光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

他人の土俵で、相撲とる。アウェイでも活躍できる人。

-0 COMMENT
自分の土俵で、あくまで、相撲が取りたい人。

否、

自分の土俵でしか、相撲が、とれない人ってのがいるんだな。


それはそれで、その人の個性であり、
それはそれで、いーんだろうけど。


なんで、この人は、
他人の土俵で、相撲がとれないんだろうって、考えたとき、
その人のこだわり=かたくなさが、あるんだろうな~って思った。

まあ、それは、各人ならではの、
長所であり、短所でもあり、
背中合わせの一つの特徴なのだ。


わたしは、相手の土俵でも、
自分の土俵でも、
どちらでも、相撲を取るタイプ。かなって思った。

良い意味では、柔軟性や、適応能力があるともいう。

それがよく働くときもあれば、

「ん?
これは、べつに、私じゃなくてもいいのかな?」

と最近、微妙なずれを、感じるときもある。


そういう風に、
他人と関わるとき、これは、自己満足ではないか、
善意のように見えて、エゴではないかって、
自分の中で、一応、問いただす、
精査するようなところがある。

そうやって、自分に問うた時に、

すこしでも、
自分を向上させるために、プラスになる経験があり、
なおかつ、自分自身も素直に楽しいと思えれば、
それを続けてOK。

でも、エゴや期待、
無理の方が多い気がしたら、やめた方がいいと思う。



いま、思うに、

人の土俵で、相撲とるって、どうでもいいっちゃ、どうでもいい。

その持ち主が、そこで相撲をとればいいじゃないか。

わたしが、協力してやることでも、ないって、場合、多いんじゃないか。


今まで、おつきあいで、
つきあってきたことが、多い、

他人の土俵で相撲をとる、

そんな「おつきあい相撲」。


わたしも、そろそろ、
自分の土俵でしか、
相撲をとらなくなる時期がくるのかしらん?。



サッカーでいうと、

アウェイ(他国や敵地)でも、戦えちゃう、

国際的に活躍している、日本人選手・・・みたいなものを、イメージするとかっこいいんだけどね。

たとえば、
中田とか、
長友とかさ~。

イタリヤ、スペイン、フランスの、
サッカーリーグで、活躍しちゃったりする、日本人選手。

そういう、他人のフィールドでも、
世界中どこ行っても、
自分の能力で、実力で、
活躍できる選手は、かっこいいけどね。


そんな風なサッカー選手と、

他人の土俵で、相撲とるのは、すこし感触がちがう。

わざわざ他人の土俵に出向いて、こちらの胸を貸すって感じがする。




さてさて、どうなんでしょう。



あ、わかった。

他人のフィールド(土俵)が、

自分か、それ以上のものを持っているとき、

それは、挑戦だったり、対等な戦い、フェアでクリエイティブな場になる。


でも、
他人のフィールド(つまり、他人の土俵)が、

「自分より、下」に見えている場合、

相手に合わせている感が出てきて、
無意識にも、どこか、変な違和感を感じるんだろうな。

あと、私自身が、気づかずに、無理している場合。

どこか、私だけ動いているような流れがあるときなど。





理想やアイディアはいいのだけど、
現実の、実務的なことはどうなのよとか。

実務はいいけど、
人の心はそれだけじゃ、動かないよ、とか。

両方のバランスがわかる人のほうが、めずらしいのではないか?と、
感じている。

どちらもやってみて。



関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment