伊東温泉へ。温泉旅行の効果。

昨日、一昨日と、
伊東温泉に、
姉、姪(1才3か月)、母、私と娘(1才9か月)の5名で、
女子旅に行ってきました。

一日目は、
曇りときどき、雨で、
めざしていた、シャボテン公園に行くも、
雨がバラバラ降っていたので、
周辺にある、「猫の博物館」に寄りました。

ここがね~、
2階に、色んな種類の猫が沢山いて、ふれあいもできる、
ちょっとした猫カフェみたいな場所。

娘は、猫や犬が大好きなので、
キャーキャー喜んで、
猫をナデナデしたり、喜びようが、はんぱなかったです。

一階は、
猫科の動物の、剥製がたくさんあって、
埃くさく、薄暗かった。

なにげに、恐怖でした(@_@)。

よしもとばなな『イルカ』の、剥製のエピソードを、彷彿とした。

体長2メートルはあるだろう、
寅やライオンの剥製が、ずらりと、10頭以上も並んでいた。

しかも、剥製の目の高さが、
人と同じか、より高い位置にある。

人間って、こういうシチュエーションに、
やっぱり本能的な恐怖を感じるんだね。

どうして、こんなに違和感、恐怖、ぞっとする感じが消えないんだろうって考えたとき、
自然界で、こんな景色、絶対ないからだろうな~と思った。

そういう、異様な不自然さ、アンバランスさがあった。

この部屋の、空気が異様で、重くて、
どこか狂気めいてて、
ずっといると、波動に影響がでそうだった(@_@)。


1階の空気と、2階の空気の、あまりの落差に、
なんつーか、
「エネルギーってあるよね~」と再確認。


その後、スーパーで食料をちょこっと買って、宿へ行き、
温泉に入ったり、
子どもたちを遊ばせておいて、のんびりおしゃべりしたり、してました。

宿泊した宿は、
売れないリゾートマンションを、ホテルにしちゃった・・・的な、温泉ホテル。

住居棟とホテル棟とがあって、
温泉入浴施設とプールの棟へ、各利用者が入れる。

大人向けの、快適で、高品質のホテルというより、
家族向けの、部屋がとにかく広くて、食事もほどほど、
施設もほどほどといった、価格帯も安めの宿。

部屋が3LDKで、
子どもが、走り回っても、ぜんぜん平気だったので、良かった。

同年代の小さな子と一緒に遊べるのが、よほどうれしかったらしく、
娘も、ハイテンションに、遊びまわってました。


二日目は、小田原に立ち寄り、
鈴廣本店で、かまぼこやさつま揚げを買い、
地元の食材で作られた、ジェラードを食べた。
栗のジェラードが美味しかった~。

鈴廣によると、
温泉に行った気分が、格段にあがるのが、ふしぎだわ(笑)。

あと、知る人ぞ知る、
干物のお店、山安にも立ち寄り、母と姉は、新鮮な干物を購入してました。

お天気も、曇り&雨が多く、
そんなにスムーズに流れる旅でもなく、
子ども連れなので、
食事の時間も、温泉の時間も、
けっこう、普段より、逆に気を使ったり、体力使った。

だけど、
やっぱり、旅&温泉はいいな~と思った次第。

温泉に入った後、
体の温まり具合がぜんぜん、ちがう。
ずっと、ホコホコしていた。

肌の感じも、もっちり、しっとりが、しばらく続いている。

最近、体のメンテナンスがそっちのけで、
頭でいろいろ考えたり、心で感じたり、そういう動きが多かったな~と気づいた。

体調不良だと、余裕がなくなって、
子どもに対しても、いつもより、カリカリしがちなことにも、気づいた。

やはり、まず健康&身体ありきだな~。

体のメンテは、「自分を大切にする、自分を愛する」ことに、直結するから、
体のことを後回しにするのではなく、
むしろ、体のことを、優先したほうがいいな~と再確認。

温泉は、これからも定期的に行きたいな!
行くぞ!!

そして、もう一つの効果。

転地療法の効果で、
ここのところ、忙しくて、膠着気味だった思考回路や、感じ方や、気負い気味だったことが、
すこし、ほどけて、ゆる~くなった。

こういう、
ちょっと地に足ついてない、ふわふわと旅人的な感覚も、
わたしは、心地よく感じる。

やっと、日頃の重圧から、解放されるのかもしれない。

「今年はいろんなこと、あったな~」って、
「よくのりこえたよな~」って、
やっと、ホッとできる感じも、すこし出てきた。

何かに直面しているときや、その直後って、
あまり、ホッとできない。
ふりかえったりできないよね、人間って。

緊張って、すぐには、解けないんだな。

人って、緊張してるって、自覚すらできていなかったりもする。

時間が経って、
安全安心な状況になったとき初めて、
「ああ、緊張してたんだ」って、わかるくらい・・・のレベル。

いろんな心の声も、
ぽろぽろ、また出てきたり。

それを、やさしく受け止めて、
いまは、穏やかに、過ごしたい気持ち。

もうすでに、
すこし、「今年」が終わることを意識しているムードと、
「来年」のことを考えているムードも、
私の中にあるのかも。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top