私が渇いていたもの。それは「母性」

mom


さきほど長々とブログ記事を書き、

また西原理恵子さんのことを検索したり、
本を買おうと調べたりしてて、
こんなページを発見。

『スナックさいばら おんなのけものみち』

すんごい!スッキリする。

目から鱗がこぼれ過ぎ。

そっちロードでしたか、わたしは、っていう・・・。

これくらいの人でないと、
しみじみ、できない。
ほろりとできない。


で、しみじ~み、分かったのには、

わたしね~、

「かあちゃん」てきなもの、

「母」的なもの

「母性(的)」

「地母神」

「大地」

「海」

・・・・みたいなものが、ないと、
生きていけないみたいです。

生きていけないわけではないけど、
水が干上がった、
魚みたいな感じ???

息苦しい?

ぱさぱさしてて、つらい??

つーか、
自分がそっちよりの属性(母性、どんぶり勘定派)なんで、
そういうのに、触れていないと、
ホッとしないというか。

おかん的なものにつねに触れてないと、
芯から安心できないんでしょうね。

最近、気づいたよ。

私が惹かれる人って、
たいてい、おんなっぽくて、
その、おんなっぽさも、
どちらかというと、
おかん、母性?っぽい。

マツコ・デラックスに妙にホッとする心理とか。

居酒屋マツコのCMとか、あの雰囲気、妙に親近感。



しばらくは、この、ホッとするものを探し求めて、
自分を癒しまする。
関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top