光と風と水と。

ARTICLE PAGE

12月は特別な月。スリラー音。

author photo

ByMari

どこへ出かけても、年末商戦スタートの気配が充満し、

来ている人たちも、心なしか、

浮き足立ってるような。


12月は、好きな月か?

と言われれば、

特別な月という印象・・・と、答える。

好き嫌いという簡単な感情より、
もっと奥深いというか。

一年の終わりと、あたらしい年を意識せざるをえない月。

イベントごとも多いし、
仕事も自ずから忙しくなるイメージ。

でも、
毎年、なんとなく、
自分の内側で、
厳かに、ゆっくりと味わいながら、過ごしたい心持ちがある。

今年はとくにその気持ちが強い。

なんとなく、12月だけは、天使の季節という感じがする。


一番日の昇る時間が少なくなる季節でもあるから、
お祭りやパーティー、イベントごとがあって、
昔から、人は、
楽しもうとしたのかな?

楽しむことで、吹き飛ばすみたいに。


11月のほうが、まだ、気楽にさわやかに、
秋の終わりを楽しめる、
透明感があった気がする。

12月は、なんとなく、濃い。


それにしても、
「人混みが、苦手なんだな~」と、気づかされる今日この頃。

人混みが苦手なんて、
感情移入しすぎとか、
エンパス?
引き寄せているだけじゃないの?とか。

色んな受け止め方、受け止められ方もあるだろう。

でも、苦手なものは、苦手なんだから、
それが単純に自分の素直な好みだから、
別に、いいよねって、
最近はおもう。


「苦手なもの」もあって、人間、ふつうだとおもう。

なにが苦手で、なにが好きか、
自分の好みをよく知っていることは、良いことだろう。


ここのところ、外出して、
たまたま隣席した人が、小さい子供連れの母親で、

対照的ではあるが、

子供に対する姿勢、関わり方が、

どちらも極端だったので、

横に座っていて、

スリラーを観ているような、

心が凍り付く気分にさせられて、逃げ出したくなった。


つい数日前、
自分が不機嫌になるくらいなら、
だだをこねる子供を放置して、
まず、自分の機嫌をとったほうがいいじゃないかと書いた。

が、

母親の態度は、ほんと、
人間力というか、
その人の考え、価値観、人としてのあり方が、
モロだしに出てくるので、おそろしいな~と、

人の振り見て、我振り直す、

今日この頃です。



子供に、「躾」は必要だけど、

支配、管理、コントロール欲や支配欲では、

「人間」は育たないと思った。

・・・結局、エゴの問題なのかしらん。


仕事柄、
また、自分がいま、小さい子供を育てる親としても、
また、同じ土地で、一緒に見守る大人としても、

子供との関わり方を、考え直す日々である。




そうそう、わたし、
いつの間にか、
心がスリラーを察知する能力が発達したらしいのにも、驚いている。

たぶん、スリラーみたいな、
殺気漂う状況を、くぐり抜けたせいか、

ちょっとでも、そのにおいを感知すると、

心にスリラーが流れ始める・・・・。

バイオリンの効果音みたいなので、
呪怨みたいな、ホラー顔が、心の中で・・・苦笑。

支配的な人間、
モラハラ、パワハラ人間、暴力的な人のにおいをすぐ感知する、
感知器が搭載されている模様。


あわわ・・・。

まあ、今の環境が安全安心が基本だから、
だいぶ、客観的に異物が感知されるようになったんだろう。

ただ、かといって、
まったく排除されたかと言えば、
そうではなく、
世の中には、存在するので、
たぶん、オーラの外側で、バリヤー的感知をするんでしょうな。

なるべく、そっちにいかないようにしているし。



さてはて、
スリラー音は、あまり近寄らず、さら~っと流しつつ(合掌)、

また別の、心ひかれる鉱脈を、
奥深く、探索してきます。







関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply