自由詩

忘れない
あのときの美しい目



* * * *


浄煉の炎に包まれ
人のため
はたらくお不動
衣は煤けて


* * * *


簡単な祈りでは届かない

ただひたすらに日々を生きる

絶望ではない

これが真の希望

ゆえに

祈るように

ただ生きる



* * * *


寺にあらず
教会にもあらず
お社にもあらず

ただいま立つ地が

ただ是聖地


cosomos


光あふれ
内からみほとけ現れる
悲しみのなか
喜びのなか


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top