光と風と水と。

ARTICLE PAGE

新月のパワーと、気づき。マニアックな喜び。

author photo

ByMari

新月パワーすごかった~。

わりと、出来事が前倒しに起こってくるタイプなので、

「あー、あー、これね」っていう、

ど真ん中なことも起こり、

感情や反応のパターンを実感しながら、

「あ、これ、ここはもう、やめていーやつだ。
捨てよ」

って、切り離せた。


で、冷静になって、静かに見てみたら、

ほぼ九割方は、上々の出来のことばかりなのである。



なのに、自分の極端な感じ方、考え方の癖で、

「悪く」「劣っている」「だめなよう」

に見えているだけだった。




人に無意味と思われ、無理解に扱われているかも、という不安は、

自分自身が、自分のやっている仕事や働きに、真に無理解、認めていないからなんだ、と言う気づき。

今回もまた、
仕事のなやみは
仕事の結果が、
解決してくれた。

だって、私が何をしてても、
どんな努力をしても、普通にしてもも、
茶々入れる人はいるし、よく分かっていない人は勝手に言いたいこと言うだろう。

でも、実際に、
私のやっている取り組みは、
こんなに実っている、
こんなに形になっているじゃん!!!
たった一ヶ月~二ヶ月で!!!、
という、仕上がりが、今手元にある。

結果を、子どもたちから受け取った。

他の誰でもない、子どもたちの取り組みから、受け取った。

しっかり道を作り、
丁寧に指導すれば、すぐに形に出てくる、
若者の柔軟さと、素晴らしさ。

価値観によって、
そんなことやらせても、意味ねーとか、
もっとちがうことやれとか、

大人も、子どもも、好き放題いうけど、

それはその人を価値観であり、その人の問題。

私は私の価値観で、
長いスパンで、身になること、役に立つことを教えている。

短期のスパンで、即利益につながることばかりがしたいなら、
それはそれで、そういう所へ行き、
やればいいだろう。
その人たちが、それをしてあげればいいだけだろう。






今回の「問題」に対峙したことで、

自分の弱さ(ゆらぎ、自信のなさ、ブレ、劣等感、罪悪感、孤立感)と、

でも、じつは、私をちゃんと認めてる人もいるという絆、
他者からの支持や応援なども、
受け取れた。
これも大きかった。

誰が見てても、見ていなくても、
最善を尽くすことは同じなのだが

たまに、周りから、きちんとした評価が返ってくると、

やってて、よかったな~としみじみ思うよね。

お金に見合わないことしているかもしれないが、
魂の貯金だと思って、仕事している。

この子たちのなかで、こんな小さな経験も、
いつか必要になったときに、
パッと取り出せるような、貴重な学びになったらいいな。


しみじみ思うのは、

人間、真剣勝負、本気になったとき、
がぜん文章は変わるし、かちっと決まるものを書いてくるってこと。

その本気さに、人は感動するし、◎をつけたくなる。

文章には、出ますね。

パッと読んで、パッとわかる。

私は量をだいぶこなしているから、

自動筆記の逆バージョンで、

読めば、たいていの文章は、自動添削みたいな感じで、わかる、レベルが。



そういう小さな、
やってる私にしかわからないよな喜び、
すごくマニアックな感動。
これがご褒美でしょうね。


あー、いつか、もっともっと、広げて、
ライブな楽しい、
毎回ワークショップみたいな、クラスを開きたい。

自分が院生のとき、もっともエキサイティングだったゼミの、
あの感動やリアル感、生きてる感が、ベースになって、
あれを自分でもちたいという夢も、あることに、気づいた。

真剣勝負。

楽しいね。

関連記事
Share

Comments 0

Leave a reply