サクッと、遷宮。

七月に入り、また気分が変わってきたので、
テンプレートを変えてみました~(^^)/。

さくさくっと、その時の気分で、思ったようにやろうって気分です。

一週間前のじぶんと、
一か月前のじぶんと、
三か月前のじぶん。

半年前、
一年前・・・・と、

ふりかえると、

同じじゃないな~って思う。

まるきり同じじゃなくて、
けっこう、変わってるよなって思って、びっくり。

よ~しよ~し、
前進しているぞ~と。認める気持ち。




昨日は、ひさしぶりに本棚を整理していて、
蝶々さんの本をぱらぱら~っとめくっていて、
驚いた。


蝶々さんて、
けっこう、パワフル系だな!!

てか、強烈~(笑)。

彼女をめちゃ惹かれて、大好きになる人、必要とする人と、

まったく、理解できない・・・むしろ拒絶反応の人とか
・・・いるんではないか?(笑)と思った。


OLやりながら、銀座でホステスをしている経験を
ブログでアップして、最初は小悪魔流としてブレイクした彼女。

どんどん変化して、
講演会やファンクラブで、
いまは「光☆彡」なものをシェアしている。

ず~っと割合、彼女のことが好きで、彼女のファンをしてきていたけど、
あらためて、
ちょっと前の、ブログを書籍化した本をぱらぱら見てみたら、
彼女に集まってくる人、引き寄せられる人、起こる出来事とか、みんなすんごいよね。

そんで、「どれだけ、動いてるの?!」って感じの、
はげしい動き&関わり方だよね。

スポーツみたい(笑)。

あの、華奢できれいで、線の細いお姉さんの外見のイメージが、
どうも先行して、
「キラキラ女子好きな蝶々さん」って、わたしも先入観があったんだな~。

いま、客観的になったせいか、
蝶々さんはぴちぴちキラキラ系だが、
本質を観察すると、
かなり強烈で、あくがつよく、パワフルな人だと、わかった。

たおやめだけど、かなりパワフルだし、強烈。

並みの人じゃ、相手にできないと思う。

おもしろい~。

エネルギーが大きい人の典型の一つだと思う。

島根に行ってから、
神道に興味が出てきて、
またあらためて、蝶々さんの本も読み直したりしている。

本屋さんに行ったら、蝶々さんの新刊もたまたま見つけ、
早速買ってみた。


前回、「火の一回性」について書いたけど、

先日、テレビを見てたら、『佐和子の朝』に脚本家の大石静が出ていて、

「そもそも日本って、伊勢神宮にしろ、遷宮とか言って、
神さまでさえも、新しいものをよしする文化があって、
あれ、良くないと思うんですよ。

日本はより若い女性のほうがいいって感覚が強くて、
外国みたいな、古いもの熟成されたもの(熟女)がよいって感覚が、
どうも弱い・・・」

みたいな話をしていて、ちょっと気になった。

「遷宮ってなんだろう?」ってあらためて思った。

先日、なにか読んでいたとき(蝶々さんの本かな?)、
出雲大社の場合、
別の場所でまるきり新築するのではなく、
今ある建物を、改装する形で新しくして、遷宮するんだって、知った。

逆に、伊勢神宮の場合は、
真横の敷地に、まるきり新しいお社を、新築する。

これって、どんな意味か、深く考えていなかったんだけど、

神さまでさえも、
転地したり、衣替え的に、お家を変えたりするってことは、
それはきっと、人にも良いことなんだろうな~って、思った。

神さまでさえも、
二十年も住んでいると、建物やら衣やら、汚れが気になってくる。
(たぶん、人間との関係性で、神さまにも不浄が付着するのかもしれないけど)。

心機一転、
新しく替えたり、場所を転地してみたりってのも、
エネルギーをあげる、取り戻すには、効果的なんだなって思った。

継続していく良さってものも、あるのかもしれないけれども、
一回一回、ある程度の期間で、新しくするってのも、
良さがあり、意味があるんだろうな~。

だから、
「なんか、ちょっと違うかな?」って思ったら、
正直に、さくっと場所や物を変えてみるんで、よいんでないかな?。

さらりと、いまは、そう思う。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top