【魂旅】大雄山ツアー ~2~ 小田原ワッショイ♪祝福の、海の幸グルメ♪

なんだか、山で、抜けきったのか。

小田原に向かうバス、電車の中では、お二人は寝たり、
あと、これからしたい、やりたいことの話をしたり、
またモードが変わったね。

小田原ついた頃には、
完全に、歓楽モード。

喉乾いた~(゜o゜)
ビールビール~♪♪

その前に、小田原といえば、かまぼこでしょ~って、
駅前鈴廣へ。

鈴廣のよいところは、
試食が、じつに気前良い。

気前良いのに、美味しいので、
絶対買いたくなっちゃう。

昔からの、鈴廣の接客スタイルよね~ん。

そこから歩いて五分くらいの、
「オサカナキュイジーヌ・リョウ」で、
海の幸グルメ会、
いざ開催~♪。

人気店とは、食べログの前情報で知っていたけど、
ほんと、美味しかった~。

感動でした。

のんさん、教えてくれて、ありがとう(^^)/。

まず、刺身が新鮮だ~!!!
ryo5
貴重な深海魚やら、あぶった美味しい白身だの、マグロだの、
盛り合わせ~。
どれも、ほんと美味しい、脂がのってて、身もしまってる。

このあと、金目鯛の刺身も。
kinme
トロみ、あぶらみ、すっきりと、バランスの良さ。
旨かった~。

ryo1
カニと山芋のノリ巻き揚げみたいなの。
もちもち、ふわふわ、見た目より断然美味しい。

ryo2
桜エビのかき揚も、やはり予想よりうまい。
玉葱との絶妙バランスで、サクサク芳ばし。

ryo3
湘南しらすたっぷり、厚焼き玉子~。
大根おろしに、ショウガが入ってて、美味しいのです。

そして、なによりもの感動だったのが、
メニューに、ただ、
「ホタルイカ」(カルパッチョ/酢味噌)とだけ、
書かれていた、
ホタルイカ・・・。

出てきてみたら、
ドーン!!
ryo4
黄金の皿に、みごとに盛り付けられてる。
おしゃれ~きれい~気分があがる~。

その上・・・味がね~、
もう、美味しいのです。

「ホタルイカ、小鉢にドサッとか、大量に入れちゃいけないのです!!!!!」
と叫びたくなるくらいに。

一匹ずつ食べた瞬間、
ふわっと口の中に広がる、濃厚なミソと海の味。
酢の酸味がちょうどよくってね。
もう、
味わって、一つずつゆっくりしか食べられないよ、こういうのはって思いました。

見事でした。

そして、なにより、すごかったのは、
あの方に、初めてお会いしました。

ryo6
こちら、
「獺祭」でございます。

獺祭・さま
といっても過言ではないくらいに、
もはや幻の酒となっている、
あの、獺祭さまでございます。

カンブリア宮殿で、
このお酒が開発されるまでのストーリーを、
社長さんが語るのを、がっちり見ていた、わたくし。

獺祭様のことは、存じ上げておりました。

そして、地元の酒店でも、
なぜか「獺祭はおいてません」などと、
入口にわざわざ張り紙がされているのを拝見し、
「そこまで!!」とおもい、
そのお噂は、かねがね聞き知っておりましたのです。

こんなタイミングでお会いできるとは、
本当に感激至極でございました。


獺祭様がテーブルに届くまで、
Rさんが獺祭様を探して、お店の人に聞いた話や、
Rさんと獺祭様との初めての出会いの話などを伺い、
さらに期待と緊張が・・・・(笑)。


そして、テーブルにお銚子とおちょこが届き、
一口いただいたのです。

いろんな日本酒を、いただいて、
「日本酒って美味しいのね」と最近しみじみ思っていたのですが、
日本酒でも、こんなに味の個性が違うのかと、
本当に感動しました。

イメージで行くと、

空中から、金や銀や花びらやラメや、
明るい光や風と共に、
くるくる舞い飛ぶ、天上世界、

天女たちの管弦楽が、空から降りてきたみたいな。

口に入れた瞬間、
繊細で美しく、華やかな何かがいっぱい広がって、
すっと消える。
後口は引かない。

今まで飲んだことないような味の、お酒。

ほんと幸運だし、ありがたい!
幸せだわ~って思った。

獺祭様の祝福にも、
受け取るものが大きかったです。

祝福を感じましたよ。

RさんとYさんと、
今回三人で大雄山を回って、海の幸グルメまで食べたっていう、
それもそれで、とてもご縁を感じ、ありがたかった~。
ありがとう!

気の置けない、オープンな仲間と、
すごす、食べる、話すことが、
こんなにも元気になることなんだね。

あらためてね。再確認。

小田原、オサカナキュイジーヌ・リョウで、
完全、
なんか、楽しい、嬉しい、ワクワクのほうよね~って感じだったよね、もう。

てか、根のカラーが、そうだから、そもそも・・・そうだしね。

美しいもの、
楽しいもの、かわいいもの、きれいなもの、
ワクワク、楽しいこと。

そういう方向で、
これからも、やっていくよ~。

スピ旅、
また企画します~。

「うれしい、たのしい、大好き♪」な企画を☆彡。



関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top