のんさん主催『自分が大好き❤︎セルフヒーリングプロジェクト』に参加してきました

のんさんの、

『自分が大好き❤︎セルフヒーリングプロジェクト』

の春分の日の会に、

参加してきました~。

gohan

ひさしぶりに、いただいた、の
んさんの手作りご飯がやっぱり激美味しくて( ゚Д゚)、

これまた、この日のために厳選してくださったワインが美味しすぎて、
するする入ってしまう!!

その結果、
最近の日常生活の行動範囲では、抑え気味だったトーンが、
素のまんま、すっかり陽気で、
あけっぴろげな私に、早くも、元通り。

すみません、
初対面に近いから、ゆっくりと、近づいていくべきかも?!なところを、

なんだか、まどろっこしいことは、省いちゃって、
どんどん、聞きたい事、話したい事、はなしちゃった感がありました・・・。テヘ。

そして、それを共に面白がりながら、
自分の心の内や、思い、経験を、
正直に、率直に、語ってくれた方たちだったことに、
感謝です。

それも、とても大きかったです。



くわえて、
ヒーリングのワークも、とても奥が深くて、

自分をあらためて、掘り下げる、

自分の気持ちや習慣、パターンを見つめ直すことが、自然とできるひとときで、

「あ~、参加してよかったな~」と。


あんまり深く考えないで、ただ、

「このタイミングなら、参加できる!」と、即決していたため、

参加してから、その意義を、じわじわと感じてました。


他の項目はさっさとかけるのに、

ルーティーンを書き出す項目で、手が止まった自分がいました。

毎日なにげなく、無意識にやっていることでも、
ルーティーンとして意識しているか、していないかで、
感じ方、過ごし方が違うんだろな~とあらためて。

自分の行動、習慣を見つめ直すのは、とても有効と、感じました。


絵にまとめる作業もあって、
久しぶりに、
言葉から絵にしていく作業をしてみて、
子どものころの感覚を思い出したのも、意外。


子どものころ、
絵が大好きだった。

未だに、その小学生の頃の生き生きした感覚は覚えているのだけど、
それを久しぶりに思い出しました。



大人になってからは、
言葉のほうが、巧みなタイプと、自分自身ではおもってて、

イメージより、ロゴスが優位なタイプかもしれないと、思っていたフシがある。

案外、それは思い込みで、

言葉からイメージ化する方向性ならば、楽しいし、苦じゃないな~と、今回、再認識。

たぶん、いきなりイメージから入るより(いきなり絵をかきだすより)

言葉があって、そこからイメージを描き出す方が、
私にとっては、自然で、やりやすいんだな~と。

言葉に関するイメージなら、たくさん持っているからかも。



他の方たちと話していた時、
自分で自然に言っていたことで、不思議だったのが、

「もう、次のステージに入ってきている気がする」

「痛みや、傷の共有とか、癒してほしい~とかいう段階もあるけど、

それは、もう終わって、

いまは、ただ楽しいって感じ。ただ楽しみたいっておもう」

とか、ぺろっと言っている自分がいて、

云いながら、へえ~、そうかもって思っている自分がいて。


自分が思っているより、
実は、私の現状は、ずっと、調子が上向いているのかもしれないって、思った。

基本、自分への認識が、
他人に対してよりも、厳しくて、
いつでも、「足りない」「自分なんか」って思う、思い癖があり、
ダメ出ししているから、よくわかっていなかったんだろな~。

でも、心のどこか実感としては、
なんだか最近、調子よいかも、
イイ感じに楽しいな~、
自然に楽しいな~って思っている気分があって、

それを自分に結び付けていなかったんだろな~。

「そんな感情、ただの思い過ごしだよ」みたいな、自分への冷たい批評。


最近、
パウロ・コエーリョの『ヴァルキリーズ』って小説を、これまた読んでいたのですが、

今思うと、
あ、そういうことかと。

自分に対する、すごい厳しい突っ込み、批評、否定する声ってのは、

ヴァルキリーズでは「第二の心」って表現されていて、

あと、『ピエドラ川のほとりで私は泣いた』でも、「わたしのなかの他人」みたいな言葉で、表現されていた。

ようは、エゴの声のことなんだよね、って、気づき。


自分が調子よくなってきても、
ポジティブな良いことがあっても、
なにか心おどる希望を思い描いても、

失敗を恐れたり、不安、自己否定がベースになって、

エゴが巧みに、否定の言葉を、ささやいてくる。

自分の声のように思ってしまうけど、それは、エゴの声なんだよね~。

エゴからみた自分ではなくって、

本心、直観、ピュアな感覚も、もっと信じていいのではないか。

その自然な発露を、流れるままに、流していってあげてもいいのではないか。

エゴを消そうとすると、余計に暴走するから、
それは注意深く、そのまま、そこに置いておいて、

でも、喜びや楽しい気持ち、好きって気持ちを大切に育てればいいのかも。




小説のヴァルキリーズでは、エンジェルに会うことがテーマになっていたけど、

今回ののんさんのご飯会で出会った方たちも、

どこか、『ヴァルキリーズ』に出てくる、ヴァルキリーズをほうふつとさせる、

自由で、自分の本心に率直で、

そしてパワフルでワイルドな魂を持っているように、いま、ふと感じた。


魂に従った、フリースタイルの生き方。

フリースタイルの関係。

そんなビジョンが見えてくる。



いろいろ、盛りだくさん過ぎて、
まだ、まとまりきれない、この感覚。

もうちょっと咀嚼したら、また、落ち着いてまとめてみたい。

それにしても、
ワインが美味しすぎて、酔っぱらっていたのか、
いつもみたいに、お料理の写真が、ぜんぜん残せていない!!!

どんだけ、楽しかったんだい!!




関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top