原稿の圧力。まとめて、は、無理ですな。

久しぶりに、
原稿らしき原稿を書いて、
心理的圧を感じつつ、乗り切った。

久しぶりに、この種類のプレッシャーを、体感。

独特のプレッシャーであり、
常に心のどこかに、それがおいてあり、頭から離れない感じ。

何もないところから、言葉を生み出すって、こういうことなのかも。

とはいえ、文章を書くのは、「得意」な方なのかもしれない。

他のことに比べたら、あまり苦なく、計画と着工ができる。




やりたいことはあるのに、
気だけ急いて、
知らぬ間に時間がすぎていく。

たった一日、自由時間が与えられたからといって、
一気呵成に、
すべての「やりたかったこと」が終わるわけではない。


宿題は溜めておいて、直前に焦ってやるよりも、
毎日コツコツやっておくほうが、マシだという、アレを実感。

結局、まとめてやるよりも、
コツコツ、小さく分けて、やっちゃったほうが、
全部できるってやつなのかもしれない。

最近、時間のスケジューリングを意識しすぎて、
あれができた、
これができない、の、
自分のチェックが、以前より、きつかった気がする。


焦りを手放し、
逆に、
ほんとうに無計画な、なにもない時間を、作ってみよう…という気分。
今日は。

一つがんばったんだから、
ちょっと、のんびりしても、いいよね~。

そうそう、
どうでもいいけど、
宇野千代『おはん』を読了。

なんともいえない、読後感だった。

懐かしいような、うら悲しいような、
浄瑠璃の世界を、小説で読んだよな気分だった。

誰にシェアできるわけでもないので、ここでつぶやいてみた。




関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top