光と風と水と。

ARTICLE PAGE

エネルギーは動いてる!正直さが、私の誠実。

author photo

ByMari

昨日は、月に一回のカウンセラー講座でした。

実習がメインなので、朝から夕方まで、みっちり、実習します。

なので、
体調がいまいちだと、集中できず、不完全燃焼。

心身ともに、コンディションが整っていることが大切と、学びました。

それにしても、クライアント役を何度もする経験をしてみて、
気づかされたことは、
こんなにカウンセリングって、
エネルギーへの働きかけがあるもんなんだな~ということ。

以前、ちゃんとした施設の相談室で、
カウンセリングを受ける経験があったのですが、
正直、事実確認や整理が多くて、
あまり心理的に変化していったり、
エネルギー的な強い影響力を感じることって、無かったです。

たぶん、それは、
実際的な問題解決型の相談になってしまっていたからかな、というのもあります。

カウンセリングを受けた後、話すことによる疲れを感じたのは、何度かあったけど。

じぶんの軸は以前と強くあったし、
エネルギーや情動の変化みたいなものを感じることは、あまりなかった。

そもそも、私の根っこには、
どこか、「(一般的な心理)カウンセリングって本当に効果あるのかな?」
という気持ちがあったのかも。

サイキックの人のセッションやカウンセリングを受ける経験のほうが多く、
その圧倒的な働きかけと、
うけとったメッセージやアドバイスから、
自分で判断して、行動して、対処していくのが、多かったから。

でもね~、
おもしろいですね。

わかりやすく、クレヤボヤンスとか、六感とか直感とか強い方ではなくとも、
たぶん、
そういう方法でカウンセリングをしていないとしても、
カウンセリングをする行為の中で、
エネルギーの働きかけ、
交流、循環ってものは、
確実に起こってますね。

スピリチュアル系のイベントやワークショップ、
個人セッション、グループセッションにも、何度か経験してて、
そのときの影響力やエネルギーみたいなものを、
感じることがあった。

それと同じように、カウンセラー講座で、
グループでワークをしたり、セッションをしていると、
とてもエネルギーの働きかけを感じる。
動いたり、流れたりしているのを、感じる。

わたしたちがやっている方法は、あくまで、
心理学で、実証されている方法です。

ようは、サイキックが、
「エネルギー送ってる~」とか、
「働きかけてる~」とかではなくとも!

エネルギーは、動いている。

この経験を通じて、
私が思うには、
サイキックの人たちが、よく云っているように、
人間にはそもそも、
誰しもに、直感やサイキック能力ってものがあり、
日常のいろんな場面で、エネルギーを使っているのだな、と。

ただそれを使っているかどうか、
本人が、自覚していないだけなのだろう。

特別ななにかでなくとも、
ちゃんと相手をうけとめて、境界線をもち、客観的で、無条件の愛の態度を実践できれば、
ポジティブな場を、
ポジティブなエネルギーのかかわりを、作れるってことだとおもう。



昨日、一日を通して、
じぶん自身について気づいたことの一つ。

わたしは、複雑なようで、
自分が思っている以上に、原始人並みに、
シンプル、
竹を割ったようなところがあるのかもしれない。

ある程度まで、相手に合わせて、
柔軟に創意工夫できるけれども、
根は、
まわりくどいことが、きらい。

良いことは良い、
悪いことは悪い。

それは、ずっといわれてきたこと。
おじいさん、おばあさんに、
小さい時から云われた、ごくごく単純なこと。

正直でありなさい。

嘘をついてはいけません。

悪いことをしてしまったら、認めて、謝りなさい。

良いことをしてもらったら、感謝して、ありがとうといいなさい。

好きなら好きと伝え、褒める。

嫌だったら嫌だと伝え、どうして嫌なのか、伝える。

ごく単純なこと。

でも、大人になると、
わかりきった嘘をついたり、
自分を隠したりごまかしたりするために、
つく嘘もある。

正直ではない、ということ。

大人だから、それが感じられても、干渉することはなかった。

それはその人の問題だからだ。

人間だれしも弱いところがあり、言い分もあり、
だから見逃してよ、見逃すのが優しさだよ、
と考える人もいるかもしれない。

相手に嫌われたくない、
好かれたい、いいかっこしたい。

だから、相手の耳に心地よいことしか言わない関係性もあるだろう。

しかし、わたしが考える、ほんとうの人間関係はそうではない。

なので、そういうのが好きな人、
そういう関係性を求める人には、しんどいのかもしれない。

わたしは、正直に伝えたい事、伝えたほうがいいことは、云う。

云う、強さがある。
それを引き受ける勇気もある。

どう思われてもいいから、
それが大切だとおもえば、伝える。

正直さが、わたしの誠実。

これを変えたり、
誰かに合わせたりすることは、出来ないと思う。

浅いつきあいならば、曖昧に合わせられるけど。

相手に対する尊重、思いやり、深い理解と愛情。

それが、どういうものなのか。

最近、よくかんがえる。
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply