光と風と水と。

ARTICLE PAGE

in 旅行・プチ旅行

バリ島の旅 ③ ~バティック屋さん、Smiling Buda、サワスワティー様~

-0 COMMENT


今回、なぜか、
時間軸で記事をアップしていくのが、
なんとな~く、おっくうで。

ポイントポイントで、レポートしていきますね~♪。

三日目に、スピリチュアルツアーを予約してました。

スピリチュアルツアーを企画している、
dari Hati BALIサンにお願いしてました。

のんさんおすすめのツアーさんだけあって、

ガイドさんたちもとても親切で、
ハートフルな人たちで、
「このために、バリにいったのかな~?!」って思うような、ツアーになりましたよ♪。

このツアー、
本当は、ティルタテンプルで、浄化体験(ムルカット)もお願いしてました。

でも、
当日の朝、ちょうど体都合が悪くなった。

予感はしていたけど、ばっちりそうなったので、
「ああ、これは、今回はムルカットのタイミングではないんだな~」と、すんなり。

代わりに、別の何かを楽しませてもらおうと、
流れを楽しむ気分で、
午前中空いた時間で、バリ雑貨のお店に連れて行ってもらったんです。

まず、バティック屋さん。

店先では、
デモンストレーションとして、ろうけつ染めの職人さんが、作業を見せてくれてました。

バティック3
バティク2
バティク1
機織りのおばさまが、
なんか、神々しい姿にみえてね。
とっても素敵でした。

ガイドさんおすすめだけあって、
中のお店は、お土産物屋さんよりずっと種類も多く、お値段もお手頃。

イベント用にバリ雑貨を探そうと思っていた私は、
ばんばん、
「これ!!」というものを発見♪。

すごく集中して、いろいろみてました~。

そんな間も、娘は、
ガイドさんといっしょに、店内を鬼ごっと。

子どもの扱いがとっても上手で、親切な人たちだな~とこの時から感じてました。

もう、すっかり打ち解けて、その時から、おねえさんと手をつないで歩いてました。

次は、木彫り細工へ連れて行ってもらいました。

私としては、今回の旅から、サラスワティーが素敵だな~とおもう気持ちが出てきて、
木彫であったら・・・とみてみたい気持ちで。

でも、バリの木彫も、ほんと職人さんが手彫りで本格的なので、
お値段が、そう簡単には買えないな~の値段で・・・。

迷った挙句、
お店の中を歩いて、ピンとくる仏像を一つ見つけ、それを買ってみました。

バティック5
これです。

すんごいよく彫れてる、福ふくしいお顔。

顔だけの仏像って、グロテスクでは?と思うのに、

なぜか、この顔だけは、全然OK。

ちょっと、これは、どなたかへの橋渡し???と思っている、”Smiling Buda”です。

この顔が気になる人は、ぜひ、秋のイベントへお越しくださいね~。

さんざん迷って、お店の外に出たら、
おねえさんと遊んでいた娘は、
フランジパニのお花を、たくさん集めていました。

バティック4

ここらへんから、
ぜんぜん物おじしない、恐れのない娘の、個性が、
だんだん親にも感じられる一コマでした。



そうそう、
なぜ、サラスワティーなのか。

世界各地の旅レポートが素晴らしい、
「ブーメランみたいな月」の、
Sairiさん。

以前からそっとブログを拝見させてもらってて、

Sairiさんがバリ島マスターであると同時に、

バリ島だけではなく、
いつも旅のガイドに、サラスワティー像をお連れしているのをみて、

「ああ、こんなふうに、自分の好きな像をお供することもあるんだな~」と感じつつ、
Sairiさんなら、弁天様ぴったりだもんな~と、
重ねて見ていたんですね('ω')。(お会いしたことはないですが・(笑))

で、サラスワティーという女神の名前は知っていた。

今回、旅のツアーで手相鑑定をお願いしていた、
松原亜希子さんのブログで、
たまたま、
ウブド王宮の中にあるという、
サラスワティー像の写真をみた時、
はじめて、神秘的な美しさを、わたしも特別に感じ始めた。

気になる方は、亜希子さんの
こちら
の記事をどうぞ。
お写真が載ってます。
なかなか実際には、見られないみたいです。



初日、ホテル内のスパに行ったら、
まっさきに目に入ってきたのが、
この像。

サラ

なんか、打たれるようなものを感じました。

「ああ、いーんだ、癒されて」
「解放していーんだ」
って、メッセージを感じたんです。

だから、ほぼエステは、ここのホテルのスパばかり使ってました。

無理はいいかな~って。

安心で近くて、ゆるっと来れることを選んだ。

いろいろリサーチしたり、比較したりするのも、実はエネルギーが要るんですよね~。

それから、
行く先々で、
サラスワティー様いないかな~と、美しい姿を探してみるのも、すこし面白かった。

バリにはたくさん彫刻があるから、中には、それらしい女神像もあったりするかな、と。

木彫りのお店のサラスワティー様は、
職人さんが精巧に作った、
繊細な白木の像で、
私が、気軽に手に取るには、もったいないような像だった。

ちゃんとお祀りする場が、必要なような。

またちゃんと場所を作って、ご縁があれば、次回はお迎えしたいなと思いました。

あ、
ポストカードで、たまたま二種類くらい、
きれいなサラスワティーさまを見つけたので、
それも、イベントのために、大事にとってあります~。
お楽しみに💛。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment