気晴らしに、鵠沼海岸へ。海でデトックス~。

昨日は、鵠沼海岸に行きました。

1月くらいから、ずっと海が見たくて、
海に行きたくて、うずうずしていたのです。

で、実現。

お天気がよくって、風もゆるかったので、
気持ちよく、砂浜でも過ごせました。

ベンチで、ひなたぼっこできそうなくらい。

kuge4
江の島が、くっきり。

kuge2
富士山もみえた~。
伊豆のほうまで、ずーっと見えていましたよ。

お日様があまりに気持ち良く、
波音のざぱ~んも、耳に心地よい。

光をキラキラさせながら、
渦をまいて、
打ち寄せる、
波をずっと目で追っているのも、気持ちいい。



kuge
砂をよくみると、
貝殻の粒子なのか、キラキラがいっぱい入っていた。

砂浜をあるきながら、ズボッと足がとられつつ、
ソフトな感触が、足裏に、なんとも気持ちいい。

あまりに、気持ちいいので、
砂を手ですくってみたら、あたたかく、ぬくもっていた。

で、ズボッと、砂山に手を突っ込んでみたり、
さらさら、表面の砂を集めたりして、遊んでみた。

めちゃ、気持ちよかった。

砂にうずもれて、砂風呂してみたかったが、さすがにやめといた。

海風にあたりながら、
お日様あびて、海を見ていたら、
たくさん、なにか抜けていった。

「あ~。一月も案外忙しかったし、
イスラム国騒ぎで、引っぱられてたし、
その間、変化もたっぷりで、結構溜まってたのね~」と気づいた。

日光浴も、すんごい効果的。
電磁波やら、ネット的なもの、マスメディア汚染的なものが、
どーんと抜けていく。

それと、海も、浄化力強い。
波がいいね、波が。
砂浜も、砂から地面へ、アースできますし。

その後は、
海岸沿いのモスカフェへ入店。

湘南の海のイメージに合わせたのか、
吹き抜けの天井で、おされ~な内装。

お子様連れ視点がちゃんとあって、
お子様用いす(ベルト付。ここ重要)があったり、
プラスチックの取り分け皿もあったり、
トイレにはオムツ用のビニール袋まで。

よいぞよいぞ~と思ったぞ。

メニューは、「カフェ」ですので、
モスの普通店舗とはちがう。

お食事メニューもあって、
タコライスやら、サラダやら、あった。

とびきりハンバーグが気になったが、
カフェ限定のメニューにしてみた。

mos1
わたしは、鶏とアボカドのわさびマヨネーズご飯。
ふつうに、味はまずくなく。
めちゃ美味しいってほどでもないけど、満足かな。

母は、エビとアボカドのサラダのような、名前のサラダを頼んでいた。
mos3
このサラダのほうが、パッとしてたな~。
ハムと、エビと、アボカドを一緒に食べると、メキシカンな味になっていた。

冬のモスの定番、玄米持ちのお汁粉を食べようと思ったら、
カフェなので、メニューにない!!
ぎゃふん!!

レジ前で、すごすご引き下がれず、カップケーキを注文。
mos2
紫芋のカップケーキ。

ファストフードにしては、見た目は繊細な加工。
お皿に乗ってるしね。

母に、「ドトールのケーキと、どっちがいい?」と聴かれた。

正直、「・・・ドトールかな」と答えてしまった私。

食べ物メニューはどうとしても、
海側は全面ガラスで解放感あるし、内装も素敵で、混み過ぎてないし、
立地は良いので、
平日に散歩してきて、のんびりお茶したり、軽く食べるのには、いいかもね。


鵠沼海岸って、小さいころに何回も連れてってもらってたらしいが
大人になってからはさほど立ち寄らなかった。
ドライブで通り過ぎる程度。

あらためて、立ち寄ってみて、
散策路も整備されていて、
ジョキングする人、散歩する人もいて、生活に溶け込んでいる感じが、すてきだった。

雰囲気は、日本の、アメリカ西海岸みたいなかんじ?。

千葉の海とも、沖縄の海とも、ちがう。

ちょっと惹かれた。
いつか、海の見えるところに、住んでみた~い。

色んな所へ行って、
じぶんの惹かれるものや好みに、その質感や違いに気づいていくのが、
とても面白い。
関連記事

テーマ:体と心と元気になること
ジャンル:心と身体

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top