捨てられないものって?。エネルギッシュはもう飽きた。後者でした。

午前中に、仕事関連のことを、さささと済ませた後、
部屋の片づけを、再開。

だれしも、自分にとって、「捨てられないもの」
捨てるのが苦手なもの、ってのが、あるようだ。

私の場合、ふと、気づいたのだが、

「捨てられないもの」の一つに、

「本」があるように思う。

本がとにかく、大量にある。

まあ、しかたないっちゃしかたないけど、
好きで、大事にとってあるからといって、
読み直す時間もなく、
別の事に時間を費やしていることも多いことを、思うと、

よほど、貴重な、入手しづらい本ではない限り、

一度、手放してもよいのでは?!と、今回は、思った。

私にとって、
「名作=とりあえず、捨てない本」みたいな不文律があり、

しかも、その「名作」という本は、
自分が一度読んでいて、
感動した本、これは素晴らしいと思った小説などが、すべて、入る。

案外、自己啓発本や、スピリチュアル本は、
自分も成長してきて、変化すると、
もう吸収したから、いらないや・・・と卒業できる場合も多い。

こじらせやすいのは、小説の本かな~。

私のおもう名作って、
ほんとうに不朽の名作も多く、岩波文庫や新潮文庫になってたり、
図書館で探せば絶対読めるようなものも多い。
だから、
まあ、手放してOKなのよね~って、やっと思えるようになったかな。


部屋を片付けていると、
心の内が落ち着いてきて、
静かに、穏やかに、
自分のリズムが整っていくの。

heya
とりあえず、片づけ途中で、まだ散乱中。

春分を過ぎ、変化や、物事がはっきり出てくるのが、加速しているように感じる、今日この頃。

いろんな個性、色んな価値観、多種多様な方法や成功が、
それぞれの立場で、
表現、表明されてきたな~と感じることも多い。

そんな時、
一見すると、同じようなことやっているように見えても、
ぜんぜん質やエネルギーが違うこともあるな~って、最近思う。

エネルギーが大きい、
勢いがある、
力がある。

それはとても魅力的だし、人をひきつける何かがある。

今まで、いろんなバージョンで、
たくさん、そんな人に出会ってきた。

陰と陽、光と影、ネガとポジと。

今でも私の周りにいる人たちは、
かなりの数、「この人、エネルギー大きいよな」って、思う人が多い。

最近、力みが抜けてきたのか、
思うには、
エネルギーが大きく、勢いがある人、力がある人ってのは、
すごいな~ってわかるんだけど、
果たして、それだけが、私が求めているものかといえば、
ちょっとズレていくんだよな~。

たぶん、私の価値観も変わったんだろうね~。

一つの気づき。

エネルギー大きくて、勢いあって、力があるなら、
やりたいように、やれば、
いーんじゃない?

でも、わたしが素敵だな、
キラキラしているなって感じるのは、
もっと、繊細で、純粋で、うつくしい、
温かくて、深い。
心の清められるような、
それでいて、笑いと愛のある、
愛らしいもの。

流れるように、美しいもの。

美しいなって感じられる何かが、ないと、
そして、愛が共有できるなって感じられるものではないと、
受け付けなくなっている。

もう、いいかな~って思ってる、私がいる。

いや~探そうと思えば、
カリスマもたくさんいるし、
頭角を現すかのように、どんどん登場しているし、
ジャンジャンバリバリ、上げてくれる、引っ張ってくれる人も、いるだろう。

いるだろうから、
それが必要な時期なら、そういうところいって、
そういうところで、上げてもらって、刺激受けて、
ぶ厚い甲羅を割ってもらえばいい。
そんな時期もあるだろう。


でも、わたしは、もういっかな~って思うのだ。

自分が、自分の生活や、人生や、
足もとのところから、
大切に一つずつ、味わって、愛して、
心地よいものを、なるべく集めて、
それらに囲まれて、生きてみたら。

そんな風に生きてみたら、
もっと、本当に変わるんじゃないかなって気持ちがある。

それを努力するだけでも、けっこうエネルギーが要るから、

たぶん、
一過性のエネルギッシュやパワフルそうなものに、
振り回されるような若さが、もはや、ない・・・のかもしれない。



まあ、私を知っている人から言わせたら、
当の私本人が、
「ザ・パワフル」なのかもしれませんが(苦笑)、

最近じゃ、誰しも、自分のエネルギーの使い方、注ぎ方ってものを、
厳選する時期に入っていると思うし、
エネルギーの使い方の、
その人その人の流儀、道、ってものもあるよね。

わたしはやっと、
なんとな~くだけど、
エネルギーの使い方を、意識できるようになってきた気がするよ。


そうそう、以前からフォローしている、
心屋仁之助さんのブログですが、
最近、また、「後者・前者」論が、再燃してますね。

心屋さんブログ『心が、風になる』

後者、前者のお話、
心屋さんのブログをすこし読めば、どんな話なのか、わかるので、
よかったら、読んでみてください。

なかなか面白い説ですよ。

たとえば、以下の記事なんか読むと、スタートになるかも。

久しぶりに「前者・後者」の話。やっぱりこの話は、世界を救うから。

昨年末、この理論がでてきたとき、
私は「自分は前者かな」っておもっていたのです。

が、つい数日前からフェイスブックなどで、
他の人も分析している記事を読み、
心屋さんの記事も読んでいたら、

おそらく、わたし、後者だな~ってやっと腑に落ちました。

前者と思い込んでいる、後者でした。

正確に言うと、
かぎりなく、前者の性質に適応した、
本質的には後者、って感じしょうか。

前者のようになろう、生きようと、
頑張ってきた結果、
いまの、一部の人から見たら、有能で器用な私がいるように思います。

でも、基本的には後者なので、
あんまり、人としては、器用にはできていません。


一方で、
私にとって、「ふつう」なことが、

他人からみたら、

「え?は?うそ?なんで、そんなこと、できるの?」

ということも、おそらく、多々あったろうと・・・。

最近思いました。


私の中では、ものすごく当然に、
私のやり方で、やれるように、やった結果、
そのような仕上がりになっているのですが、

人から見ると、どうして、そんな楽にできるの?

みたいなことが、あるのかもしれないです。

前者の人がみると、
そんな後者の人を、イラっとすることが、あるみたいですね。

たぶん、今まで、
私にとっては全然理解できないことで、
人から攻撃されたり、嫉妬されたりしたのも、
そういうことだったのだな、と思いました。


あまり興味がなかった、前者・後者論ですが、
また、さかのぼって記事を読んでみて、
自己理解を深めてみようと思ってます。

結局、こういうのも、
自己理解を深めて、自分がさらに楽に、幸せに生きるための、
ツールだからね~。

ただ、それだけだからね~。






関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top