高校時代の仲間とランチ。『円空・木喰展』へ行ってきた。

今日は、高校時代の部活仲間と、再会。

プチ同窓会で、横浜・崎陽軒のレストラン、「イル・サッジオ」に行ってきました。

ひさしぶりに会う、なかま。

聴いてみたら、どうやら5年ぶりくらいでしょうか。

それぞれの環境や状況は異なるけれども、
基本ベースは、やっぱりあまり変わっていなくて、
そこにホッとする。

ああ、ああ、そうそう、
このかんじ!って感じ。

この友達たちは、ふしぎに、
高校時代、いつも五人で動いてた。

偶数ではなく、奇数ってところも、おもしろい。

誰かが、誰かとだけ特に仲良いとかもなく、
まんべんなく、
それぞれのひとが、
少しずつそれぞれの人と重なる部分があり、
違う部分もありで、
おもしろくフォローしあって、仲間だった気がする。

そして、誰が中心とか、そういうこともない。

わたしも、気楽に、
その仲間の円のなかにいて、
じぶんらしく、好きなように、させてもらっていた。

いまとなっては、それが、わかる。

lunch1
前菜、生ハムはおいしかったぞ~。黒こしょうが効いて。
発泡性ワインと合いました。

lunch2
パルミジャーノチーズ風味のジャガイモのスフレ。
質感はざらざら、チーズ部分で底上げ。

lunch3
はまぐりと新たまねぎのポタージュ。こっくりとしている。

lunch4
メインディッシュは、健美鶏 春野菜添え オレンジ風味のバルサミコソース
肉に、柑橘系のソースって合うんだね、とだんだん学んでくる。
肉はやわらかで、さっぱり。
でも、もうちょい、オレンジと酸味が効いててもいいか
フレッシュなパンチがほしい。
飾りみたいな、プチトマトのオーブン焼きみたいなのが、美味しかった。

デザートも、ぼちぼち。
パスタも、ぼちぼち。

味覚も、だんだん、自分の好みがいろいろ出てくると、
それなり感覚が出てくるので、おもしろい。

全体として、こういう場所で、こういう値段で、満足ライン。
だけど、もっと美味しいものを知ってしまっているので、
「感動」はしない、といった感じ。

「なんだろうね~、感動って・・・」
ってのが、
わたしの最近のもっぱらの興味。

こころ、揺れ動かされる。
吸い込まれる。
魅せられる。
ふわ~っと包まれる。
しーんと清められる。

いろんな感動があるのだけど、
その質感、感触は、
その出会ったものによって、ぜんぜんちがう。

どうやって発生するのかな~?

エネルギーのちがい?・・・それもある気がする。

それを、ずーっと追っていきたい。

お口直しではないけれど、友達と解散した後、
そごう美術館で開催中の、『円空・木喰展』
にひとり、行ってきました。

ennkuu

入口入った途端、正面に、
大きめの、円空の観音像。

わたしたちを出迎えるかのような、すうっとした姿。

円空、木喰って、
どこかで見知っていた。

たぶん、白洲正子展とか、柳宗悦展とかでちょこっと見てたのかな。

ぎゅっと一堂に会している仏像たちを見て、
すごい濃いものを感じた。

説明ぬきに、仏像にむきあって、
じぶんの率直な感じを、あじわってみた。

円空で、とくに気になったのは、木端仏。

木端片に、
そのまま仏を、シンプルに彫っている。

彫っているというより、
顔を付けただけ?というのもある。
それでも、すごい存在感。

その究極形が、
どこかの田舎のお寺の厨子から発見されたという、
1024体の千面菩薩。

ちびた鉛筆の先みたいな、
小さな、小さな、木彫りの仏像が、何体も何体も。

この人にとっては、いろんなものが、
すべて神に繋がっているというか、
神にみえちゃうくらいの感じだったのだろうな、と思った。

小さな仏、ひとつひとつが、
小さな念仏のつぶやきだった。

ぶつぶつ、ふつふつ、わいてくるような。

つぶやくたび、一つ彫る・・・その無限のくりかえし。

そんな素朴さ。

吸う息、吐く息、
呼吸とともに、仏を彫り、作ってしまう。

展覧会のサブタイトルが、
『微笑みにこめられた祈り』
だったのだけど、
じっくり見ていく中で、なるほどな~と、じわじわ感じる。

作品の大きい、小さいは問題ではなく、
単純に、エネルギーなんだな。

現代では、美術品として、こうやって飾られるけど、
そもそもが、
信仰のために造られたもの、というもの、大きいのだとおもう。

信仰がなくとも、
美が、芸術が、かぎりなく崇高な力をもつ場合もある。
それはそれで、また別の機会に、考えてみたい。

後半、木喰の仏像をみて、
その円満な顔に、
なんとも、癒された。

擬音語でいえば、
「てりてり」。

なぜか、もう、
てりてり、という言葉しか、出てこなかった。前半(笑)。

「てりたま」とか。

「まるまるっと」とか。


この殺伐とした世に、
これ以上ないほどの、円満具足の顔。

この仏像たちと向き合ってると、
完全、別空間になっていく。


とくに気になったのは、
子安観音像。

マリア像やマリア観音を思わせる、
小首をかしげた風情に、ぜんぜんあか抜けていない丸顔ってのが、
なんとも胸に温かく迫る。

作った人の、愛情、ぬくもり、慈愛が伝わってきた。

でも、この木喰っておじさん、
なかなか、タダモノじゃないってのは、
その自像を見れば、わかる。

この笑みの中に深い深いものがある。

優美な観音像や菩薩像が、まあ、代表作なのだろうけど。

意外に、惹きつけられたのが、十王尊という、
ずら~っと勇ましい顔や、笑顔や、
表情の異なる神さまがならんだものだった。

十王尊というのは、地獄の神さまたち。

亡者の審判を行う。
ウィキペディア:十王

それに閻魔さまや、鬼、奪衣婆がついて、
ど真ん中の、高い位置に、
木食上人の像がある。

このずらっと並んだ、十王。

丸い笑顔のひともいれば、鬼みたいな人もいて、
みんな帽子をかぶっている。

こちらを見抜いて、みんなで審判している。

「嘘やごまかしは、通じないんですね」

わたしの裏も表も、すべて見られている感じがした。

人間が人間にする「裁く」ってのとは、隔絶した感覚。

でも、それで不安・恐怖するより、
ありのままの私を、分かってもらえている、ふしぎな感じがした。

私がここのところ、ずっとモヤモヤしていたことに、
一つの答えだったのかも。

天に照らし合わせて、
じぶんのすべきこと、
じぶんが良いと思ったことを、すればいいんだな、と。

そんなこんなで、今日はたっぷり、自分に与えた気分。

今朝のライフアファメーションカードで、
「美しいものに触れ、美しさの中に自分を置きます」
とあったけど、
ほんとぴったりな、一日になりました。






関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top