光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

十九の春でした。

-0 COMMENT
満月の今日。

一つの幕が、また、閉じられました。

そんな予感はしていたけれども。

最後の瞬間に、
立ちあえて、
よかったよ。

戦争の時代、
敗戦のあと、物のない、貧しい、厳しい時代を、
耐えて、
苦労と忍耐、助け合いながら、
努力努力で生きてきた、
古い世代。

私たちの親の親。



可愛がってもらったことしか、
良いことしか、
思い出せない。

歌が好きな人だった。

根っから親切で、明るくて、

子どもが大好きで。

新潟の山奥に生まれた、
八人兄弟の七人目。



まだそこらへんに、
居そうな気がして、
実感がわかない。


生きていくこと。

生きているということ。

別れがあるということ。

出会いも、永遠の一瞬になるということ。

わたしのなかに、血が、流れているということ。

生きていくということ。







関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment