珍しく残業して、予定通りに進まない一日に、驚くばかり。

公園の池に、パンを投げ入れると、バアーっと鯉が群がって、あっという間に食べられちゃうように。

私がぶらぶら歩いていと、何かと、声をかけられたり、頼まれたり。

まあ、あの場所ではレアキャラだから、仕方ないのです。

でも、時間は無限ではないから、自分が自分に、リーダーシップをとらないと、消耗するし、必要なことに、必要なエネルギーを使えないという反省。

人にモテるというのは、どういうことだろう。

無意識にそれを求めて、期待に応え過ぎたり。

でも、この頃思うに、みんなに好かれなくっていいやってこと。

そういうのより、自分が好きなことに、自分の意識を向けていたい。
関連記事

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top