ちがう動きを、してみよう。/菅原小春さんのダンス。

そろそろ・・・

どうですか・・・?

重い腰をあげてみては・・・?

じぶんにも云ってるし、

まわりにも、そっと云いたいような、そんな気分。



4月からのハードな日々が、
夏至をすぎて、
7月になってから、
すこし和らいできている気がする。


もちろん、油断は、いけない。

気を抜くと、落ちそうな、
引き戻されそうな、
浸食されそうな、なにかはある。

ニュースを見てたって、
「へ???」
と思うような事件が、多い。

落ちてもいいだけど、
低空飛行で、省エネで、動き続けてもいいんだけど、
だんだん、飽きてきてるよね???

っていうのが、わたしの率直な感想。


この数か月、どんだけ、
「できたか/できなかったか」は、おいておいて。

観察は十分にしたし、
内省も十分したし、
今までとはちがう角度で、自分をみることも、少しはできるようになったから。

もういいじゃん。

前に進んで、
ちょこっと動いて、
もしくは、ちょこっと、休んでみて。

ちがう、動きを、してみよう。


人と同じとか、ちがうとか、
よりも、
まず、自分がしたいようにやってみる、でいい気もする。


最近、センスがある人、
その人だけの何かを光らせている人って、
しぜんと、気になってしまうんだな~って思う。

偶然、『情熱大陸』で、ダンサーで、モデルの活動もしている、
菅原小春さんの回をみて、気になってしまって。


彼女のインタビュー。


彼女のダンス。

表情や、雰囲気が、
瞬時に変わっていくのが、すごい、この人。

エネルギーとか、オーラとか、
ダンスや音楽に入った瞬間、すっと変わってしまう感じ。

この中性的な美しさも、
この人だけ、この人ならではっぽい美しさだわ。

モデルの人って、時々中性的な人が居るけど、
この人は、かっこいいのもあるけど、
かわいいのもあって、
少年のような、少女のような。

黒人女性やアジアの女性に独特の、セクシーさもあるし、
シャープなときもあるし、
現代アートのようなときもあるし。

世界が注目する、
いろんなブランドから、オファーがあるっての、
分る気がするんだよね。

この斬新さ。出しているもの。


かっこいい。

たぶん、全面的にすきでもないんだろうけど、気になってしまう(^_^;)。

クールさに、完成度の高さに。

草間彌生や、
現代アートの人にどうしても目が行ってしまうように、
どうしても、気になってしまうタイプ。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top