エンパス。人のはなし。無駄なこと。

数週間前だろうか、

ちなさんのブログで、
モール症候群という単語を読み、
そのまま検索して、
「エンパス」についての記事にたどり着き、本を試しに買ってみた。

「エンパス」の著者の、来日ワークショップに、
その頃、全然、知識がなかった5,6年前に、
偶然、人のつきあいで参加していたことも、今更になって知り、驚く。

エンパスエンパスって、
なんだか、それで言い訳みたいって思ってた。

なんとなく知っているけど、
なんとなく近づかないで、深く知ろうとしないで、通り過ぎていた。

今のタイミングで、
客観的に内容にふれてみたら、
あらまあ、わたしは、これでしょうね、って感じの内容ばかりだった。

具体的な対応策、暮らし方、方法論のヒントも、載っており、
役立つかも?!。

人は好きだし、人の集まりも好きなのだが、

ちょっと「人あたり」みたいに、
食中毒症状をおこし、

けっこう、疲れたり、ひきずる、重くなることも多い。


そのもやもやを分析するのが、
大体わたしの、翌日~数日間の内省、メンテナンスタイム。


その、取り扱い方も、
ほんと、そのときそのときで、その質もかなり変わっていくよね。

わたしも、成長してきたって事かな。

わたしは、なんだかんだで、
自分がやっぱり、スパンと、単純な理想主義なので、
そして感覚もそれで生きているので、

「どろどろ」が、あまり理解できないのかもしれない、本当の意味で。

人のことは、どうでもいいから、
結局、いまのじぶんは、どうなの?!って思うのだ。

良い・悪い、
言ってたら、きりないよ。

本当に、大切なこと、
最善を尽くすために意識を集中することが、
できなくなるよ。

無駄なエネルギーを、どうでもいい人のために、消耗するのは。

いくら、「被害者」だとしても、
それをぐちぐち言い続けていたら、その人たちと同じエネルギーを発しているよね、ほぼ。

そういう次元で、同じ土俵の相撲をとるのではなく、

ただ、自分が自分らしく輝き、超ハッピーになることだけが、

本当の意味での「勝利」だと思うのです。

勝ち負け幻想、勝ち負け原則で生きている人に、説明するとしたら、
これがわかりやすい説明。



って、わたしは、自分の時間を、自分軸のほうへ向けていったら、

やっぱり、見ている方向性が全然違うので、スッキリ。


わたしは、わたしの感じていることを、信じる。

他人の感じていること、思っていることも、尊重しつつ。



でも、まあ、
重い、軽い、エネルギーはあるんので、

わたしも、
会った後に重くなるような場合は、極力、引き気味で関わろうかなと。

だって、使うエネルギーの場所、相手は、
たくさんあるから、

すこしでも、「無駄」は、だんだん、できなくって、
ほんと、無駄だし、全体がまわらなくなる。


一年一年、同じ事は無くって、
シフトチェンジ、
切り返しながら、
目の前のことに全うする。



関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top