類は友を呼ぶ。愛がすべて。情熱の薔薇。

今日は、産業カウンセラー講座の、最後の実習日でした。

この講座が始まったのは、一年前。
一年かけて、カウンセリング実技を勉強しました。

一年前をふりかえると、
いま、ここで、こんな風に思っている自分がいること、
全く想像できなかった。

すべては、ご縁だったのだな~と、ありがたい気持ちでいっぱい。

今日、仲間と別れた後、

「なんて、すてきな人たちが、集まったんだろう。

その仲間で、いられたわたしは、とってもラッキーだな~」

「そんな仲間と、こんな絆をもてた、わたし自身のことを、
いま、わたしも、好きだなって思えるな」

って、思った。

ずっと、自己否定が多くて、
見た目よりずっと、孤独を感じやすかった私。

「類は友を呼ぶ」といって、
その人を知るには、
その人の周りに居る人たちを、みれば、わかる…という。

そんな言葉を知ってても、
わたしは、ずっと、じぶんに自信がもてなかった。

その言葉を、ネガティブにとらえていた。

でも今日は、初めて、
とっても素敵な人たちに囲まれて、
わたしは、すんごい、幸せで、
もしかして、
こんな人々に囲まれているわたしも、
じつは、とっても、いい人間なんじゃないか?と、思えた。

良い人たちに囲まれていると、
じぶんも、物事を肯定的に前向きに、
愛いっぱいに感じられるので、
疑念やネガティブな感情、エゴよりも、
とにかく、愛や光を信じられる。
自身も、こころから「良い人」に、本当なれるのかも・・と気づいた。

心が洗われるって、こういうことなのかも。

正直、
これまで生きてきた中で、
いちばん、バランスがとれた、すてきな人たちと、
ほどよい関係を、みんなで築けたかもしれない。

この数年、
わたしの人生に嵐が吹き荒れて、
人間の業の底の底の方まで垣間見て、
がっかり、失望したこともあった。

「人間て、ここまで落ちれるんだな~」って、
修羅場を垣間見て、
地獄のような世界を、見せてくれた人もいた。
じぶんもそんな感情世界のなかで、一緒にのたうちまわったこともあった。


でも、いつでも、きらっと光る何かがあって、
それに救われて、励まされ、前をむいて歩いてこれた。

いつでも、必ず、光を感じさせる人たちと、
そのとき、そのときで、出会った。

いまでも、その人たちの顔を、
ひとりひとり、思い出せる。

思い出すと、温かい感謝の気持ちが湧き上がってくる。

色んな人から、愛をもらったな~と思う。

いろんな人の愛のかけらをもらいながら、
ずっと、なんとか、歩いてこれた。

愛って、
恋人同士、「恋愛」という先入観が強いかもしれないけど、
ぜんぜん、そんなんじゃないんだよね。

どんな人も、
だれかに愛を発揮している瞬間があって、
誰かを照らしているのだとおもう。

性別も年齢も、肩書も、
社会的地位も、生い立ちも、お金も関係なく、
だれしも、持っている、最高最善のもの。

それが愛だし、
知らぬ間に、だれかに渡しているのだと思う。

それがあれば、
どんなつらいこと、悲しいことも、
凍りついた心も、奥底で溶けていく。
人は癒されるんだと思う。

私にとって、
生きる価値基準、価値は、
すべて、この「愛」だな~と、実感した。

今日、ますますそう思った。



この歌を聞いて、
恋愛をイメージするひともいるかもしれない。

でも、以前にも書いたように、
この曲は、9.11のテロで、
子どもを失った、お父さんをイメージして、作られた歌だそうだ。

この「きみ」は、先に死んでしまった子どもで、
「わたし」は、残されたお父さんお母さん、なのだそうな。

それを知っているから、
この歌をきくと、すぐ
わたしは、自分の子どものことを思い浮かべる。

だから、この歌を聴くと、すぐ泣けてしまうので、危険だ。

今日、二次会の席で、この曲を先生が歌いだして、やばかった。

いまの私にとって、
子どもへの想いが、一番純粋な気持ちだし、
これが「愛」なんだと、子どもによって教えられた。

この基準が、いまは、わたしの愛の基準になっている。

母親が、子どもを想う心は、
無条件、無償の愛。
全肯定。
命そのもの、全肯定。

愛って、本当に純粋だと、
祈りにちかい想いしか、わかない。

愛は、
祈り、守護、
祝福だとおもう。

そんな愛と同じものを、
わたしは、
わたしの周りの人たちにも、
見つけたり、感じたりできると、
気づいた。

それって、すばらしいこと。
とっても、幸せでありがたいことだな。

わたしの大好きなひとたちが、
みんな、
幸せに、きらきらと、
これからも、自分らしい道を歩んでいくことを、
心から祈っている。



そして、わたしがカラオケで歌った歌。

「情熱の薔薇」

う~ん・・・結局、わたしって、こういう感じなのね~(笑)。





関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top