庭のハーブの成長状況。ぬか漬け、始めました。

暖かい陽気に励まされてか、
四月上旬に植えた、
ハーブ苗たちが、ぐんぐん成長中。

harb1

「ハーブを育てるのは苦手」って意識があったのだけど、
それを払しょくしてくれた。

ありがとう。

コリアンダー(香草・パクチー)も、ディルも、デリケートそうに思っていたけど、
思いがけず、強いね~。

harb2
初めて見た、コリアンダーのお花。
かれんな小さな花。

じぶんで育ててみると、こんな楽しみや、気づきがある。

スーパーで買ってきたら、お花がどんなか、
どの段階で、葉っぱを収穫していいかまで、わからないもの。

葉っぱも、最初はチリチリ、糸みたいに小さいので、
ある程度、成長してから、使わせてもらうのが、いいようだと、分かってきた。

お花も、「ま、大丈夫だろう」って思って、食べちゃった。

パクチーは、ちょいちょい活用していたのですが、
ディルに関しては、ちょっと成長を待っていた。

今日、お水をあげるとき見たら、けっこう伸びてきたので、
夕飯のサーモンの刺身に、ソースを作ってかけてみようとおもい、
すこし、収穫。

dhiru

茎の香りをかぐと、レモンのような、すっとしたあのいい匂い。
そうそう、これこれって、思った。

ちょっと調べてみたら、ディルは、鎮静作用もあるとのこと。
いまの私にぴったりかな?。

そうそう、数日前から、
ぬかを買ってきて、
糠床を仕込み始めました。

佐藤初女さんの本を読み直してたら、
漬物が、もっとも生物多様性に近い食べ物だってお話と、
初女さんが漬物をつけているときの気持ちなどが、書いてあった。

それをよんだら、なるほどな~と感心して、
漬物をつけたくなったのでした。

じつは、ぬか漬けも、
二年ほど前に、挑戦した経験がある。

きっかけは、知名さんのセッションでの、

「あなた、手で何かするのが、いいね。
ぬか漬けとか、合っているよ~」との一言。

ずーっとやってみたくて、
実家暮らしの冷蔵庫では、母に邪魔そうに言われて、できず、
実家を出たときに、やっとアパートで糠床を作った。

しかし、その頃、体調を崩して、実家に戻っている期間が何度もあって、
アパートの冷蔵庫にある糠床をかき混ぜる暇がなく、
世話できなくて、ダメになっちゃって。

でも、また漬けてみたい気持ちもあった。

そして、今回、また再挑戦。

糠床も、呼吸しているらしく、
暖かい日に、ふたをあけると、
中に蒸気がついていたりする。

糠床をひっくりかえして、こねくり回しているときの、
あの感触が、なんとも癒されるんだな~。

子どもも、ぬか漬けが好きなようで、
浅く漬かった小キュウリなどをあげたら、パクパク食べていた。

これから、この糠床が、どう変化していくのかが、楽しみだ~♪。

今夜は、茄子を漬ける予定。

そんな私も、
今日も朝からてんてこ舞いで、
子どもが保育園に行っている間の、三時間で、
区役所に電話したり、仕事先に電話して書類を頼んだりで、
慌ただしかった。

でも、ふしぎですね~。

期待を手放して、
素直に、正直に、謙虚に動いてみると、
必要なことは、ちゃんと協力してくれる人がいて、
ちゃんと間に合うような、流れになっている。

これは、念力なのか、情熱なのか、運なのか、引き寄せなのか・・・なーんて思うほど。

最近、念力と、祈り、運みたなものについて、考えることが、よくある。

わたしとしては、
神さまに感謝。
そして、快く協力してくれた方、
問い合わせ電話に、気持ちよく答えてくれた方たちに、感謝。

人間の目から見たら、一見大変そうで、キュウキュウでも、
天からみたら、宇宙かたみたら、
ガイドからみたら、
粛々と、進んで行っているだけのこと、なのかもしれないね。

書きたいことはいっぱいあるけど、
きょうはここまで。


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top