光と風と水と。

ARTICLE PAGE

「個性」を受け入れて、もっと楽に生きる。

author photo

ByMari

9月が始まって、
子どもの事、自分の事など、
手続きや処理など、いろいろ具体的に動きながら、

心の中では、
ふと、8月に激動して、気づいたもの、学んだもの、などを、
掌にのせた貝殻をいじくるみたいに、
ときどき、眺めかえしている。

よく、
「人間には、長所・短所があって、
それが背中合わせ」なんてことが、言われる。

よく聴く言葉だったけど、
ここ数か月、特に8月は、それを想ったことが多かった。

自分に対しても、人に対しても。

長所、短所、
メリット、デメリット、
光と影と。

こういう両極面な表現は、
結局、プレーンにみえれば、
ある人の一つの個性を、両方の味方、
いろんな見え方で、表現しているに過ぎない。

ある場面では、長所になったり、
ある場面では、短所に働いたりして、
見えてくる角度、寄って立つ立場、
周囲の人との関係性、
その人自身の自覚や扱い方などで、
個性の役割、はたす効果が、変わっていくんだよね。

すべては、ただ「個性」ってこと。

たとえば、
わたしは、自分の「優しすぎる、優しさ」みたいなものが、
嫌だな~って、弱点のように思っていたフシがある。

境界線がゆるい。
ぶれがある。
きつく言えなかったりする。
どんな人がきても、割合、受け止めてしまう。

実例を出せば、そんな感じに、私の個性が働くときもある。

だけど、自分でも、よくよく見つめた結果、
それが、私らしさの一部でもあることも、わかった。

それを捨てたら、無くしたら、
私では、なくなってしまう。

別の誰かになってしまう気がした。

いくら自分で自分が嫌いなタイプでも、
そこまで・・・では、ないんだよな~って思った(苦笑)。

別の誰かになってしまうほど、「別人になれ!」って思うほど、
自分が嫌いなわけでは、
どうやら、ない、ようだ。

それが自分だし、自分を捨てきれないな~って、正直思った。

第一、捨てようと思って努力したって、
自分の影を切り離そうとするのが、不可能なのと一緒で、
そもそも、無理だしね(^_^;)。

優しすぎて、生きづらいこともあるし、
たぶん、これまでもそうだったし、
今も、そうかもしれないけど。

自分が、じぶんだって思うなら、
いいじゃん、それでも、って思った。

別の面からみたら、
これが、なかなか珍しい、私の個性だったりするのだと、
やっと、認められた。

いまさらですが、
もう、これでもいーやって、達観した。

その上で、大切なポイントなのは、
自分が、自分の個性を生きることで、
生きづらさを感じたり、
生きていくうえでの苦しさを感じるのなら、
そんなフィーリングに対して、
性質に対して、
場面場面で、自覚的になって、
これまでとちがう対処をしていけば、いいよな、ってこと。

自分が苦しいな、つらいなって思ったら、
なにか自分の個性が、
魂の癖みたいなのが、影響しているかもしれない。

あ、また、私の性質で、
こうなってるんだな~、
こんな風に感じてるな~とか、自覚したら、
今度は、こうしてみようって、その時、選ぶってこと。

どうしたら、もっと楽に生きられるかな、って。

「幸せになってもいいんだよ」って、
自分で自分に認める、大切さを、いま、意識している。




関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply