観、人生観みたいなものが、
色濃くて、
大人の絵本だなって思った。


子どもも、もちろん読んで感動するけど、
「子ども相手」と思って、作っていないと、あらためて感じた。


佐野洋子は、絵だって、
子供や動物の顔は、決してかわいいわけではない。

猫の目は吊り上り、毛は逆立ち、猫らしい。

子どもの表情は豊かで、
ふてくされているもの、大口開けて馬鹿笑いのものもあるし、
どちらかといえば、
ぶさいく・・・?。

そのぶさいくなのが、
わたしには、なんとも、かわいいんだけど。

ようは、リアル。

写実という意味ではない。

人や動物の、内面がでた表情をとらえる、リアルさ。



そんな風に、今日はなかなかご機嫌で夕方を迎えたのですが、

なぜか、夕飯を作りながら、こんな映画DVDを見ていました。

エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD]エイリアンVS.プレデター 完全版 [DVD]
(2012/07/18)
サナ・レイサン、ラウル・ボヴァ 他

商品詳細を見る


SFも、かなり奥深し!

プレデター、わたしの宇宙人録のなかでも、結構お気に入りのキャラだ。

高度な知能と文明をもった、戦闘種族の宇宙人。かっちょいー。

・・・あ、エイリアンは、別ものね。
関連記事

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top