「クリーニング」が、どまんなか!!

興味を持ちはじめると、夢中になってしまうわたし。
およそ三日間の間に、ホオポノポノの本を三冊読破

今日も「愛してます」を心のなかで云ったり、
自分の潜在意識ウニヒピリに話しかけてから、行動してみた。

ホオポノポノの教えで、画期的だなと思うのは、
四つの言葉をいうことで、
自分の記憶を、クリーニングして、その段階で消してしまえるところ

記憶は、自分の生まれる前、前世から、人類の経験、生物の創生、魂の誕生、ものすごい深い深い潜在意識まで、
全部そのまま私たちの潜在意識に残っていて、
なんども繰り返し、再現されるものらしい


消さない限り、記憶の再現、過去の再生は、くりかえし、つづく。

私たちのそれぞれの目の前で展開されている出来事、現実は、すべてそれらの記憶の再生なんだって。

そして、
<今・ここにいる私>が、現時点で気づいて、クリーニングをすることで、
やっと繰り返しを停止し、消去することができるのだそうだ


また、目の前で起きる現象すべて100%自分の責任だとして、クリーニングをしていくのが、
ホオポノポノ。

「100%、自分に責任?!えー?!
最初は戸惑うけど、やっていると、だんだん神妙な気持ちになってくる。

今日も、院のゼミで、博士過程の仲間に会ったけど、
最初からクリーニングをちゃんとしてから行ったせいか、すこしずつ変化を感じた

あいかわらず「地震と原発事故以来、あたまがフリーズしてて~」と言っていたけど、
「宝塚の公演を二回も見に行ってきたの~。そしたら、少し楽になって~」と云っていた。

どちらも彼女の反応。良い悪いじゃない

今日の私は、新兵器・ホオポノポノが搭載されているから、
彼女のいろんな反応にも、「私の中にもこんな記憶があるから、これに立ち会っているんだ」と思い、
心の中で「愛しています」とクリーニングしてました。


そんな感じで、万事、どんな人やどんなものに遭遇しても、クリーニング

すると、不思議。
自分の心のなかの感情のひだが、一つ一つ波うつたびに、
具体的な過去の経験が結びついて想起されたり、
または、具体的な記憶は思い出せないけど、感情を俯瞰して眺めたり、いろいろと興味深かった。

そのたびに、またクリーニング。

「クリーニング」って、感情に意識を向けることに繋がり、ノンストップ&ナチュラルな瞑想法みたいな感じ

正直、いろんな瞑想法をやっていても、
どうしても自分の力では拭いきれない、消しきれない何かみたいなのがあった。
どうやってそれをクリアすればいいのか、思い悩み、それこそ悶々と、心の中で体育座り…みたいな

でも、友達にホオポノポノの四つの言葉を教えてもらって、
そのせいかわからないけど、急に楽になった

「消せた!」って気がした。理屈じゃないんだけど「ああ、消えたな」って直感


たぶん、もっと深いところまでありそうだから、当然、クリーニングは続けていく

でも、「消えたと思えたこと自体が、すごいと妙に感心してしまった。

「エネルギーコードが切れた」感覚に似てる。

具体的な、なにかの物や人間相手だと、エネルギーコードを切るイメージってしやすい。

だけど、
人って、目に見える具体的な対象物に対して云々…だけじゃなくって、
自分でもよくわからないものが原因で、なにかにずっとつながってしまっている場合もある気がする。


「過去」も、その一つ。
ネガティブな過去の記憶や経験と、無意識に、ずっと繋がっちゃってる場合
があるんだと思う。

たとえば、
子供のころ、または過去世だったり、今までの人生や魂の歴史で、なにか恐怖や不安、悲しみを経験したとする。

でも、時間が経つにつれ、大人になるにつれ、顕在意識はすっかりその出来事を忘れてしまう

でも、潜在意識は、ずっと覚えていて
似たような場面や出来事があると、同じ反応を感情的に再現する。

本人(顕在意識)は「どうしてどうして?」と一生懸命、原因を思い出そうとするけど、
原因になったことなんて、記憶の層のうんと下に入っちゃって、到底思い出せない。

ホオポノポノだと、なにが原因か、明確にする必要はない。
ただ、感情や反応がでてきたときに、
四つの言葉で手放して、クリーニングすればいいんだって考え。
これって、かなり救われる



世界規模で起きている出来事だったり、日本の災害やら被災、原発事故とか、
目に触れ、共有している経験について、どう反応し、とらえていいのか、よくわからないことも多い。

お祈りはしているけど、それだけでいいのか?…と。

感情移入しないように、客観的でいることが愛だと思い、自分のことに専念するも、
感情移入している人からは、変わり者みたいに反応されたりしたし…。

なにが愛であって、わたしにとって最善なのか。どうしたもんだろう~?と。

でも、クリーニングで、すこし解決策が見えた気がする

ホオポノポノ的に考えても、社会的な出来事も、自分のなかの記憶の再現ということになる。
自分が見たり聞いたり、知ること全てが、100%自分の責任だから。

世界レベル、国家レベル、共同体レベルでも、隣近所レベル、家庭内レベルでも、
なにかの出来事が刺激となり、自分のなかで感情が沸き起こったとする。


そしたら、その自分の感情を、まずクリーニングする。
それが、自分にとっても、みんなにとっても、世界にとっても大切


そう思ったら、警戒心がなくなったよ。
いろんなニュースも、情報も、出来事も、目に触れたら、クリーニング。
クリーニングして、解放する機会がもらえているって思えるから


なんだか一生懸命書いたら、
今日も理屈っぽくなっちゃったかな~。テヘ
純文学が好きなくらいだから、もともとガチなものが好きなのだろう。
私的には「普通」のつもりなんだけど(笑)。

「蕗乃さんでも、悩むことあるの~?」
かつて、ある女の先輩に真顔でいわれて、超驚いたことがある。
何一つ悩みがないように見えていたらしい!!!
私のおふざけが玄人並みに通じているらしいと思い、嬉しいような、悲しいような。

一昨日は、学会でお世話になった先生から、
「あなたには巧まざるユーモアがあって、語り口が人を和ませますね」なぞとメールをいただき、
これまた、うれしいような、ほくそ笑んでしまうような。

一方、気脈塾のA子さんは「あなたのブログみてたら、繊細で…」とコメントしてくれた
驚き、戸惑い、ちょっと何かを透かしみられたような気がして、ドキッとした
ありがとう。A子さんのやさしさがしみたよ

どっちもどっち、なんだろな~
みんなが楽しんでくれれば、それでいいや~



あいかわらずCHARA好き
古いアルバム聞き直していたら、今日は妙にこの曲がツボだった。
歌詞が好き


この曲はかわいくて元気が出る。小さな女の子のイメージ???
ピカピカの赤い長靴と、黄色い雨傘と、緑と青空と、原色な世界っぽい。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top