不倫騒動、不倫ネタ、もうお腹いっぱい。

乙武さん報道といい、

たしかに、「え~?!」と驚くのですが、

正直、もう、不倫騒動とか、経歴詐称ネタとか、

お腹いっぱいな感じですよね。


マスコミは、もっと大事なこと、報道すること、あるよね。

こういうのも、もしかして、マスコミをコントロールする、
政府の陰謀かなって思ってしまうくらいに、
最近、
スキャンダルネタが多すぎて、
食傷気味。

かっぷる

不倫について、
いろんな人が、ブログで、それぞれの意見、価値観を出しているけど、

まあ、
究極的には、個人の問題、選択なのであって、
自分のパートナーとの関係性が、どうでありたい、
どうであってほしいか・・・というシンプルなことだよね、と。

お互いが、それで満足なら、
不倫しあってても、いーんじゃないの?

他人がどうこう、過剰に騒ぐことではない。

たぶん、過剰に攻撃したくなる場合、
自分のもやもやを、そこに投影しているだけかな、とおもう。




欧米人は、不倫なんて、当たり前だと、よくいわれるし。

不倫で、大騒ぎするのは、
日本人だけじゃないのかな。



女性側、
つまり、妻側の不倫について、一言。

芸能界の報道の様子を見ていても、世論の様子を見ていても、

夫の不倫は、奥さんが折れて、受け入れられることも多いみたいだけど、

奥さんの不倫って、絶対夫は許さないし、奥さん側の女性はものすごく叩かれる傾向にある。

で、思うに、

わたしは、女性も、独身既婚を問わず、
自由に恋愛していいとおもう側だけど、
アドバイスとして、
よほどじゃないかぎり、
ぜったい、夫には、自分が不倫したことは、伝えないほうがいい。
もらさないほうがいいとおもう。

ある意味、エチケットというか。

墓場までもっていく秘密って、
女性はいくつか、持っていて、
それでいいとおもう。

どんなに、
無礼講、
どんなに、夫がいい人で、
お互い許しあい、オープンマインドだとしても。

わざわざ、不倫を告白することはないとおもう。

もし、不倫を夫、パートナーに打ち明けて、
話し合いたい、
もっと深く理解しあいたいと思うなら、
やはり、ほじくり返すことによって、
相手を失うかもしれない、自分も責められるかもしれないという、
覚悟、腹積もりもあったうえで、
臨むことになるよね。

よく言われることで、

女性は、男性が浮気した場合、不倫相手を責める傾向にあり、

一方で、男性は、女性が浮気した場合、不倫相手ではなく、
本人の女性を責める傾向にあるという。

これは、
けっこう、よく言われていること。

男って、相手に対して、支配欲、所有欲がベースだから、
自分の女が、
他の男と関係もったってことが、まず、許せないんだと思うんだよね。

基本、そこらへんは、
男性のほうが、ちっちゃいんだよ、キャパが。
男のほうが、女性より、
幼稚で、子どもで、心も弱いということ、を踏まえておいたら、楽と思う。

こんな考え、
すんごいジェンダーががかった考えで、申し訳ないのですが、
世の中、みていると、そんなことが事実かなと。

私だって、そうではない男性もいると、思いますよ。

心の広い、大人の男性には、
「差別的だよ」と怒られそうですが。

世の中の、大半の男性が、
いまだに、この前時代の古い「性」で生きており、
いろいろ報道を賑わせているのは、確かですよね。

まだまだ、男女ともに、
自由で平等な、
完全フリーなジェンダーを生きるのは、先になりそう。

ここらへん、いくら自由な時代とはいえ、ちょっと考えながら、
やるといいかな、って。


まあ、
わたしは、現段階では、おかげさまで、独身で、
パートナーもいない、
完全にフリー!!!で、
関係ないはなしですが。


いくぶん、気持ちは、わかる気がしますよ、
既婚者の恋愛は。





関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top