闇と光の物語。指輪を捨てる、旅に出ます。

飛騨高山の旅レポート、
もりもりっと書きたいところなんですが、
今、しばし、お待ちを~(^_^;)。

旅から帰ってきてから

いろんなものが、来迎?していて、

いろいろ気づくこと、思うこと、
学ばされること、教えられること、
たっぷりで、
情報量が多い~。

どう、それをまとめてよいのやら~な気持ちです。

そんな中、今日、ひとつ、
いまのじぶんの状況を、譬えるイメージを、
思いつきました。

やっぱり、
『指輪物語』
「ロード・オブ・ザ・リング」の、
フロド。

「わたし、べつに指輪を持ってないし、何にも追われていないし~」と思っていた。

だけど、
うーん・・・
そうかな~って。

じぶんの黒いところ、重いところ、闇みたいなもの。

というか、

じぶんの使命?宿命?

業のようなもの。

因縁のようなもの。

あの物語の主人公にとって、
指輪はそんなものの、象徴でもある。

魔王の作った、
魔力をはなつ指輪を、
とにかく、
マグマの煮えたぎる山へ運び、
永遠に消滅させること。

それが、フロドの仕事であり、宿命であり、使命だった。

そのための旅だった。

それと同じくらいの想いと、
その過程の難しさと、大変さと困難と、
指輪の魔力と、それが引き寄せる何かと戦いながら、
一方で、
お導きと、気づきと、
愛と友情、励ましに支えられながら、
わたしは、たぶん、その山の火口まで行って、
指輪を投げ捨てると思う。

そんな、心境。

そんな決意と覚悟を、いま、抱いてます。


昨日会った友達に、

「Mariさんの中にも、光と、闇が、あるんですね~」と一言いわれ、

とても目から鱗だったのです。

正直、一瞬、ぱぷ~ん???だったのです。

ああ、でもすぐ、
うん、そうかもな~なんて。

闇って、
わかりやすい闇だけじゃないのですな。

闇って、
「心の闇」とかいうけど。

人を助けるつもりが、
カルマ積んでたり、
自分をいじめたり、殺したり、
人を支配したり、依存させたり、
結果、闇とか、黒、重さ・・・ってこともあるんだなと。

よくよく、ありのままの自分をみつめてみれば、
決して、きれいだけじゃない感情が、
おどろおどろしく、
渦巻いてたりもしますな。

それを見て見ぬふりして、
ないよって顔して、
「わたしは光だ~」って思っているのもいいんだけど。

それじゃあ、この無限ループからは抜け出せないのだと、
なんだか、
思った・・・。気づいた。

闇も、
じぶんのなかにあるとおもったら、
あんまり怖くないなというか。

「どっちもあって、人間なんだ」
って、思ったら、
すこしまた、ちがう角度が見えてきた気がする。

まだまだ未熟なので、バランスが難しいけど、
闇に飲み込まれずして、
じぶんの闇に気づき、うけとめて、
よくよくみつめて、
そこに光をそそぐイメージというか。

闇の中にいるじぶんは、
本人が解放してあげるしか、
誰も助けられない、というか。

以前にも書いたけど、
いろんな物語、ストーリー、ドラマって、
みな、光と闇、白と黒を描いているんだね。

主人公は、もちろん、「正義」だから、
光、白の側が多いし、
一見すると、そうだろっておもう。

でもね、おもしろいのは、
その白も、
完全に白じゃないんだよね。

『ハリー・ポッター』のハリーも、
闇の魔法使い・ヴォルデモートの呪いで、ひたいに傷があって、
ときどき、ずきずきする。

でも、それと戦っている。

『ロード・オブ・ザ・リング』の、
フロドも、
闇の存在に剣で刺された傷が、闇の接近でうずくし、
精神的に、指輪の影響を常に受けながら、
旅をしていた。

『スター・ウオーズ』の、
アナキン・スカイウオーカーは、どうだろう。
かれも結局、強大な潜在能力をもつジェダイでありながら、
自分のこころの闇、
ダークサイドと、ライトなところで、葛藤していた。

自分の闇との闘い、葛藤、克服が、
主人公をさらに強くするし、
なにが大切か、なにが尊いのかを、
学ばせ、教えてくれる。

それがあるから、主人公も成長するんだな。



おもしろいもので、
必死こいて、しがみついて、
うんうん、うなりながら、
「変わります、お願いします、教えてください、」みたいに、
心を入れ替えてみると、
少しずつ、流れがまた変わって、
おもしろいくらいに、サインやメッセージがキャッチできる。

素直にそれを受け止めながら、
蟻の如く、
コツコツ動こう。

「犀の角のようにただ独り歩め」

以前読んだ、そんな言葉も、思い出した。


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top