光と風と水と。

ARTICLE PAGE

子どもの食のこと、歯のこと。生活習慣って・・・すごく大事。

author photo

ByMari

一歳六か月健診以降、
意識しだしたことが、ひとつ。

歯磨きと、
食事のこと。

たまたま、5番目に会場にたどりついたので、
集団部屋で待機しながら説明やお話しは聴くのではなく、
すぐに、個人診察に突入し、
保健婦さんに、こんな悩みがある・・と打ち明けると、
歯科医師、小児科医の診察の後、
すぐ、栄養士さんや、歯科衛生士さんの対面コーナーに案内され、
いろいろアドバイスをもらえた。

そんな中、
うちの子の前歯が、どうやら、歯垢がちょっと溜まっていたのと、
葉の裏側が、独特の色で、
「ちょっと、あやしいな~」なんて、歯医者さんにもいわれ・・・。

歯科衛生士さんに個人面談を頼み、
丁寧に、歯の磨き方を習った。

また、食事についても、
少食気味で、偏食気味なことを、少し気にしていたので、
率直に、いろいろ聴いてみたら、
的確なアドバイスをもらえた。

野菜ジュース、果物ジュースも、3歳まではあげちゃダメなんだって!
虫歯になりやすいのだそうです。

「子供向け」とか書いてあるから、大丈夫だと思って、あげていたよ。

それに、100%ジュースなら、大丈夫だろう、という、
間違った知識で、100%果物ジュースなども、よくあげていた。

あれも、ダメなんだって(@_@)。

ようは、甘いものは、虫歯になりやすい乳歯には、とにかく悪影響で、
おまけに「甘い飲食物しか、食べ無くなっちゃうよ~」ってことで、
NGなんだそうです。

おやつで、高カロリーなものを摂取し、
食事が進まない…という悪循環を生み出す、
お菓子の存在。

子ども向け、と書いてあっても、
結局は、お菓子メーカーが作っているわけで、
「売りたい」わけで、
本当に、子どもの健康や、心身のことを、考えて
作られているかどうか、は、「?」なわけだ。

「食べ物は、手作りが、すべて良い」
「市販のものには、頼るな!」
って、ストイックな姿勢には、あまりフィット感がないけど、

売っている市販の食品が、
どんな風に作られているか、
どんな意図で作られ、売られているか、
買い手として、一度は、考えてみるべきだよなって、思った。

一度、疑ってみるのも、大切だね。

アンパンマンの絵柄で、
子どもや、その親の興味を引いてるけど、
本当に、それが、体に良いか、どうかは、また別問題。


大人なら、自分で節制すればいい話だけど、
こどものことは、親の責任だから(^_^;)。

とりあえずは、
ある程度、食習慣ができあがるまでは、
親が、導いてあげることも、必要なのかも、って思った。

その時期、
親が、意識するか、しないかで、
その子の健康、身体、精神のことまで、
あとあとまで、影響が出てくるんだな~って思った。

「食育」って言葉が、
出始めた理由が、わかってきたよ。

かといって、ストイックで、厳密なコントロールで、
こんな風に成長してほしいと、強要するような感じは、嫌なのだけどね。

体は、基本だからね~。

体って、生活習慣と密接にかかわってて、
その生活習慣ってものは、
じつは、かなり、子どものころから、家庭での環境で影響されていることも、
最近、自覚しはじめた。

子どもにかかわることで、
子育てにかかわることで、
自分が無意識だったことが、
意識化されていくのが、興味深い。

子どもの居る/居ないに限らず、
意識の敏感な人、繊細な人は、
大人になってから自覚的に、自分の環境を整えたり、
自分の感じ方を観察したりして、衣食住を、意識したりしてるんだろうな、って思った。

わたしは、けっこう、
何事もどんぶり勘定で生きてきたので、
アバウト過ぎてね、いい意味でも、悪い意味でも(^_^;)。

ずさんで、テキトー過ぎたな~ってすごく思うね。

テキトーにやっていたところが、
実は、無意識に、とても大切なところで、
真剣にやっていたところが、
実は、いうほど、力まなくても、良いところってのも、あったかも(笑)。

こういうのも、親の価値観、生き方の影響が、色濃くあったな~って思うね。
私の親の、生活習慣、生き方、価値観の、影響。

最近になって、すこし他人からの影響と、
自分のオリジンな好みや、感覚を、切り離しながら、
すこし丁寧に、自分の感性を、自覚していく過程が、とても楽しい。




食にしても、
歯にしても、
親の習慣、家庭の習慣が、
大きく影響しているんだって、
1歳6か月健診で、すごく感じた。

いまのわたしは、親の無意識、無自覚のせいで、
こうなってるんだ~って感じることも、多々あり。

連鎖の中でも、
正の連鎖、負の連鎖がある。

負の連鎖は、断ち切るべく、
私の代から、変えていこうと思っている。



関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply