ギンギラギンにさりげなく~♪Don't believe me just watch!

ああ、昨日の勢いが、今日まで継続。
ああ、もう、この路線から抜け出せない。

流れるままに流れてないと、
逆に、周囲に迷惑をかけそうだ。

こういう時は、とにかく、動いたほうが良いのだ。

頭は使わないで、動くのだ。

キテルのだ。

動きながら、
感覚と、自分の好みや感性は敏感で、
感じるのが楽しい。

昨日は逗子のビーチにいて、
チャーリーズエンジェルみたいに、女子でディープにキャーキャーしてて、
今日は今日とて、
午後から自由が丘へ出かけ、
すてきなレンタルスペースさんを初見学。

管理している方とお話ししながら、あああ、これこれ、と手ごたえ。

もう、うれしくって、
帰り道、
即、3月のご褒美会の二部でも食べた、
フランス仕込みのパティシエさんの店『パティスリー・パリ セヴェイユ』に寄ること確定。

しかも、予想通り混んでいて、
諦めて、テイクアウトして、自宅で食べようとしてたところ、
タイミングよく席が空いて、
即、店内で食するように交渉。店内で、一服。

ガツガツ席を探すのではなく、
気づいたら、クールに自然に、
「こうしてもらえます?」って言えるじぶんが、今日はいた。

そして、ケーキがね~、もう~ね~、すごかったよ。
味のセンスと趣向がすごいよ。

夏のフルーツを使った、ムースっぽい、かわいいので、
なんとかロマンティックってのを頼んだのだが、
ココナツ風味ムースやパッションフルーツ、マンゴ、ライチのソースがきれいに層になっていて、
掘り下げて混ぜていくと、
味が、万華鏡のように変化。

繊細さと意外性、見た目の美しさと味の良さを兼ね備えた、
男性でいえば、品と感性の豊かで、
時に子どものような無邪気さも、ちら見せする、色男。

食べながら、テーブルを叩いて、「こいつ~!こいつ~!」って呟きたくなる。

今日の私の頭は、
お気に入りだけど、あまりかぶっていなかった、
ピンクの麦わらハットをかぶっていた。
心の中で「ピンクの、寅さん帽」・・・と呼んでいる。
気分は、ピンクの寅さん、である。

昨日、リゾートっぽい花柄ワンピを着て、
ビキニ水着で海水浴してから、なにか吹っ切れた。

じぶんらしさ、じぶんっぽさ、じぶんの楽しさってものが、
もりもりもりっとわいてきて、それでいーや~な気持ち。

この、高めテンション、
スピ的バブリー&ファンキー、
精神の紳士・サプールの如く、歌舞(かぶ)く、たのしさ。

お金、収入、肩書、会社の名前、地位名誉、
そういうのとは、まったく関係ない。

センスと面白さ、ひねり、アイディアの世界。

じぶんがクールと思うものを、
楽しいと思うものを、ただ追いかけたい、作りたい。

今日のテーマソング。


この曲、世界的に大ブレイクらしいが、
歌詞がじつはすごい。

Don't believe me just watch!!

ここ↑が気に入った。


英語の歌詞付 動画をどうぞ。

わたしを分ってくれる人と、
まったく分ってくれない人と、
ぱっきり、世界が割れていったとしても。

自分らしくしか、生きられない。

それが、人間ってもんじゃないでしょうか。

別人・別物に、なろうとか、全然しなくていいんだね。

「みんなちがって、みんないい~(By金子みすず)」

などと、かわいらしく善人顔で歌ってもいい。

云いたいことの一つに、
自分が一番嫌い、どうなのこれ?って思ってきた個性も、
結局、自分の一番の強み、長所だったりするんだよねってこと。

みんなのようにできない、
自分だけはみ出てる、変である、気がするのである。

子どものころから、
他の子どもより、頭一つ分、身長が高く、
目立たないように、目立たないように、
小さくなろうとして生きてきた、わたし。

他人と居るときは目立たず、波立たせず、合わせめで、
一人でいるときだけ、自分の好みを楽しむタイプだったのかも。

でも、大人になって、何かしようとするとき、
「他人を巻き込むと、迷惑かけないか?!」ってのが、
こんな私でも、いつも、すんごい、あったんですよ。

でも、やっと、わかってきたよ~。

イメージ浮かんで、始めてみて、
うまくいこうが、
うまくいかなくて縁がないとしても、
誰かを巻き込んだりするのも、
なにか意味があって、
おたがいに、経験、体験をシェアしているだけなんだよね。

よく、恋愛の比喩に、
出会いがしらの交通事故が、使われる。

どんな出会いも、交通事故に似て、
お互いがぶつかり、火花が散って、
なにか生まれる。

そのくらい、インパクトないと、
ある意味、新しいものは生まれない、のかもしれない。

なので、パワフル、エネルギッシュ、ソウルフルに、
思ったように、やってみる、だけなのだな。

そして、やってみたときの、
楽しさ、気持ちよさ、快感を知ってしまうと、
もう、そっちにしかいけない。

失敗しようが、
なにもしないより、マシ。

知名さんのブログを拝見して、
納得してしまって、饒舌に書いてしまいました。

昨日から、変わったんだ~!

「みんな~!
変わったんだってよ~\(^o^)/!!」

って叫びたい。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top