私にできることリスト。真実の花。

「わたしにできることリスト」

を作って、

思いつく限りに、

できることから、やってます。


そうやってると、

「ああ、わたしって、結構いろいろできるじゃん」って思って、

そのリストを一つ実行したり、着工したり、進めたりするたび、

達成感。

プチ自信で、自信ゲージをアップさせる。


その「できること」ってのは、

今までしていなかったけど、やろうと思えば、できること。

「すこし、動けば、できること」のレベルが半分以上で、

あとは「すこし長いスパンで、数か月~一年くらいで、達成できるだろう」ってことなど、

いろいろなものがある。





「できる」ってのは、

これまでの自分の能力・才能を棚卸しする系の「できる」ではなく、

選択肢や、「選べる」ってこと。

こんな行動もできるし、

このサービスも受けられるよとか、そういうの。



中には、資金的にも時間的にも、
やろうと思えばできるけれども、

勇気がない、
踏み切れない、
なんとなく気が引ける、などで、
やってこなかった選択肢もある。

思えば、
そうやって、選ばないで、
直面せずに生きてきたことって、結構あるんだろな~。


「じぶんのために、生きる」って、

案外むずかしいのですね。


みんなたぶん、

「わたしは、じぶんのために、生きてるよ」って思ってても、

厳密に観察してみると、

純度でいえば、

他人のためや、家族のため、なにかのため、というパーセンテージが大きいことも、

多いんじゃないかな。



毎日、少しずつ前進。

なんだか、新鮮な毎日である。

世界が裏返るようなくらいに、ね(笑)。

正直、感覚としては、気持ちいいことばかりでもないが、

真・善・美のなかの、

真を知る、喜びかもしれない。

たとえ表面上、うつくしかったり、優美だったりしても、
それが真実の根から咲いた花ではなかったら、
本当のことを知ったとき、
ショックだし、
そんな美しさは長続きしない、
いつか偽物だと発覚してしまう。

真実は、
人間のエゴからみたら、
最初、苦々しかったり、苦痛を伴うものかもしれない。

だけど、
それは産みの苦しみとか、
病気を治すときに必要な、外科的な手術や処置のように、
その人のために、必要なことなんだとおもう。


人からみたら、世間からみたら、
ちょっと引いちゃうくらいの大変な状況でも、
じぶんが、自分をちゃんと信じて、
光を見て、光の方向へ歩いていれば、
それが自分の道。


じぶんで、ちゃんと、向き合う、
底上げしていくってことも大切。

他人が、この作業を、代わってあげることは、できないのだ。

そう、自分が取り組みながら、感じている。


さてはて~、
そんなこんなでも、4月から、新しい活動やチャレンジなども、温めております。

4月は、個人の対面カウンセリングをやってみようかと思っていたのですが、
もしかすると、加えて、
4月以降、天然石の手作り雑貨を、
地元のとある場所の、レンタルボックスで、展示・販売するやもしれません。

これも、とある方の、ちょっとした一言が、励みになっていたりして。

Aさん、ありがとう。

Aさんのストラップ、落ち着いたら、ゆっくり心をこめて、作りますね~。

春、うらら~は、
すぐそこまで??

ウドのきんぴらを食べながら、
気を養っております。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top