光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

さあ、2016年が動き出しましたぞよ。

-0 COMMENT
「僕の前に道はない

僕の後ろに道はできる。」



高村光太郎の有名な詩。

最近、
私の脳裏にうかぶイメージは、
これと逆。

わたしの後ろに道はない。

あるのは、

私の前に、まっすぐに伸びる、

ただ一本の道だけである。



といった風情。


「後ろ髪ひかれる」とか、
「後悔」とか、
「後ろ向き」とか、
とにかく、
うしろにまつわる言葉がある。

2015年内は、
十分にそれを味わい尽くした気がする。

その結果、

いまは、

まあ、
後ろを振り向いても、しかたない。

前しか、むかないぞ。

そういう気持ちが、

にわかに、

ガバっと

わいてきた
のです。


歩いてきた道は、道であるけれども、
それをふりかえるより、
とにかく、

背水の陣

攻撃は最大の防御なり

ではないが、

前を向いて、

前進あるのみの所存。



背後のもの、
うしろのものは、

すべて、
ざっぱり、
切り捨てた!!!



イメージとしては、

仁王立ちの
弁慶みたいな気分である。




小さな小さなレベルでも、
日々、
じぶんにとっての課題、取り組み → 「仕事」

なので、

クオリティ、段取り、合理性、
もろもろ、
じぶんなりの最善のパフォーマンスを、
するだけのことなのだな~。


即、お金になることだけが、仕事なのではなく、

とにかく、
いま、目の前にやってきている、
自分の人生の課題、
小さいのも、大きいのも、
全力でとりくんで、こなしていくことが、
「仕事」
だと思う、今日である。



さあ、
2016年が、
動き出しましたぞよ。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment