光と風と水と。

ARTICLE PAGE

高揚と恍惚。まるで恋に似た。

author photo

ByMari

すごく気持ちよいときって、
お腹が空いたの忘れるくらいに、感覚が精妙になっていて、
食べものも、
体のチューニングにかなり合わせないと、その余韻がもったいなく感じる。

上質な空間、時間、人で、
お腹いっぱいだから、
そのクオリティを下げたくない気持ちが働くのだろう。

町にあふれる、いろんな色彩、デザイン、音、香りが、
猥雑で、毒々しく感じるくらい。

淡い色合い、かすかな音や香り、
静けさ、
大切にされているもの、
整ったものを心身が欲する。

ただ「稽古」と思っていたけれども、
稽古場だけが稽古なのではなく、

その時空間ごと、
自分が生活に入って、立ち回っている感覚でいけば、
それが心地よさ、美しさなのかもしれないと、今日は思った。

une


恋に落ちたとき、
人は自然に、詩人になって、
感受性が広がり、
世界の色彩や香り、音が、
まるで映画みたいに劇的に変わっていく。

そんな感受性の開花は、
恋だけの効能と思っていたけれども、
恋だけの特権ではないのだね~。


浮かれポンチ?いかれポンチ?
に、ふわふわと、地に足つかずに、酔っているより、

もっと大きな自然、小さな自然とともに、
心身通して、
着実に、自分も上がっていくことのほうが、醍醐味を感じる。



遠くに行かずとも、
こんな身近に、
小京都があるっていう、感動。

もしくは、小さな寺院。

自分の中に、小さな神社、お堂が、静かに作られていくという感動。

人の恋も美しいけれども、
もっと大きなものとも、同時に、恋に落ちている。

・・・素敵ではないか。

そうやってると、
小さなものも、
大きなものも、
相乗効果で、さらに、生き生きと、みずみずしく感じられてくる。


パリジェンヌや、パリのマダムの、
スタイル、センス、美意識を盛り込んだ本が、
最近、よく本屋さんで並んでいる。

私も、フランスの成熟の文化に、惹かれるものを感じていた。

その上で、今日は、はたと気づいた。

フランスに学ばなくても、

日本には、古来から、
十分、成熟や洗練の文化が、根付いているではないか!!

あれも、これも・・・。

人そのものが、もはや、生きた骨董になってゆく世界。

「まるで、谷崎潤一郎みたい」

と、

谷崎の美意識や、物語世界なども、思い出しながら、

ふむふむと、うちあたいする、今日でありました。



関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply