光と風と水と。

ARTICLE PAGE

断層

author photo

ByMari

また、新たな裂け目から、
新たな断層が見えて、

あれだけ、真新しく、見えていた土地も、
だんだん耕すと、
だんだん慣れてくるように。

かたやで、ほめられ、心地よくなり、

かたやで、今やるべき役目をはたして、ホッと息をつき、
自分を一つ場所でとりあえず収めようとしている。

そういうのって、また変な感じするな~と思いながら、

私は私なのだ~と感じながら、

自分のもっていき方を探っている段階なのだろうな~。

気が付けば、油断すると、
本当に向き合う必要のある、自分の本心から、
それて、いこうとする。

肩書や、社会的安定、
経済的安定。

これでいいんじゃない?
こうして、丸く収まっておけば、安心じゃない?

みたいなものへ、

ふいっと流れそうになる。

でも、それでは、これまでと、同じではないか。

この夏は、

自分に向き合うのだ。

その先に、また新たな断層が見えるかもしれないけれども、

ともかくも、

本心にむきあって、

挑戦しないと、もう先延ばしにできないとおもう。


ああ、それにしても、
なんだって、能力は生かせるけど、

自分が喜びを感じて、ぜひぜひしたいか、
別に、たいして好きでもないけど、できるからやっている=そうではないかってのは、
あるよな~と思う、
今日でありました。


関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply