新たな風が吹くこの場所

あたふたあたふたと、

「ダメな自分」の、
気になった異性に見せられないだろう、

散らかり放題の部屋や

押し入れの中にしまい込んだ、過去の服やガラクタ、

お手入れをおろそかにしている、美容や健康など、

あわてふためきつつ、

よいしょっと、重かった腰をあげて、

少しずつ、直視しはじめたような、

そんな気分の今日であることよ。




「だめな自分」って

ようは、変えればいいってわかってるんだけど、

お掃除するために動きだすのが面倒だっただけの、

言い訳だったりするのかも。

ダメな自分のほうが、楽だったりするから、
そのままを放置して、
見て見ぬふりしていたけど、
じつは、
自分もそんなに、この部屋じゃ、居心地は良くなかった・・・ような。



自分のいいところも、好きなところは、認めて、

はいはいはいって、認めて。

「うーむ、どうやら、これって、こう・・・じゃないの?」

と直感が告げることは、

善いことも、悪いことも、

たぶん、大筋は当たっているので、

キャッチしたら、とりあえず、

次の対処。



ぼろぼろのパジャマ着て、
着古したインナー着て、
いきなり、
夜にピンポーンって、
チャイムならされたら、
起きて、出ていけるか???

というのは、大げさだが、

ま、それでも、

「私のダメなところも、ありのまま、すべてを受け入れてくれるカレ」

みたいなものを、

純愛と思っていたかもしれないが、

「それも、どうだろう?
自分自身でも、いくらなんでも、こんな散らかってたら、どうだろうって、思ってるのに?」

って、思い始めたのは、

成長のしるしか???。



自分が、

自分のこと、心地よくないなら、

心地よいように、まず、なることのほうが、

大切だと思う今日であることよ。

関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top