光と風と水と。

ARTICLE PAGE

自由詩

author photo

ByMari

忘れない
あのときの美しい目



* * * *


浄煉の炎に包まれ
人のため
はたらくお不動
衣は煤けて


* * * *


簡単な祈りでは届かない

ただひたすらに日々を生きる

絶望ではない

これが真の希望

ゆえに

祈るように

ただ生きる



* * * *


寺にあらず
教会にもあらず
お社にもあらず

ただいま立つ地が

ただ是聖地


cosomos


光あふれ
内からみほとけ現れる
悲しみのなか
喜びのなか


関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply