光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 日常

感性のズレ。泣いてくれた夢。

-0 COMMENT
このところ、夢見がリアルになってる。

夢が活性化しているときって、右脳的になっている時が多い。

リアルと言っても、
感情の流れがリアルということ。

腑に落ちないとか、
哀しい、切ないとか、
どこか嬉しいとか。

夢の中で知らない町を歩くのも、とても楽しくて好き。

今日も、知らない町を歩いていた。

電車に乗って帰ろうとしているけど、
ちゃんと、自分の現実の住んでいる家をイメージできているところが、すごいと思う。

ある人に誘われて、
繁華街のあるような大きな街中の駅で会ったのに、

「○○駅にある、スイーツの出てくるカフェに行きたい」と、会った途端に、
またその人が言い出して、

「~~さんが言うなら、きっと美味しいお店なんですね」ととりあえず同意し、

移動すべく、歩いているうちに、その人はさっさとどこかへきえてしまい、

わたしは、なんだか振り回された気がしながら、

これが、この人の本性かもと気づかされる思いで、
一人さくさくと、帰路につこうとしていた。

夢から覚めて、へんな味わいで、
でも、どこかに真がある気がしている。

感性が合わないって、あると思うんです。

で、自分は、本当はもっと色々あるのを知っていながら、
相手に合わせて、知らないふりをして、
「よくご存じで」「センスありますね~」とお愛想しているときの、
感覚が本当は、私は合わないのだろう。

でも、なんとなく、張り切ってる感を出している人には、
そう言わないと悪いような、居心地の悪さってあるよね。

私の「センスの良い」と
その人の「センスの良い」「一流を知る」とが、
かけ離れているって、本当は思ってたの。

それに気づいているけど、相手に悪い気がして、見ないふりしてたの。

私は自分が「傲慢かな?上からかな?」って思って、
でも、感覚に嘘をつけないから、相手にお愛想するしかないんだよね。

「ほんとうは、もっと、すごいところあるんだよ!!!」
っていえないの。

もっと熟練してきたら、きっとさりげなく、「こんなお店があるよ」とか、連れて行って、
センスの違いを伝えられるかもしれないが。

「そこまで、やる甲斐のある、相手なのか・・・」というのもある。


女性ごのみ風のお店よりも、

休日の昼間に、美味しいお弁当をどこかで買って、
広い芝生の公園にいって、
日陰で、昼下がりのんびりビールやアイスを、一緒に楽しめる人のほうが、好き。

そうじゃなきゃ、海とか、山、川とか。

ちょっと都会から離れた、古い温泉郷とか。

異性相手でも、同性でも。

それで、街を楽しむのも、
外国や、下町や、都会的な街や、
いろんなテイストを、街ごとに楽しむような、遊び方が一緒にできる人。

探検できる人。

大きな本屋さんで涼みながら、いろいろ見つけたり、
古い喫茶店に入って、面白メニューを頼んだり、
美術館に行くのも良いね。

そう、色んなテイストを、聖俗、大衆的なものと高級なものと、楽しめる心があるかどうか。

どうぞ、女性に人気の、スイーツの出るカフェに行ってきてください。

わたしは、その間、別の場所に行くだろう。



一昨日見た夢では、
私の目の前で、ある人が、棒立ちになっていて、

「○○(私の名前)先生、かわいそう・・・」と涙を流して、
おやおやと、
驚き、ためらい、恥ずかしいけど、少しうれしいような気持ちがした。

その人は、初めて、

私のいろんな状況を知ったようで、

真相を知ったら、わたしが苦労して大変だったと知って、泣いてくれているようだった。

人に泣かれて、

「ああ、私の人生って、客観的にみたら、
そんな風に、悲しい、大変なことだったのかな・・・・」

って冷静に思っていた。

心で見てくれる、感じてくれる人が、

同じ職場にいることを、ありがたく、人の繋がりの温かさを感じる夢だった。



で、思ったんだよね。

わたし、自分が泣けないから、人に泣いてもらったんだなって。

自分の人生に対する感度が、
私の場合、めちゃ忍耐強く、我慢強すぎて、
ハートが、グラディエーター並みなので。

Gladiator-movies-15324569-1280-800.jpg


鉄板なハートには、「泣く」という優しい概念は、なかったのですね。

でも、他人が涙を流してくれると、自分のこともやっと、悲しみを感じることができる気がした。

そんな夢だった。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment