光と風と水と。

ARTICLE PAGE

こんな想いから、企画は始まりました。

author photo

ByMari

ご褒美会にむけて、
連絡をほうぼうにしつつ、
なんとか、こなしております~。

ここまで、来れたこと。

企画を思いついた、昨年の7月には、
とてもとても思いつかない状況。

よくここまで、来れたな~と思います。

客観的な状況や、
この半年の経験、やってきたこと。

ご褒美会のなかみ、エネルギー、こめられた想い。

しみじみと感じている。

ああ、よかったな~。

なによりも、わたしにとっても、ごほうびな会となりそうです。

今日は、ずっと、
なんとなく恥ずかしくてアップしてなかった、
のんさんと知名さんへ、初めてメールで企画を提案したときの、
文面を、
みなさんにもシェアしようと思います。

ご褒美会を企画したときのk、この意図やイメージから、
さらに膨らんだり、
質もかなり進化している、ごほうび会。


企画者として、一番最初の想いは、
こんなところから、始まりました。



***************

(この文面は、昨夏の、のんさんのお食事会の後、
お食事会の感想と一緒に送らせていただきました)。



ごはん会でお話した、妄想?わたしのドリーム企画のことで、ご相談。

のんさんと知名さんのコラボイベント。

ごはん会のあと、いろいろまた考えてみて、形にできるんじゃないかと、
そればかり頭をよぎって離れません。

どうせなるやら、みんなが嬉しい、喜びのある、良いものにしたいという気持ちもあり。

きちんと企画書を作成し、近々、のんさんと知名さんに見せしたいと思います。

それを見ていただいて、よかったら、よろしくお願いします。

すでに、のんさん自身が独自で企画、開催していらっしゃるので、それで十分だと思うのですが、
さらにもっと多くの人に、のんさんのお料理やエネルギー、あの感動に触れてほしいというのと、
のんさんと知名さんでコラボするからこそ、
のコンセプトを打ち出して、
イベント全体でそのエネルギーをシェアし、流れを作り上げるってのを、
やってみたいなと思ってます。

いま思っているのは、
新しい時代に、はばたく女性たちのための、キラキラな感じのイベント。

プチっとした喜び、楽しさ、女子的要素を入れ、明るく、ぴちぴち、すこしほっこり・・の感じがいいかな、と。

それぞれの場所でエネルギーを広げ、活躍している女性たちが、
その日は集まってきて、
経験をシェアしたり、お話したり、仲間とつながったり。

先日のごはん会もそうですが、アンテナが高くて、目覚めつつある女性たちは、
結構、俗世?現実の社会では、
ハードで、がんばってると思うんですよね、感受性が豊かなだけあって。

そして、これからは、そんな目覚めた女性たちが、
各人で、さらに新しい経験や才能を広げていくんじゃないかな、
と思うんです。

そんな女性たちにむけて、イベントを作りたいな、と思ってます。

のんさんのご飯やデザートは、そんな女性たちへの”ご褒美”として、
魂、ハートを癒す、”自分を愛する”心を満たすものになると思うんです。
翼を休めて、ほっとするような。
日常とは微妙にちがう、特別な経験として、心も体も満たされつつ、
また新しい目を開く、ひとときになります。

知名さんにも、”これから活躍する(したい)女性たちへのメッセージ”といった感じで、
なにが大切か、お話しを聴いてみたいな~と思ってます。


・・・と、すでに妄想は固まりつつあるのですが(笑)、
また、動き出したら、
のんさんと知名さんと相談するなかで、いろいろアドバイスいただいて、
さらに形作っていきたいとおもってます。

またアイディアややりたいことがありましたら、教えてください。

よろしくお願いします(^^)/。

***********
関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply