光と風と水と。

ARTICLE PAGE

情報に繋がるスタイルが変化。人生の選択と可能性。

author photo

ByMari

11月くらいからかな~。

これまで、スピリチュアルな情報って、
特定のサイキックさんのブログなどで、
その方のメッセージとして、受けとっていたことが多かったのが、

なんとな~く、そういうスタイルも、変わってきているのを感じる。

「その情報、どこからゲットしているの?」

と聞かれると、少々難しい。

インターネットからの情報がほとんどだけど、

「この、すごい人が、
こう言っているから、そうに違いない!
きっと、有力な情報だ!!」

とかではなく、

それは、譬えるならば、
ラジオのチューニング。

ラジオのチャンネルをまわして、
ザーザー、ピーピーという雑音の隙間に、
時折、
明確な、明瞭な声や言葉が、バッと聴こえてくるみたいなかんじ。

その情報だけ、
その知識、ヒントだけが、
ぴかっと光って、リアルに感じられる、腑に落ちる・・・といった感じ。

もちろん、ネットの情報は、
玉石混交なので、
それが嘘か真か、じぶんで判断したり、見定めたりするバランス感覚が、大事。

ネットだけではなく、
スピリチュアルや、精神世界、自己啓発の本でも、
マスコミでも、政府の報道すら、なんでも、
自分でそれが、真実か、嘘(まやかし)かを、判断する軸は、より一層、大切になってきたと感じている。

でも、ネットの話に戻れば、
理屈じゃなく、
「これ、ほんとだろうな~」ってなんとなく、感じられるのも、中には混じっている。

たぶん、そのサイトや情報に、行き着く人と、行き着けない人もいるだろうな~的な、ふしぎ感がある。

読む人が読んだら、

「なに、嘘八百云ってるの!
こんなの信じて、頭が、おかしいんじゃないの?」

っていう可能性も高い。

でも、そういう人は、
そもそも、そのページに行きつかないように、出来ている気がする。

そも、その情報自体を、調べたりしない。

もっと別の次元、別の世界で、日々の生活や、自分の世界を作っているから、
かすりもしないのだ。

そして、ふしぎに、
ちゃんと知っている人たちの間には、
その手の情報が、流通しているんだよね。


これでいいのかも~って自然に、受けとりながら、
自分の直感の中にはいってきた、情報やサインをもとに、
流れの中を、流れて行っている。

明治3


今月の流れは、ここ数か月の流れと引き続き、
再構築や地盤固めの時期なんだろうな~って、おもう出来事が、
昨日もあった。

人生の選択によって、
無限の可能性が、
人にはある。

それを、最近、リアルに感じる。

たとえば、
Aを選んだ人生、
Aを選ばなかった人生(つまり、Bを選んだ)。

「選択」といえば、主体的に選ぶ行為が、イメージとして強い。

「YES」といって、なにかを選ぶ行為のイメージだ。(Aを選ぶ)

でも、なにげに、
「NO」といって、なにかをを選ばない行為も、
結構、大事で、強力なんだな~って思った。(Aを選ばず、結果、Bを選ぶ)。

自分の境界線を、
自分で築くために、その瞬間が必要なのだ。




昨日は、不意の電話が鳴った。

電話の要件は、教員採用についてのお誘いだった。

その電話口で、会話することで、
私は、漠然と感じ始めている想いが、明確になった。

週5日で働くこと、堅い職場、使命感の強い仕事、
世間的な評価や、信頼、肩書といったこと。

「シングルマザーなら、
お母さんが学校の先生ってほうが、
子どもも、ひとに、堂々と言えるでしょ」

そんな言葉が、毒矢のように、刺さって、ジリジリしていた。

でも、わたしの本心は、
雇われるなら、週3日がジャスト。
それ以上は、自分が妥協して、外界に合わせることになる。
絶対、無理がたたってくるだろう。

もっと、気楽に、
がんばらずに、
たのしく、仕事と生活ができるスタイルを、
これからは、模索したい本心が、ある。

そんな葛藤をみつめた結果、
これまでの生き方と、
これからの生き方と、
違いが、だんだん、見えてきた気がする。

外界、外の世界、外の価値観、システムが中心になって、
自分を形成したり、
自分を調整したり、合わせたり、する生き方ではなく、

もっと、内なる自分の中心軸で、
自分を生かす価値観、システムを選び、
自分が作る世界で、生きていく。

そうでないと、もう、これからの一生、続かない気が、
心のどこかでしているのだ。

人(他)や何かを生かして、
自分をたわめ、自分を少しずつ削って不健康にし、生きていく選択肢、コースを続けるか、

あらためて、自分を生かし、人(他)を生かす、コースを選び、作っていくか。

シンプルにいうと、そういうこと。


関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply