今日、過去、そして未来のわたしと、平和。

一昨日から、姉夫婦と姪っ子が帰省し、
我が家もいつもと違う雰囲気です。

今年は、7月中に早々夏休み旅行として、
7人で富士裾野市や、伊豆の伊東、箱根まで行ってきました。

なので、8月には、とくにどこか行くわけではなく、
姪っ子の誕生1歳のお祝いでの、帰省。

スタジオアリスで、記念撮影したり、
姪っ子がたっちしたり、歩いたりしている姿を見ると、
昨年の今頃、
姉が、産気づいて、いろいろ大変そうだったことなど思い出して、
懐かしい気持ちがします。

と、同時に、
昨年の今頃の、じぶん自身の状況、
自分と子どもの状況など、猛烈に思い出し、
ああ、あっという間に、日々がすぎて、
ここまできたな~、という、深い感慨。

これも、クリーニングするために想起されている記憶、
だと思いつつ、
クリーニング。

昨年のちょうど今頃、
たわいのない出来事で、
これはもう、だめだと、まず思い、
アパートを出て、実家に戻ったのがひとつのきっかけ。

それから、一か月、アパートに戻らず、
話し合いの末に、
週末婚になっていき、今年の3月まで、ず~っとそれで来ていたわけです。

で、3月には、ある出来事をきっかけに、
離婚に踏み出すことになった。

でも、不思議なのです。

昨年の7月、沖縄へ行き、
知名さんにセッションで相談した時、
夫婦関係について相談していた時、
答え(つまり、離婚)は見えていたけど、
そんなすぐに、いろいろ行動したり、動きや流れが出てくるなんて、思えなかった。

もっと、時間がとてもかかると思っていたんです。

何年も、
下手すると、十年単位とか?かかるかも・・・みたいな。

今思うと、この一年、色々な後押しもあったけど、
人間の想いこみ、本人の思い込みや意志ってものも、大いにあるんだな。


一年前の7月までの私は、
「それが、できない」と思い込んでたんだね。

到底無理だし、そんな元気や勇気、根気無いと思っていた。

なにが、大きな力で、ガラッと変えないと、無理・・・みたいな。

でも、どうやら、そういうのとも、違うみたい。

変わるってこと、
変わっていくってことは、
他力ではないんだね。

強いプレッシャーや、あきらめを感じてる自分を受け止めつつ、
でも、
「できるところから、やろうよ」、
「小さなことから、やってみようよ」、
「あきらめないで、とにかく、コツコツ」、
・・・という積み重ね。

結果、気が付いたら、大きな前進&決断になっているんだな、と気づいた。

「まだ、あれらの日々から、一年しか過ぎてない」と驚きつつ、

一方で、
「もう一年も経ったんだ!
よく、がんばったよね」とも思ったりする。


昨年より、
昨年や一昨年の混迷より、
ずっとずっと、いまは自由、穏やかで、
希望と楽しみにがある。

平和だなっておもうのです。

平和って、自分で選ぶことだし、
自分でつねに選んでいく、
そうなるように、していくもの、なのかも、って思う。

ホオポノポノを再開してから、
いろんなとらえ方も、変わったりして、
また、おもしろい。

そして、行き着いた、気もしている。

まだまだ先はあるのかもしれないけど、
一つの終着というか。



関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top