のんさんの個人セッション in 「坐忘」セルリアンタワー東京ホテル

一か月前から楽しみにしていた、

Healing Harmonyののんさん

に、個人セッションをしてもらうお約束で、

渋谷のセルリアンタワーホテルへ。


tea5
tea4

季節の花を、あしらった正面が、かわいらしかった。

西洋風な、ちょっとでも優しいナチュラルな感じと。

梅雨のあじさいって、一年で特別な花だよね~。

初めての場所だったので、駅からすこし道に迷い、
ロビーについたころには、
待ち合わせの5分前!

のんさんも、すでにいらしてた。

すみません!といいつつ、

ふわり、すらりと、

ガーデンラウンジ「坐忘」へ。

予約していただいた、アフターヌーンティーセットも楽しみでありつつ、

ホテルの空気が、海外の雰囲気と優雅さ、モダンな都会的なくつろぎ感が混ざり合っていて、
なんとも、素敵。

tea3

お茶は、およそ20種類の茶葉から選べ、
珈琲も10種類くらいあったかな。

ドリンクの種類が多くって、おまけに、一杯ずつ出してくれるので、
お腹に無理なく楽しめるのが、とても理にかなっている。

tea

じゃじゃーん!

気分が上がる~♪

そして、一つ一つが、美味しい!!予想以上に。

細部によく気が利いていて、サンドイッチやミニハンバーガー、前菜も、しっかり存在感があって、感動!

アフターヌーンティーセットって、
しょっぱい食事系食べ物は、添え物なのかな、って先入観で思っていたが、

甘いものに負けない、味のディテールがすごかった。ちゃんとお料理でした。


tea2
サーモンのクリームチーズをまいたマリネ?

エビのミニハンバーガーと、キッシュ。

もう一回、誰かと行きたくなる、
いや、一人でも行きたくなるような、とても良い雰囲気。

空間のセレクト、
食べ物のセレクト、
すべてが、じつはジャストフィットだったんだな~と、後から気づく。

そういうところから、もう、のんさんの「能力」なんだよね。

さすがとしか、いいようがない。

センスの世界。

そんな中、春分の日のワークショップ以来で、いろいろなお話をした。

振り返れば、
この2~3か月の間、
案外、いろいろ変化があり。

日々、全力で生きているから、あんまり冷静な自覚はないのだけど、
自分の「前進」と呼べる、
「これか?」
「それな!」
の気づきがあって、
それを、のんさんに話しながら、確認したかったのかもしれない。

ごくごく自然な、話の流れでありつつ、
のんさんのあるがままの姿勢で、
自分の話をしてくれたり、私の話に感想を言ってくれたり、質問してくれたり、
フラットな目線で、話ができるというのが、
私には貴重なんだと、気づいた。

最初に、セッションをと思った動機は、
一か月前に、ちょっと、リーディングやセッションを受けてみたい気が浮かび、

でも、「サイキック」らしい、
もしくは、「占い」らしい、ものというのが、
気になるけど、どうもフィットしない感覚があって。

結果、のんさんとお話ししながら、食事をいただくのが、一番ピンとくるアイディアだった。

今日、また振り返って思うに、
必要としているものが、だいぶん、私も変わってきていて、

ぐぐっと引っ張ってもらうとか、
見えない何かから、ひゅいっと抜いてきて、教えてもらうとか、

そういう圧倒的な何かが、必要なのではなく、

最重要なのは、「もう自分でわかってるだろ」っていう大前提で、

自分がいま目の前で感じたり、取り組んだり、気づきかけていることを、
共有して、
それが自然体で、自由で、なににもとらわれず、
純粋であることのほうが、惹かれる。

人間的なかかわりの中で、得られる、励ましのように思った。

もちろん、時には、圧倒的なアドバイスも欲しくなる日もあるだろうけど。

それはその時がきたら、きっと、また、わかるんだろうな。


今、私に見えてきていること、
見えているものは、
20代のころには、当たり前のようになっていたことだった。

そして、気が付けば、私はずっと、そんなことは日常の習慣でやってきたことだ。

でも、意識化して、やることと、
無意識でやることでは、雲泥の差があるし、

本当の自分を知っていく過程での感動は、意識している方が、数倍あるとおもう。

20代のころ、行き詰った気がして、放りだしたはずのそれが、

またいま戻ってきたときに、
ごくごく自然に、喜びと楽しみをもって、目の前に広がっているのが、
すごい。

人生、わからない。

いまの心境を、おそらく20代のそのころは、抱けなかっただろう。

書きたいことは、たくさんあるけど、
とりあえず、今日は、ここまで。


関連記事

コメントの投稿

Secret

google広告

最新記事

検索フォーム

カテゴリ

プロフィール

Mari

Author:Mari
さすらいの文学少女・・・またの名を、夢見るファイター?。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

フリーエリア

CREDIT

top