受け取ること。自由に、経験を、楽しむ。

今日は、おかげさまで、すこしバイブレーションは落ち着いてきました。

午前中、ずっと連絡をとっていなかった友達に、
やっと電話で話したり。

レンタルスペースのお代金を、ネットで、振り込んだり。

通帳を整理しようと思って、
引き出しをガサガサやっていたら、
2万円の入った封筒を、発見したり!!!( ゚Д゚)。

・・・なんだか、朝から面白くなっちゃった。

で、気になっていたので、
隣町のカリス成城に行って、フラワーエッセンスを買いに行ってみました。

店員さんが、気さくに、一緒に花カード&Oリングテストをやってくれて、
どれが、いいか、
選ぶのを助けてくれました。

お花がもつエネルギーの、
思いがけない、ズバリ的中度に、驚きつつ、面白かった。

気が付いたら、黄色い花のものが多くて、
「黄色い花は、
先の見えない不安の時に、
希望や光になる花なんですよ」
とか、教えてくれて、店員さん、なかなかグーでしたよ。

最終的には、ミムラス、というのを選びました。

特定の事柄や物に対して、恐れを抱いている人に向いている、エッセンスとのこと。

帰宅してから、ミムラスのもつ働きを調べてみたら、なるほどな~って納得。


ミムラスの詳しい意味はこちら。

今までブレンドされたエッセンスボトル(レスキューレメディなど)を選んだりすることも多かったけど、
時には、単品使いでつかって、
自分のコンディション、状態を自覚しながら、
ケアするのもいいね~。



それから、ぐるぐるっとウィンドーショッピングをして、
たまたま、春っぽいストールが安くなっているのをみつけ、
買おうとしたら、さらに10パーセント引きになり、
出てきたお会計が、
「777円」。

「お客様、777で、ラッキーセブンですね!!!」

などと、店員さんにいわれ、
おおおお、となって、一緒に笑った。

細部にも、いろんなサインがあって、おもしろいな~。




クリーニング、クリーニングで、
なるたけクリーニングしているんだけど。

ふと、学んだというか、気づいたことが、一つ。

今朝、電話で話した友達も言っていたけど、

なにかが決まるときって、
一気に、どどっと決まるのよねって。

それまで、ぜんぜん、ダメでも、
いきなり、話がきて、
ばばって決まってしまったりする。

そういうのって、ご縁よねって。

人は、そんな幸運?な流れがやってきたとき、
うれしい反面、
ビビる。

私も今回、ビビった。

いまでも、ビビってるかもしれない。

でも、それって、
自分が宇宙にアファメーションして、宣言した結果、
宇宙の采配で届けてくれた流れなわけで、
自分が願っていたこと、だったりするんだよね。

自分が数日前に注文しておいて、
実際に商品が届いたら、
ビビって、自分にゃ似合わないとか、ガタガタ云ってる、
変な人みたいな感じになっちゃうんだよね(笑)。


だから、来たら、受け取る、って大切なことだな、と。

エレガントに、じぶんにふさわしいものが、やってきたんだって。

やってくるものは、
一見すると、
自分の頭でイメージしたものとちがっていたり、
驚いたり、
ビビるようなこと、もの、だったりするかもしれないけど。

今回のことがあって、
なにか新しいものが届いたら、
欲ばりに、贅沢に、
ありがとうと、受け取ったほうがいいんだ、受け取ろうって、思った。

どれを選んで、どれを手放すとか、
小さく、まとまって、
清貧になることもない。

みんな選んだっていいし、
とりあえずは一度受け取って、
やっぱり合わないなって思ったら、手放せばいいことなんだな、と。


もっと、ぶっちゃけていえば、
「幸せになっちゃいけない症候群」気味のわたしは、

たぶん、「幸せ」なことが、あまりに押し寄せると、
恐怖感すら覚えるのかもしれませんね(-"-)。


幸せ、幸運とは、
努力、苦労、忍耐、涙のはてに受け取らなければいけないという、
奇妙な刷り込みが強固にあり、
それが、モゴモゴっとした、じゃまくさい粗大ごみとして、すこし自覚されてきたかな。

「もう、これ、要らないかも?!これが、邪魔してるのかも?!」って、やっと自覚し始めた。


いつ、幸運は、
いつ、幸せは、
降ってくるかわからないものなんだな~。

ならば、降ってきたときには、
両手で、しっかり、キャッチできるように、
心の準備をしておこう、そう決めた、って今日は思った。

wagougeta
大雄山最乗寺の和合下駄。
天狗さんがまつられているので、下駄もたくさん奉納されてます。

さてはて、
離婚した話をオープンにするようになってから、
年配の人には、やたら、
「まだ若いし、人生は長いし、チャンスはあるし、いい人がいたら、再婚したらいい」
的にいわれるんですよ(=_=)。

面白いよね、こういう現象って( ゚Д゚)。

「なにをどうしたら、一気に、そこ?!!」って、いわれる当人は感じるよね。

自分でもわかってる、めっちゃ、胸に穴が開いているの(=_=)。

ドラゴンボールのスーパーサイヤ人みたいに、
胸に穴がぽっかり開いたまま、
元気に動いて、暮らしてる?!((笑))。

自分としては、そこをケアしていく作業が必要で、
深くて内省的な作業から、
自分の本当の気持ちを知ったり、
バランスがとれていない部分の、新しい経験をしていくのかな、って思う。

しばらくは、自由に、色んな経験や関係を楽しみたい。

うん、楽しみたい。
「楽しむ」ことが、今まで、足りなかったように思う。

自由でいること、
誰にも、何物にも、支配・所有されないことの素晴らしさも学んだ。

なにより、
みずがめ座の時代、
結婚だけではない関係性が、たくさんあったって、いいはず。

本人たちの選択、価値観、生き方次第だよね。


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top