ことばにならない。それでも、感じて、つぶやいた、つぶやき。

昨日は、ひさしぶりに、

のんさんのお家で、

友達のAさんと、三人で、ゆっくり手料理をいただきました。



夏に入る前に、のんさんからお食事のお誘いをいただいて、

その時点で、どこかお店へいくプランも提案してくださったのですが、

その時から、すでに、

のんさんの手料理をごちそうになりたい気持ちが、いちばんで、

わがままをいって、ごちそうになることに。


ひさしぶりに、のんびりと、

のんさんの手つくりのお料理をいただいて、

とても無口になりつつ、静かに吸収されていくのを感じてました。


そして、人として思いやりのある、上品な人たちと過ごす時間が、

これほど安心するんだと思い出しました。



中途半端ではない、
極端な人たちなので(ほめ言葉です)、

いまのわたしには、安心でき、ホッとくつろげたのかもしれない。



上品と書いて、「じょうぼん」と読む、私の心のウチとしては。

下品は、げひんではなく、もともとは「げぼん」。

もともと、お経に出てくる言葉で、

この世に生きていた際に、

善行をなした人か、悪行をなした人かで、

魂が上品か、中品か、下品かで、分かれるらしく、

美輪明宏さまの本で、

「魂が高いひとを、上品、というのです」みたいな表現があり、

ときどき、こころのどこかに、

人の「品」ってものを、思うときに、でてくる「上品(じょうぼん)」。



最近、ことばにすることが、何事も、難しく感じる。

ことばにして、口から出した瞬間、

自分の内から外だした瞬間、

どんどんと、違う生き物になってしまう気がする。


よく、文学研究において、作家の自己言及、自分を自分で語る行為に対し、

作為や加工、自己欺瞞、

どうしても、人は、自分の自画像をありのまま描くことはできない・・・みたいなことが指摘されるけれども、

それに似ている。


何かを語ろうとする行為は、

とても難しい。

言葉や文字表現を、
ずっと追いかけてきた人間としては、それをとても感じる。


でも、

むしろ、ことばがなくても、伝わるんじゃないかと、最近感じる。


たとえば、

子どもと接する際も、仕事で子供と接する際も、

言葉よりも、

多くは、表現や姿勢、表情、ノンバーバルコミュニケーションで伝わっていくもののほうが、多いと、数か月で学んだ。


多く語らなくても、伝わることもあると、思うのだ。




ことばに、できない。

ことばにしないほうが、より、ありのままな気がするときもある。

へんな飾りや、曲解がない、ありのままのもの。



小田和正の曲を聴くと、

ものすごく良い歌なのに、なぜか笑ってしまう、私がいる。

というのも、切なくて、透明すぎて、笑えてしまうのだ(謎)。





最近、娘が、トトロのぬいぐるみを気に入り、
わずか数日で、「トトロ、トトロ」と、

アンパンマンの次くらいに、トトロ好きになっていて、驚く。

今日は、映画『となりのトトロ』をわざわざDVDで購入し、一緒に、ちゃんと観てみた。

思いのほか、ちゃんとしたドラマで、驚いた。

これって、子供向けじゃないっしょって話。ぎりぎり、小学生以上からだろうな。

2歳の娘は、トトロはいつ出てくるの???みたいに、ずっと聴いてきた。

トトロは、不思議な存在なので、べた~っと登場しないのです。

ほとんどが、メイとさつきちゃんの物語。

でも、この、母親が療養中で、

お父さんと慣れない三人暮らし中の子どもたちを、

おおきくおおきく、包んでいるのが、

大自然であり、鎮守の森であり、トトロであるってことが、

母親になって、しみじみと、ありがたく、尊く、感じられることに、また新鮮さ。

トトロみたいな存在、自然、人間が作れない超自然の存在が、

気が付けば、私たちを守っている、

私たちは守られているみたいな、感覚が、やっぱり大切なんだな、と。

少なからず、私には必要だってことを、思い出しましたよ。



広い深い愛。




女子三人集まって、おもしろい話もたくさん出て、

「愛って、なんだろうって、思うんですよね~」っていう言葉が、

おもしろくって、
いとしくって、切なくって、共感できて、懐かしいような、応援したいような気持ちで、

聴いていた。


愛って、なんだろうって、思うよね。


うんうん、愛って、なんだろうって、思うようね。




「愛ってなんだろう」って、フレーズを聴いていたら、

それは、人を愛すること、人に抱く感情のことを言っているのか、

それとも、相手から受け取っているもののことを、言っているのか、

よくわからないな~って思いながら、聴いていた。



境界、受け取る、与える、自他とか、

いろいろな見方があるけれども。


もっともっと、深くて、広くて、愛があっても、いいのだとおもう。

いろんな形から入って、いろんな段階があって、

愛に通じるならば、

一片でも愛があるのならば、それでいいのだとおもう。


大体、純粋な愛をふりそそいでいても、

受け取るか受け取らないか、

愛情とそうではないものの、その差異を理解できるか、できないかも、

受け取り手のレベルも大きいから、


いくら、愛しても、愛しても、足りない・・・ような、

一方通行ってこともあるだろうし。

でも、いつか芽吹くとおもって、愛を注いで、

その人の中で、いつか、芽吹く日がくる・・・くらいで放置して、あきらめてもいいし。



やっている最中、それは、相手や、相手との問題というより、

多くは自分自身の問題であることに、気づかされて、

すべては、自分の学びと気づきの経験であると、知る。

私の場合、そんなことが、多かったけど(笑)。

人生に無意味なことはなく、

すべては意味があるし、無駄はないから、

なんでも、「これだ」って、思ったら、やっていいし、

どこまで行ってもいいのだとおもう。


やりきったからこそ、わかるものもあるとおもう。

どちらにせよ、これがちがうって、気づくときはちゃんと、気づくようにできているし。




なぜか、連続でyoutube動画かけていたら、この曲が流れてきて、また違うモード。


この曲は、すごく、本能的、原始的女性をいつも感じる。


母親になってから、

出産という経験が大きいんだな~って感じる。


体の真ん中から、裂けるように、押し出すように、

新しい命をひりだすので、

その生臭い血の匂いとか、どろどろした悪露とかも体感しながら、

最強の痛みの中から立ち上がり、

ギャーギャーひっきりなしに泣く、赤子をエンドレスで世話していると、

理想とか、きれいごととか、観念が、

脳みそから吹っ飛んで、

ずぶとくなり、計算ではなくなり、

もっと肉体や魂の底から、

ぬくみのある血肉から、
命を生かし、育もうと、やっぱり思うようになるのかもしれない。

子どもを産む前の、
結婚する前の、
さらに傷つきやすかった頃が、懐かしく、おぼこだなあ~と思い出される。


母親をやっていると、だんだんわかってきたのは、
鬼子母神ではないけれども、
自分の子供をどんなことをしても、生かそうとする、
生存本能、母性本能、防衛本能も知りつつ、
それすら、またいとしく、思える気持ちになってきた。

私にすら、そんな感情があるという、人間くささが可愛らしく思えるようになったというか。


ひとから、どう見えようが、どうおもわれようが、どうでもいいかも・・・って思えるんだよね、

自分と子供を生かすために、私は私で、最善尽くしているから。


わたしがこれだけ精一杯生きているのは、
本当に、厳密には、わたし自身にしか、わからないだろうし、

客観的にみても、
ウルトラCくらいの、
K点越えの行動と、情熱で、ここまで来ているから。

私は、ここまでやっている、私を誇らしく思ってもいいんだって、今日は思った。


私の底に井戸があって、

その井戸の水を汲んで汲んで、やっていたら、

釣瓶のなかに、きれいな白い月が浮かんでいるのに気づく、みたいな。

これでいいんだって、また、すこし、ふっきれた気持ち。




ああ、結局、

みんな、誰かを愛しているし、

だれかにきっと愛されてるんだな~。

そんな、ピュアさを感じられる、純粋な美しさを感じられるのが、

生きている醍醐味。

そういう綺麗な、透明な、温かい、美しい心を、たくさん感じたい。


お金にならないし、

ほかに誰も気づかないかもしれないし、

記録にも残らないかもしれないけれども。



死ぬまでに、いな、死ぬときは、

気持ちよく死ねるように、

やっぱり純粋に、正直に、瞬間瞬間、愛で、ポジティブで、生きていきたいな。



季節はずれだけど、
さいごのさいごで、
この曲の気分。

今は。






関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top