”Rude”な気分と、記憶の再生。そして、歌の翼に。

今日は、アパートへ行きました。

わたしの荷物をまとめて、実家に運ぶために。

本が3箱ほど、
服が、45Lのゴミ袋で、8袋くらいかな。

思ったより荷物は少なかった。

片づけながら、ずっと、この曲が流れてた~。



なんでだろうね?

歌詞は、私の現況と、真逆なのだが。

とにかく、このレゲエのリズムの抜け感といい、
”Rude”な気分が、なんとなく私に合ってたんだろうな~。

片づけていたら、
妊娠中に、私が心情を書きつけたノートとか、
同棲始めたばかりのころの、レシート帳がみつかったり。

いろんな記憶が、蘇った。

これは、持って帰る(必要)、
持って帰らない(不用)ってのも、
判断してたら、
いろんなことが見えてきたデス。

いまおもえば、「物を片づける=捨てる」って、
ひとつのワークなのかもね。

自分に、いま必要なものと、
不必要なものと、意識化する作業。

実家に持って帰ってきたものも、
また精査して、
身の回りを、軽くするつもり。


すべては、結構「過去」になってしまっているので、
あんまり、動揺したりしないけど、
部屋を片付けてたら、
今はさらに冷静にふりかえれて、
「悲惨な時間も、多かったな~」って自覚した。

楽しい記憶もあったような気がするけど、
辛い記憶のほうが、多い気がする。

妊娠中も、子どもがまだ0歳児だったころも、
寝室に早く戻って、
寝るまで、暗い部屋で一人泣いたりしてた記憶が、何度もあって、
片づけていたら、そんなことも思い出した。

そして記憶の再生を、
眺めている、客観的なわたし。

そのとき、ちゃんと自分をわかってあげられなかったから、
いまのわたしは、
ごめんね、もういいんだよって思って、
もうくりかえさないし、
ごめんねって思って、ただそれだけだ。


”Rude”のサビの部分が、特にフィットする。

Why you gotta be so rude?
Don't you know I'm human too?

曲の歌詞中では、
恋人の父親にむけて、男性が歌っているけど、
わたしにとっちゃ、夫に対しての気持ちなんだろな。

純粋な気持ちや想いを、
むげにふみにじって平気な人ってのも、世の中にはいるんだと、
レゲエ調で歌うような気分。


ああ、でも、もしかして、
わたしの純粋さや本当の気持ちを、
ふみにじられるままに、最悪の状態を放置してたのは、
わたし自身でもあるので、
そんな自分を受け止めて、自分をも許すってことかも。

そこから癒していく、ってことなんだと思ってる。

最近思うのですが、
放置されていた記憶の再生って、けっこう根深いな~と。

記憶に「いい・悪い」はないのだから、
「暗いよ~重いよ~、だから見たくない」
ってことでも、
とにかく感情のブロックとか、記憶の傷みたいなものを、
じぶんなりに癒す、解放する、終わらせるツールってのは、必要だなあと。

ホ・オポノポノでもいいし。
なんでもいいんだけど。

のんさんが、
「こころとからだの会」を今度開かれる。
じぶん一人じゃ、どうしてもダメで、ずっと想いを引きずってる場合など、
人に助けてもらったり、教えてもらったり、
みんなでやったりすることで、ポンッと前に進めたりすることも、あると思う。

なんでも、いいので、
とりあえず、一番できそうなことから、トライしていくのが、一番。

そして、そんな作業中でも、
楽しいこと、ささやかな喜びを、たくさんじぶんに与えよう。

楽しみも、悲しみも、
辛抱づよく、忍耐づよく、じぶんに付き合うこと。

じぶんの子どもにするかのように、愛情ぶかく、忍耐づよく。

けっこう、体力、気力がいるから、
たっぷり支えてあげて、ね。


歌や音楽のエネルギーの強さを最近自覚したので、
お口直しに、
この映像を引用しておきます。



この女の子の歌声、歌唱、とても好き。

高い高い、優美な響き。

美しいものにひたってから、一日を終えよう。

歌の翼にのって。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★【スピ旅】新緑の大雄山で深呼吸♪すっきり森林浴ツアー★
早速、数名、お申込みいただいてます。
ツアーのイメージも、リアルにふくらんできました♪。
参加者さんの雰囲気で、カラーが生まれていきそうな企画です。
企画者自身が、ワクワクしてます(笑)行く気満々。

★4月25日『直感カウンセリング 個人セッション』★
も、まだ空席あります~。
語り合いましょ~♪。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

CREDIT

top