ジブリ映画。映画「セッション」と「プラダを着た悪魔」

ここのところ、
娘がぐぐんと成長して、

「となりのととろ」がきっかけで、ジブリ映画を幅広く見るようになり、

しょっちゅう、ジブリ映画の上映会状態である。


宮崎駿のセンスや世界観、批評精神、人間学のゆたかさに、

感嘆しつつ、

癒やされ、洗われている。



毒が抜けていくんだよね~、ジブリを見ていると。

アニメなのに、画面の色彩も、美しいし、

音楽も美しい。



なーんてやりながらも、

久しぶりに、TSUTAYAで映画を借りてきて、

「プラダを着た悪魔」や「セッション」を観たりもした。


セッションは、長所もあり、短所もありの映画だけど、

なんかわかる~、わかりすぎるほどに、わかる~でありつつ、

でも、人として、人生観として、どうなの~ってところが両方ある映画だった。




120%を求める、すごさと、情熱、愚かさと、狂気、本気と、

光と影の、両面。

プロのジャズ音楽家からみたら、映画中の音楽性自体は酷評されたりもしてるらしいけど、

物語として、映画としては、うーむと思わされるところあった、私の場合。


「プラダを着た悪魔」のミランダにも通じる、な~。





出版社と、大学と、舞台や道具立てがちがうだけで、設定は似てる。


ああ、でも、一歩間違えれば、ハラスメントだよねっていう・・・(「セッション」のほうは)。


怒鳴られたり、罵られたりに、
びくびくしているうちには、相手を超えることはできない。

圧倒的な力の前で、

萎縮する自分や、恐れや恐怖、不安など、ちっぽけな自分はどうでもよくなって、

殻がむけて、

対峙し、乗り越えていくところからが、本当のスタート。



「相手が○○だから~」ではなく、

「自分は○○だから~」に視点が変わっていく。



まあ、「セッション」の教授は、やりすぎと、思うけど(^_^;)。

文化系のなかで、

音楽は、じつは肉体派・体育会だとおもっていた。前々から。

この映画では、まさに、スポ根ってかんじ。やりすぎだよね。

ま、映画だからだろうが。

指導法に、洗練や文化、品位、人間性が感じられないと、

いくら実力派の教授でも、

教師として、プロとして、芸術家として、二流だとおもう。


ただ、フレッチャーをみていて、

わたしが彼を憎めない、どこか、共感してしまうのは、

この鬼教師が、音楽への情熱と誠実さ、
ぴったりと、経験に裏打ちされた感覚、音楽のセンスがある・・・という人物像だからだとおもう。

偉大な音楽家を、再び生み出すために、
生徒を、さらに上にあげるために、
考えて、考えて、やり尽くしてきたと・・・・。(でも、結局、理解者はいない)。

あとは、誰になにをいわれようと、
結果がすべてで(卒業後の生徒が、音楽家として成功する)。



それが無かったら、誰も、こんなパワハラ&アカハラの人についていかないだろうね。

それは、「プラダを着た悪魔」のミランダも、同じ。

文化、教養、経験に裏打ちされたセンスや感性の強さ、
他の人にないものがあるから、人がついていく。

たぶん、そんなカリスマ自身も、
なにかをたくさん引き替えにして、
そこまで、自分を高めてきたんだろうな~って感じの、すごみ。

ミランダも、フレッチャーーも。


あ~、こんな鬼教師に、鍛えられて、
その人の言われるがままに
自分を磨いて、
それで上がっていけるんなら、
悪魔に魂を売ってもいい・・・・

なーんて、ちらっと思ってしまう気持ちが、まだあるんだな~と、
笑ってしまう、わたし(笑)。

いまなら、わかる。

しみじみと。

そうやって、誰かに上げてもらえるうちは、まだまだ、ひよっこなのだなと。

だって、自分のセンスだとか、独自性、独創性を作るより、
言われるがまま、
相手に全責任を任せられるんだもの、ある意味。

偉大な先輩の世界をコピーする・・・という・・・。

コピーし終わって、
余裕がでてきたら、
その次が、見えてくるのかもしれないけど。




人生も、夢も、生活も、

なんだって、ほとんど、自分が自分をあげていくしかないんだよね。

ほんっとーに。

だれかが、どうこうしてくれる、わけじゃないんだね。

自分でやって、考えて、トライ&エラーでやっていくしかないのだな、と、
しみじみ思う。



そして、ちょっと休みたいときは、

ジブリ映画の世界に戻ってきて、

ヒューマニティに包まれて、

癒やされる・・・・と(笑)。










関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top