転換期。そして、美しさ。

先週の満月から、
今日まで、あっという間だった気がします。

祖父が亡くなり、葬式の流れがどんどんと進んでいく中で、

私の仕事のほうも、一つ転機を迫られている時期に入っていました。

満月から、新月までのサイクルは、

よく「手放し」「解放」に適しているサイクルと言われています。

収束のサイクルでもある。


で、仕事も、自分の家系のことも、
ある意味で、
一大転機、

変化を選択する時期にきているのだな、と思いました。



私もさらに、成長、進化する。

成長、進化といっても、
本来の、自分に戻っていく、ということなのかもしれないけど。

「自分は○○な人間で、だから~~できない」という、

逆に、
「自分は○○な人間だから、~~できたんだ」という、

自分自身への、思い込み。


それが、良い意味で、覆されていく。



「できない」と思っていたことが、
「できる」「しよう」と決めたら、

本当に、できるようになっていく。

思った以上に、
人って、
シンプルなのかもしれない。

シンプルになれないのは、
自分自身が、
抵抗したり、邪魔したりしているだけ。

バシャールも言っているけど、

どのような未来、どのような現実を選ぶかは、

本人が決めていることで、

すべては、同時並行世界の、複数の可能性に過ぎない。

どの自分を選ぶか。
どの自分になりたいか。

その問いが、ふっと思い出された。




錯綜している、変化の環境に、
混乱困惑、
感情も揺れ動くけど、
本質から目をそらさないで、
じーっと、本質を見つめていく感覚。




サラ・ブライトマンのピエイエスの動画を載せていたけど、
あまりに、切ないので、
こちらの映像に、切り替えます。

最近、サラ・ブライトマンこの歌を↑、よく移動中に聴いています。

きれいな歌声を聞いてると、
浄化される気持ち。




ここのところ、
激変する環境の中で、

どこにいても、わたしは、わたしだな~と、感じる。

自分の内側に、戻っていった時。

今まで、そうやって、戻っていった時、
「未熟な人が多い」と、
すこし、みおろしていた、エゴがあったかもしれない。
と、気づいた。


でも、いまは、ただ、自分だけの感覚。

他人は、出てこない。

誰が、上とか、下とか、
悪い、とか、良いとか、
関係なくて、

自分にとって、美しさ、崇高さ、純粋さを感じられる何かが、
自分のなかに戻っていった時、
「ある」感覚が、
とても大切に思った。

祈りに似た感覚というか。

守護や祝福、愛みたいな、感覚。



現実に、外界の世界では、
人々と交流しながら、最善をつくし、対処する自分がいる。

めまぐるしく、感情や思考が、飛び交う。行きかう。



一方で、
内側に入れば、
そんな世界に、浸る。


自分が感じる美しさ、だけは、
どんな場所でも、
どんな時でも、
見失わない、
なくならないんだな~って、最近思います。





関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top