光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

草原に揺れる麦のごとく。私らしさ。タフネス。

-0 COMMENT
草原の、
細くて、しなやかな草のように。

ふわふわとした、綿毛のように。

ただ、すっくと、
太陽のほうへむかって伸びて、

風が吹けば、

しなって、

揺れて、

また元に戻る。

今日は、そういうイメージで、自分をとらえた。

そして、なんだか、とっても、それが良い感触がした。



誰かが、好きなように、
私に触れてもいいし、
触れなくても、いい。

私に注目して、
なにか感じてもいいし、
感じなくても、いい。



動きながら、話しながら、
椅子に座りながら、
なにかの準備をしながら、
食べながら、飲みながら、
トイレにいるときも、
電車の乗り換えしているときも。

ふしぎなタイミングで、声をかけられたり、
人に会ったり、
思いがけない反応が広がっていったりするのを、
見つめながら、

ふわふわふわ~っと流れていく。

予定も、流れも、
知らぬ間に、
わたしが、気楽に受け取れる方へ、流れている。

ときに、予想外で、どきっとすることだって起きたり、
うんざりした気持ちになるときもある。

だけど、

それだって、
次の展開では、もう忘れている。

とらわれない。

とらわれない。

とらわれないって、こんなに、楽なんだな~。

なにか、すごいことをしてるとは思わないけど、

自分のフィーリングが楽で、心地よい方へ、
ただ流れていけばいいのだと、感じる。

微妙にメンテナンス、微調整しながら、
流れに、身をゆだねる。

微細な変化、
微細なコミュニケーションでも、
きらきらした喜びを感じながら、

ああ、おもしろいな~って感じながら。

わたげ


怖い顔しているより、
威圧感や、プレッシャーを人に与えて、
人に一目置かれるか、どうかよりも。

私は、
やっぱり、ニコニコ笑っていたいし、
微笑んでいたい。

そう思って、それでいーやって認めたら、

楽になった。

いい人すぎて、
時に、なめられるかもしれないけど、

いつだって、自分の正直な思いを、伝えたいし、

飾らない、ありのままの自分でありたいし、

相手が子どもであろうと、大人であろうと、

同じ目線で、肚で向き合いたい。


必要なことは、全力で、やるし、
伝える。

でも、別にどうだっていいルールも、世間にはたくさんあると、最近気づきはじめた。

「教える」「学ぶ」って

ただ技術や知識を教えたり、練習したりするのは、
およそ30%の要素で、

およそ「学ぶこと」の60~70%は、

教師の人格や人間性によるものだと、あらためて、感じている。

つまり、人は、
相手の人間性、人格によって、
気づき、教えられ、学んでいる。



ときに、教える側も、完璧ではなく、
良いコンディションではないときや、失敗するときだってある。

でも、それもひっくるめて、

人とは、どうあるべきか、

人って、どうなの?ってのを、教えたり、伝えたりしていると、感じた。

教える側も、人間は完璧ではないってことを、

あえて、共有すると、

かえって、柔軟性が出て、
考え方や、物事の受容の仕方に、
世界観、価値観に、
幅や奥行き、深さがでると、感じている。


わたしは、そういうカラーを、自分で、自分に認めることにした。

やってみたら、
そっちのほうが、いい手応えなんだよね。

いろんな流れも良くなってきたし。


あ~、やっと通過点、過ぎたな~って感じ。



今日は、誕生日。

いろんな人に、さりげないおめでとうメッセージをもらい、嬉しかった。

ありがとうございました(^^)/。


今年の誕生日は、幸せだな~。

深くて、濃厚で、軽やかで、
とてもきらきらした光と、
透明感もある、
ピュアな幸せ感です。

そして、ぴちぴちと、希望や夢もある。

やっと、自分のことが、
ありのままに、いとしく思えてきた、
自分を愛せるようになってきた、
小さな実感と感動と。






今日の気分の曲・笑。

最近日々過ごしている場所自体は、
実に心身ともにハードで、
タフな精神の猛者どもの集まりです。

不動明王と、阿羅漢と、観音菩薩の集まりみたいな・・・(苦笑)。

ああでもさ、
わたしは、そんなタフネスの中を、
一見、ふわふわ~っと渡っていった方が、
どうやら、私らしいみたいなんだよね。

私自身も、
タフネスのほうへ属するタイプであると、
最近自覚しつつあるけど笑。

芯は、めちゃ、タフですからね。

十一面観音みたいに、
表は、柔和な顔でも、
頭の後ろには、
阿修羅の顔がいますからね・笑。



お茶目に、たのしく、パワフルに。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment