ご褒美会スタッフで、のんさんのランチ。山の妖精のようなピュアさ。

昨日は”Healing Harmony”のんさんと、
ご褒美会でスタッフをしてくれた、RさんとAさんと、
四人で、お疲れ様会をしました。

ちょっと遅ればせながらの、お疲れさま会。

数か月経った今で、ちょうど良かったのだなあとおもうところもあり、
この間、みなさん、変化、成長、進展もありで、おもしろいな~と思いながら、
おしゃべりしてました。


Rさんのイタリア旅行話が、とても面白かった。

そして、のんさんが「手抜き手抜き~」といいながら、
めちゃ、ふつうの「ごはん会」な品々が並ぶ食卓が、すごかった。

2時間しか時間はかけない。
買い物は、農協とマルエツのみ。

そんな制限を、のんさんなりにもうけて、作られたそうですが、
十分美味しく、
ひさしぶりに、のんさんの手料理が食べられて、うれしかった。

gohan
奥から、オクラとルッコラのサラダ、
カボチャのラタトゥユ、ゴーヤのピクルス。

ゴーヤのピクルス!苦みのなかに酸味がほど良くて、ほんと滋味。

オクラとルッコラは、苦みと濃いハーブ味好きの私には、ぴったりで、
いくらでも美味しくいただけそうな味でした。寿油がちょうどよくて。

ラタトゥユは、優しい味だったな~。
エリンギと玉葱と、カボチャが、トマトのホール缶と煮ても、こんな風になるんだという驚き。

gohan2
塩レモンのコールスロー。
三種のハーブが、ちり、ちりっと、下の上で舞いながら、
ベースはレモンの爽やかさ。

いろんな味を、趣向を、工夫を、
じっくり味わいたくて、だんだん無口になっていた・・・(笑)。

ちょっと、この1、2週間で体が疲れていたのもあり、
たぶん、しみじみ吸収しようとしてたんだろうな(笑)。

gohan3
タンドリーチキン。
前日の夜からつけているから、手間を省いているといいながら、
お家でこういう味が出せるのが、驚きだとRさん。

ほんと、そのとおり。

皮はカリカリで、身はジューシーという、その火加減も絶妙なんです。

2切れを、ぺろりと食べた。

このチキンに、塩レモンのコールスローがめちゃ合っていて、絶妙。
どこか雰囲気のいい、女子好きするカフェの
ランチセットで出したら、たちまち、人気になりそう。

masu
ここで、鮎の塩焼きが、出てくると、思わなんだ・・・。
皮まで美味しいのよね。ちゃんと皮もパリパリで、食べてしまった。
身は繊細で淡泊なのに、うまみがあるという、川魚独特のあれ。
はらわたまで美味しくいただいた。

鮎といえば、川魚なのだ、と、わたしはいつも特別さを感じる。

初めて川釣りで、虹鱒、山女魚を、
西丹沢の渓流で釣った時、とても嬉しかったことなど、思い出した。

川魚独特のエネルギー、意味、いろいろ感じた。

川魚って、きれいな水にしか、住めないのだ。

水質や、水の温度やなんかにもすごく敏感だから、
環境が変わると、すぐいなくなっちゃうの。

たとえ養殖だとしても、きれいな川の水や、湧水の池などで育ててるのです。

そんなきれいな水で育ったお魚が、
こうして、目の前に出てきて、それを食べられるって、
なんだか、すごい、ありがたい、と、いつも思うのです。

塩水の、海のたくましい魚たちとちがって、
川魚の、山の妖精みたいなピュアな感じが、とても、昨日のメンバーに合う気がした。

あと、もう一品、印象的だったのが、
バリ風サラダ。
gohan4

甘辛くて、スパイシーさ、香辛料の感じが、独特の東南アジアの味。
なのに、日本人でもぜんぜん美味しく感じられる、優しい味になっている。
麩を使ってるのが、絶妙マッチングで、
のんさんしか思いつけないと思った。

他にも、心くばり、めくばり、よく、いき届いたお料理ばかり並んでいて、
「ザ・のんさんワールド」を感じたのでした。

丁寧に作られ、愛情のこもった、美味しいものを食べていると、
だんだんと、雑に作られた、愛のない、微妙な味の食べ物もわかってきて、
ちょっと、その落差に驚く。

だが、そういう「違い」を知るということが、
世界が広がる、
人間の幅がひろがる、ということ、なんだな。

どっちか片方だけでもなく、
「どれ」と「どれ」のいくつかだけ、ということでもなく、
色んなことを知る、というのが、
おもしろくて、興味深くて、
私は好きなんだな~。

いろいろ知ることで、
さいごは、自分の好みというものも、わかってくる。

トークに花が咲き、
いろんなことも語り、聴いたりして、
お酒もすこし入ってたのもあり、半分覚えているが、半分記憶がおぼろ。


ここのところ、体もだんだん疲れていたのもあって、
昨夜の会で、楽しんだ後、
デトックス&休養な流れ。

今日は、子どもを保育に預けた後、
のんびり、横たわってみたり、
天然水を飲みながら、雨の音を聴いて、お部屋でたまっていた作業を。

自分でも体がだるいな~って感じられるとき、
じつは、私の状況は、かなり疲労がたまっているときが、多い。

なので、そんな時は、お休みするのです。








関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top